2006年11月12日

■工芸展、漆芸研究所展に行ってきました。


ここ数年、ずっと足を運んでいなかった工芸展・研究所展。いつもこの時期は作品展の追い込みで忙しくって、なかなか足を向けられなかったのですが今年は松本と一緒に行ってみました。
(両施設は同じ敷地内にあって、どっちも私の母校なのです)
11/12 工芸展入り口
工芸展入り口。
高松工芸高校はもう創立108年になるのです。
街中なので戦時中は
高松空襲の被害に遭った場所でもあります。


まずは漆芸研究所に行って、久々に先生方にお会いしました。
時間帯が良かったのか、ふだんはめったにお会いできない無形文化財の先生方もおいでになりました。

11/12漆芸研究所の漆の木
なつかしい! 
漆芸研究所の裏(工芸高校の敷地内)にある、ウルシの木。
高校生の時はこれがウルシだと知っていた子は居たのかなあ。


11/12傷跡のうろ
古い傷付けのあとが「うろ」になってます。
樹皮のケロイドのようなものでしょうか。
当時は研究生1年の時、この木を教材に
「漆かきのまねごと」をしようと傷をつけました。
その方向にどっぷり浸かった今思えば、
たしかに本当の漆かきの内容とはほど遠くて
「まねごと」の内容だったのですが
すごく感動して出てきた樹液をいとおしく思ったものです。
こんな体験って、大事です。
(古傷だけなので今はしていないみたい)

11/12食堂のうどん
工芸高校の食堂のうどんも食べました。
(エビ天が乗ってバージョンアップ)
松本は「んなまずいうどん食べるか」って言ってたけど
おいしいからじゃなくて、なつかしいから食べるの!


今日の夜は、研究生時代の同級生と一緒に飲みに行きました。進路はみんなバラバラだから、会うことが全くなかったけど楽しかったです。

松本と私が独立して思う道を進んだとき、周囲の方々からはいろんな意見をいただきました。今思うとやっぱり危なっかしげで心配されていたんだなあ。
古巣?に戻って今日はちょっと気が引き締まった気分です。明日からまたがんばろう…iモード
posted by 宮崎佐和子 at 23:52| Comment(6) | TrackBack(0) |   展覧会鑑賞・イベント参加
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->