2006年11月13日

■五色台のウルシ畑に行きました…種取りに。


ふだん、紹介している漆の木は、主に善通寺の工房の庭に植えてあるもの。これらの木は樹液を採るためではなく、主に観察のためにあります。
11/13五色台1
高松市と坂出市の間にある五色台。この山の中に、2002年から苗を植え続けている、漆畑があります。
ここの漆の木は、同じ四国の徳島県から来た「阿波うるし」。将来樹液を採るために育てられています。

11/13五色台2
きのうは、研究所展を見るために久々に高松に行ったので、畑に寄りました。そして、今年実った種を高枝ばさみでパチパチ。

11/13五色台
工房の庭の木は伸びはたいしたことなかったのですが、山の畑の方はすごい! 1メートルは伸びています。

11/13五色台4
ウルシの実もけっこう採れました。
けど、こっちの畑は実は少ないようです。


11/13ぶどう
ブドウのような草。この五色台の畑にはいっぱい生えています。カラスや小鳥がこの実が大好きなんですよね〜(ムラサキ色のフンをする)

11/13紅葉したハゼの木
道の途中、きれいなはぜの木を発見。
みんな、これをうるしの木と思っているんだろうなあ。
posted by 宮崎佐和子 at 20:39| Comment(4) | TrackBack(0) | ■ ウルシの木の記録

■漆の木の住人。


高松市の五色台にある、工房のうるし畑。
なんと、はじめて小鳥の巣をみつけました!

11/13巣1
枝の又に乗っかってます。
今まで葉が茂ってたから、気がつかなかったんだ…!
なんだかすごーく嬉しいです。


11/13巣2
近寄ってみました。
いろんなツタや細い枝で編んだ、粗めの巣です。
どんな鳥が作ったのかなあ…。


11/13カマキリ1
シックなチョコレート色のカマキリも見つけました。
彼女もママカマキリ。


11/13カマキリ2
つまんだら怒ってたので手の甲へ。やっと威厳を取り戻しました。笑
きっとこの畑のどこかに産卵するんでしょう。iモード





posted by 宮崎佐和子 at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) |   漆の木の住人

■松本家のネコさんたち。


久しぶりに松本の実家の子ネコたちに会いました。
お母さんネコはどっかに遊びに行っていないみたいで、さわり放題です。すっごくむにゅむにゅしてます〜。
11/13_ねこ2
いま3匹。みんなカメラ目線でイイコです。
あと1匹、茶トラがいたんですが里子に。

11/13_ねこ3
ミルミルはカメラ嫌いだけど、この子は平気。
写りの難しいクロネコもこのとおり。


かわいいなあ〜〜。また新しいネコが欲しくなってしまいます…。
posted by 宮崎佐和子 at 19:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ■ 工房のネコ

■横浜での作品展のお知らせ。


和うるしの器展
11月15日(水)〜11月28日(火)
会場/高島屋横浜店
7階 特選和食器売場


※11/15〜21は松本和明が在廊します。
※宮崎佐和子も週末のみ在廊予定、
 詳しくは後ほどお知らせします。
posted by 宮崎佐和子 at 02:43| Comment(4) | TrackBack(0) | ■ お知らせ

2006年11月12日

■工芸展、漆芸研究所展に行ってきました。


ここ数年、ずっと足を運んでいなかった工芸展・研究所展。いつもこの時期は作品展の追い込みで忙しくって、なかなか足を向けられなかったのですが今年は松本と一緒に行ってみました。
(両施設は同じ敷地内にあって、どっちも私の母校なのです)
11/12 工芸展入り口
工芸展入り口。
高松工芸高校はもう創立108年になるのです。
街中なので戦時中は
高松空襲の被害に遭った場所でもあります。


まずは漆芸研究所に行って、久々に先生方にお会いしました。
時間帯が良かったのか、ふだんはめったにお会いできない無形文化財の先生方もおいでになりました。

11/12漆芸研究所の漆の木
なつかしい! 
漆芸研究所の裏(工芸高校の敷地内)にある、ウルシの木。
高校生の時はこれがウルシだと知っていた子は居たのかなあ。


11/12傷跡のうろ
古い傷付けのあとが「うろ」になってます。
樹皮のケロイドのようなものでしょうか。
当時は研究生1年の時、この木を教材に
「漆かきのまねごと」をしようと傷をつけました。
その方向にどっぷり浸かった今思えば、
たしかに本当の漆かきの内容とはほど遠くて
「まねごと」の内容だったのですが
すごく感動して出てきた樹液をいとおしく思ったものです。
こんな体験って、大事です。
(古傷だけなので今はしていないみたい)

11/12食堂のうどん
工芸高校の食堂のうどんも食べました。
(エビ天が乗ってバージョンアップ)
松本は「んなまずいうどん食べるか」って言ってたけど
おいしいからじゃなくて、なつかしいから食べるの!


今日の夜は、研究生時代の同級生と一緒に飲みに行きました。進路はみんなバラバラだから、会うことが全くなかったけど楽しかったです。

松本と私が独立して思う道を進んだとき、周囲の方々からはいろんな意見をいただきました。今思うとやっぱり危なっかしげで心配されていたんだなあ。
古巣?に戻って今日はちょっと気が引き締まった気分です。明日からまたがんばろう…iモード
posted by 宮崎佐和子 at 23:52| Comment(6) | TrackBack(0) |   展覧会鑑賞・イベント参加

2006年11月11日

■彫刻刀の“柄”入れ。


松本の新しい彫刻刀です!
11/1
10/5に彫刻刀の刃物を5本買っていたんですが、やっと完成したようです。

11/1彫刻刀2
“光雲”の刃。こういった刃物だけで買い、
好みの材と形の柄を自分で作って入れるのです。

11/1彫刻刀3
今回使った材は、杉と桐の2種。


11/1彫刻刀4
事前に刃物はしっかり研いでおきます。
これがけっこう時間がかかります。
そして材を好みの形に切り、刃がきれいに入るように
刃が収まる部分を形を確認しつつ、削っていきます。


11/1彫刻刀5
そういった柄を二枚作って張り合せ、成形していきます。

11/1彫刻刀6
最初に柄入れができた印刃、間透き。
いかにも松本が好みそうなラインだなあ…。



私も研究生時代にたくさん刃物に柄を入れましたが、けっこう苦手な作業でした。工芸高校に入った時もかなり本格的な彫刻刀を買ったのですが、すでに柄が入っていたので「こんなもんか」と思っていました…。

でも木工の人は、こんな仕事はちっとも苦にならないみたい。
松本はお気に入りの砥石をシャリシャリ使い、寝食を忘れて?しばらくずーーっととりくんでしました。
これで新型のスプーンをたくさん彫るんだ、と喜んでいます。

posted by 宮崎佐和子 at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) |   道具

■漆かぶれについて 4


今まで私達が体験した、過去最強のうるしかぶれ話を少々。

iモード松本の場合
あれは忘れもしないいつだったか…(忘れとるじゃないの←麺通団風。)
松本は以前岩手県に半年間滞在し、漆かき研修生として過ごしました。その期間、花粉症になり(周囲は杉林が多かった)そのせいか漆にもかぶれるようになりました。(それまでかぶれたことがなかった)
さて、漆掻きを終えた木は“殺し掻き”といって切り倒します。松本はトラックで山の漆畑に行き、掻いた漆の木にお礼を言って切り倒しました。
その木を動かす時に、木の幹の切り口を太股で押したのですが、その時に木口からにじみ出た漆の樹液がべったり。
その時、松本はジーンズの上に雨カッパという姿だったのですが、ウルシ樹液はその繊維を突き抜け皮膚に到達。
『ありゃしみ込んだかな』と松本は思いつつ、今までかぶれたことのない彼は『ま、いっか』とそのまま作業、帰宅しました。
風呂に入る時、幅10センチ縦5センチの染みを足に発見し、その日の出来事を思い出したのですが、チットモ気にせず放っておいたそうな。
さて、問題は翌日。
また風呂で彼はいつものように体をごしごし洗っていました。
すると、例の箇所の皮膚がぺろっとめくれて無くなったのです! あぜんとして皮膚のなくなった、大きな傷口を見つめる松本…。
翌日、車で岩手県から四国に戻った彼でしたが「いや〜傷口とジーパンがくっついて、アクセル踏むたびに痛かったわ」とのことでした。(←病院に行くという発想じたいがない)

それ以来、松本は人並み?に漆かぶれするようになり「いっぺんかぶれて見たいわ」と豪語していたことが無事成就したそうです。

11/11岩手県の松本
当時の松本和明(岩手県浄法寺町にて)

posted by 宮崎佐和子 at 19:33| Comment(4) | TrackBack(0) |   漆かぶれについて

2006年11月10日

■漆の付いた茶碗そうじの仕方。


漆を入れている茶碗は、時々新しいものと交換します。
そうしないとラップをしているふちの周囲に乾いた漆がだんだんこびりついて作業性が落ちるうえに、漆の品質に影響するからです。
さて、いったん使い終わった漆まみれのお茶碗、いったいどうするとかというと…。

1110_1_.jpg
使い終わった茶碗はこんな感じ。まずは「室」に入れて、
こびりついた漆をよーく乾かしておきます。

1110_2_.jpg
よく漆を乾かした茶碗をバケツの水に浸けておきます。
だいたい1ヶ月くらい置くと良いと思います。

1110_3_.jpg
さて、いよいよ茶碗そうじ。まずその前に手袋をはめます。
ビニール手袋の上に軍手を重ねるとなお良し。
(漆が乾ききっていない所があるので、ものすごく手が汚れるんです)

1110_4_.jpg
水の入ったバケツの中で、茶碗の漆をもみます。
すると、こびりついた漆がぺらっとめくれてきます。

1110_5_.jpg
こんなふうに気持ちよくはがれていきます。

1110_6_.jpg
スチールたわしで残りの漆をこすって落としていきます。

ところどころ、どうしても剥がれない所があったりします。
(黒呂などの精製漆は、ややはがれにくい傾向にある)
では、どうするのかっていうと…。1110_7_.jpg
パレットナイフ等で差し込んで、剥がすんです。

1110_8_.jpg
あっというまにキレイに取れました!


この後、中性洗剤で茶碗をきれいに洗って、うつぶせてよく乾かせておきます。この茶碗は割れたり表面のガラス質がなくならない限りは、ずっと使えます。
水の浸け置き期間が短いと、剥がれ方がよくない時も。
そんな時はいらいらしますが、ペーパーとかのこすり落としは禁物。もうその茶碗は使えなくなってしまいます。
パレットナイフでも剥がれない時は、熱湯を注いでから再挑戦すると(ヤケドに注意!)いい結果が得られます。
この作業の時にあちこちに付く乾いていない漆は、からみついてとっても落としにくいので気をつけた方がいいと思います。

この保存用のお茶碗、どんなものでも良いというわけではなく形や大きさをけっこう厳選して手に入れています。iモード

















posted by 宮崎佐和子 at 21:12| Comment(4) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事

■?湿布?のお世話になる二人。


いま、松本も私も湿布を貼っています。

松本は持病の腰痛(中学生時代にヘルニア経験あり)私は寝違えです。(この前急に寒くなった夜、両側にネコさんを配して寝ていたら背中が痛くなっていた)

最近この湿布薬が欠かせなくなっています…。
以前は友人が必ず薬を(湿布薬、鎮痛剤、葛根湯、絆創膏)持ち歩いているのを見て『なんじゃそら?』と思っていたのですが、最近そんな薬のありがたみがよーく分かるようになりました…。

これからは肩こりに気をつけなくっちゃあせあせ(飛び散る汗)
posted by 宮崎佐和子 at 18:23| Comment(5) | TrackBack(0) | ■ 日記

2006年11月09日

■お土産の日本酒。


きょう、松本が出張先で買ったという日本酒が届きました!
彼は下戸なのですが、大のお酒好き。独身代は酒蔵や穴場の酒屋さんを巡って掘り出し物の一品をみつけてはひそかに喜んでいたそうです。
(しかし下戸なので、ちょびっとしか飲めない) 
そんな彼が買ってきたというので、私がびっくりすると「えっ二本でたった三千円だから〜」と弁明。(別に怒ったわけではないですが…)
11/9日本酒
熊本で買ったというので、九州のお酒かと思ったら
石川県のお酒でした。


松本いわく「まぐれでこんなに当たりのお酒は初めて」とのこと。
きょう、晩ご飯と一緒にいただいたけどたしかに美味しかったなあ。(でも私は味オンチなので、ゴメンそこまでは分からない ^^:)

ところで、松本は大柄で風貌から酒飲みに見えるらしいですが(一升瓶がとっても似合う)ホントはすごくアルコールに弱いです。(でも美味しいお酒の味は好き。うるさい)
私の方が酒飲みです、もしわたしたち夫婦にお酒をすすめるならワタシの方に。笑


posted by 宮崎佐和子 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 日記
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->