2006年07月19日

■猫の外耳炎。


むぎはお耳の治療中です。しばらく前から覇気がなく「むぎ、テンション低いね」と思っていたのですが… お耳の中がタイヘンなことになっていたのです。『松本が東京に行く前に』と嫌がるむぎを連れて、先日、松本と一緒に病院へ行きました。
7/19/むぎ1
先生いわく「この子、お風呂入れたり耳洗ったりした? 耳の中もセッケンできれいにしないとだめなんだよ」ええっ、そうだったの!
「中が腫れているからしばらく抗生物質飲ませてね。腫れがひいたら耳の中を洗ってあげて」う、わかりました!

「そうそう、ついでにこの子、大きくなりすぎ。食事に気をつけて」
「 ……。(う、やっぱり)」
7/19/むぎ2
その日は松本とふたりがかりで薬を飲ませたのですが、私1人の今は、カンタンにそうはいきません。好物のフードに薬を混入して食べさせていたのですが、クスリの味に気付いたらしく、食べなくなった。この〜〜。(▽_▽)

7/19/むぎ3
オリーブ油をつけた綿棒で、ちょっとずつお耳のヨゴレを取っています。もうだいぶ良くなったかな?

ネコさんを洗う時、お耳の中にシャンプーを一滴たらして、耳たぶをクチュクチュもんで、シャワーを吹き込んでやればいいらしいです。鼓膜とかはずっと奥にあるので、簡単に奥まで水は入らないとか。耳ダニとかでなくってヨカッタ〜。
(むぎのテンションが低くみえたのは、腫れたお耳を閉じようといつも耳が垂れていたからでした)

それにしてもオスネコは手間がかかるなあ… ミルミルちゃんは、避妊手術の時以外、まったくのメンテナンスフリー、故障知らずです。

ランキング参加中、毎日ムード→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング
posted by 宮崎佐和子 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 工房のネコ
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->