2006年06月01日

■義父の遺産。



塗師だった松本和明の父が亡くなってもう1年です。
義父はクリスチャンなので、一周忌とかそういったものは一切なしです。(私に言われるまで、松本は自分の親の命日さえ忘れて仕事に没頭。松本家って不思議だ…)

ちょうど1年前は、二子山親方の相続がどうのと世間をにぎわせていましたが、義父は気持ち良いくらい、財産はぜんぜん残しませんでした。(ほんとうに何も無い…(^^:) 
家族に残してくれたものは、子供たちと思い出とよく手入れされた田畑と、そして義父がずーっと使っていた仕事部屋くらいでしょうか? 

この今だ整理されていない仕事部屋からは、時々とんでもない「お宝」が出てきます。それが大量の泉の刷毛 (!) だったり、黒田の最低35年以上前の朱の顔料・木箱セット数個だったり、極上の研ぎ炭だったり、相当昔の漉し紙 (透かすと木の木目が浮かびあがる) だったり、家族でさえ「いつの間に買い込んでいたんだ!? 」という品々なのです。松本も「うーん、子供の頃うちが貧乏だったのは、おやじが材料をいろいろ溜め込んでいたからか」と納得。「子供のころ服は“ウエス”の中から選んで着せられていた」という逸話は、松本からもう92回は聞いたでしょうか? そんな父にやはり似て、松本は材料や道具に凝ります。(凝り過ぎ…)
こんな品々も関係ない人にとっては価値のないものですが、私たちには本当にありがたいもの。大事に使って、義父を偲ぼうと思います。霧

ランキング参加中、毎日☆→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング

posted by 宮崎佐和子 at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | ■ 日記

■種が実りました。


浄法寺うるしと阿波うるしの花に、実がつきました!
6/1浄法寺漆の実
6/1/種のアップ

まだ未熟な実ですが、じきにぱんぱんに膨らんできます。チョウやミツバチやクマバチ、スズメバチさんがせっせと受粉してくれたんですね〜。

さて前回、「産地の木によって、花やしべの色や形が違う」と報告しました。もしかしたら、いわゆる「雄花、雌花」というものかもしれません。しべが大きく黄色かった花房は枯れてしまい、目立たない花房にはぽつぽつ実が付いているようなのです。阿波うるしは雄花が多かったのかもしれません。比較的地味だった花には、実が付きだしています。うーん、どうなんでしょう。

高知県のうるしの花は? 松本によると今年は実が付かないかも、とのこと。花が今年初めて咲いたばかりでしょうか。花の雰囲気は「雌花?」っぽかったので、しばらく観察してみます。

ランキング参加中、毎日☆→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング


posted by 宮崎佐和子 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ ウルシの木の記録

■苗分けのポットを用意。



6/1/苗のポット

種から発芽させた新潟のうるしの苗。まだ小さいんですが、松本が育苗用の土を入れたポットを準備しました。(右側) いつか大部屋から個室へ…(^.^) 人間の子供みたいですね。

さて、気になる中央の白いネットを被った木の鉢。これはなんでしょう?

これはサンショウの鉢なんです。(しかも4つ)この春に買いました。
実はこれ…「非常食」。
工房の庭の目立たない所に、サンショウの木が植わってます。あまり大きい木じゃないのに、これにアゲハチョウのお母さんが毎年たんまり卵を産みつけていくのです。
子供たちの食欲はすさまじく、葉が増えるのを上回るので、最初に生まれた兄・姉だけサナギになって、弟妹たちは飢えまくり。「自然の摂理やー」と思いつつも、玄関から出るたびに痩せ細っていく幼虫たちを嫌でも目にして、落ち込んでしまうので毎年「非常食」を用意しています。

これが、一つ二つでは全然かなわなかったんで今年は4つ! これでどうだ。(^田^)
それにしてもチョウのお母さん、ちょっとは手加減してください…。

ランキング参加中、毎日☆→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング


posted by 宮崎佐和子 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ ウルシの木の記録
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->