2006年06月20日

■漆の木の住人 6



時計 日が長くなりましたね。夜7時半になっても外が明るいので、日が暮れたことに気付かず、おなかすいたまま夜遅くまで仕事してしまうことしばしばです。(^.^:)

花が散ったので、うるしの木もちょっと静かになりました。
そんな中、春からずーっと居座っているのがアマガエル。
6/20アマガエル
初夏になり葉緑素が増加して、漆の葉っぱの色が濃くなってきました。その濃いグリーンに黄緑色のツヤツヤ蛙がまんまるになって乗っかって。(ほんとにソラマメみたい〜 ふふ) 周囲の田植えが終わったし、しばらくしたらこの子の二世(おたまじゃくし→チビ蛙)がこの木にも登場します。

6/20クモ
クモ。この時期は「捕獲系」の住人が多いのかな…?


6/20カマキリ
もうひとつ「捕獲系」。体長3cmほどのちびカマキリ君。
彼が居座っているのは、サンショウの木です。
チビながら「捕食系」の風格まんまんです。

・・・・・・・・・

さて、今年一番急成長をとげている漆の木があります。
工房リビング外の空き地に植えているものですが、この春から80cmは枝が伸びているでしょうか? 
枝以外にも大きくなっているところが… 
6/20手と葉を比較
このとおり! 
何故か葉っぱも異様に?大きいのです。なぜだろう。
うるしの葉っぱは触るとかさかさして、分からないほどの
ものすごーく細かくまばらなうぶ毛が裏表に生えています。


ランキング参加中、毎日ムード→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング

posted by 宮崎佐和子 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) |   漆の木の住人
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->