2006年08月15日

■裏目うるしについて。

8/5に丸重箱の木地固めに使った「裏目漆」。
漆かきの時期は、初夏〜秋(地方や流儀によって微妙に時期は異なる)ですが、おおまかに分けて、初夏の漆を「初漆(はつうるし)」真夏の漆を「盛漆(さかりうるし)」秋の漆を「遅漆(おそうるし)」と言います。(呼び名は地域でやや異なります)

この木の幹から採取する、最後の漆が「裏目」と呼ばれ、辺漆(初辺・盛辺・末辺)とは区別されています。
読んで字のごとく、今まで傷を入れていない幹の裏側に幹を一周する傷をつけて採る漆のこと。辺漆を採り終わったあとに採取する漆です。メインの辺漆さえ需要の落ちたこのご時世、この「裏目漆」を掻く漆かきさんはほとんどいなくなりました。


ura_sita_.jpg
裏目うるし採取の様子。(木の下方)


ura_zentai_.jpg
はしごをかけて届く所まで傷をつける。


ura_ue_.jpg
はしごの上をよじ登り、
さらに上方に傷をつけて裏目うるしを採る。

※写真3点とも/岩手県浄法寺町、大森俊三氏、10月末撮影。 



「裏目漆」は、木を切り倒す前にまだ幹の中に残っている漆樹液を採ったもの。漆がたいへん貴重だった時代、資源をむだなく使おうという視点からとられていた漆です。
品質は辺漆よりは落ちますが、下地や仕掛けなどの裏方で活躍する漆なのです。(非常に肉持ちがよくて縮みにくい漆です)
とはいうものの、工房でいま使っている「裏目漆」はなかなかのもの。以前紹介したほかの漆同様、成分分析をしていますが、データでみると高品質とされる辺漆と比べて、そんなに大差ないのです。


=== 分析結果 ===
裏目漆(生うるしの状態)
ウルシオール 69,38%
水分     21,70%
ゴム質     7,48%
含窒素     1,44%
=================



前回紹介した、いちばん充実している盛漆がウルシオール約80%。こうしてみると裏方的な「裏目漆」ですが、10%くらいしか違いはありません。
驚くのは水分が21%しかないこと。(半分近く“水”なのが、ごく一般的な裏目漆だったりします)

でも、こんなにいい状態の「裏目うるし」なのは、きちんとした生産計画のもとに高度な技術で、半年の期間をかけて“木をつくった”結果です。
よく誤解されるのですが、残念ながら「日本産の木でありさえすればどんな採り方をしても高品質のうるしが採れる」ということではないのです。

この“木をつくる”技術、個々の木を見つつたいへんな緻密さで計画を立て、最初の傷つけから最後まで「こんな状態の漆を出したい」という信念のもとから培われたもの。漆をみれば、漆を採った人のレベル、いわゆる至高の高さが分かります。
門前の小僧…じゃないけど、10年近くいろいろな漆を見てきて、この私さえも見て、ある程度は漆の品質を感じとるようになりました。(あくまでもある程度、ですが (^^;)

色や透明度、粘りや香りが違う、といったものもそうですが、やはりなんと言うか「品」が違うのです。
「貪欲に最高の品質のものを目指す」という日本的な感性、今の時代もっと大事にしてほしいなあ…と思います。

(ホントにいま使っている裏目漆、裏方さんにするのはもったいないような漆です)ムード
posted by 宮崎佐和子 at 17:14| Comment(14) | TrackBack(0) | ■ 和うるし(漆)について
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->