2006年11月20日

■庭の漆の葉っぱが散りました。


久しぶりの雨が、この週末に降りました。風邪ひきだったこともあってずっと庭を見ていなかったのだけど、きょう、改めて庭の様子を写真に撮りました。^^
11/20漆の木
わ〜この秋雨(けっこう各地で被害を出した雨ですが)で、ほとんど葉っぱが落ちてしまいました。いっきに寂しくなってしまったなあ。
※5月の様子↓ 
http://waurusi.sblo.jp/article/687655.html
半年でこんなに変わって、感慨深いものがあります。ウルシの木にとってどんな年だったのかな?

11/20土佐うるし。
高知県から連れてきた、土佐うるし。
この庭ではまだおちびさんグループです。

※4月の様子↓
http://waurusi.sblo.jp/article/595581.html
こんなに新鮮な葉っぱをいっぱい出していたのにねえ。
このブログを綴ってまだ7ヶ月ですが、季節の移り変わりは早いなあ、と実感しています。iモード
posted by 宮崎佐和子 at 21:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ■ ウルシの木の記録

■漆かぶれ、数日後のようす。


2、3日前に手首に漆がついたのを「ま、あとで」と放っておいたのが、付いた痕どおりにりっぱなかぶれになりました。そして今。
11/20漆かぶれの写真

あれからちょっとかゆくなり、たいした痒さではなかったんですが、“イラッ”とした時に何度か掻いてしまいました。(親指の付け根と手首の上がかたぶたになってます)
ホントは掻くと悪化するので、なるべく触らないのが一番だけどそうはいきません〜。笑

腫れ自体はピーク過ぎてます。普通の人だったら手首が曲がらなくなるほど腫れたり他のところまで広がっていると思います。

よく「うるしかぶれは、湿疹or水泡を伴う」と書かれていますが、自分の漆かぶれをみる限りは、いきなり水泡ができる訳でなくって、腫れて皮膚が膨張しているところに爪で掻かれて、ちょっと表皮が浮いてそこに体液がたまって小さな水泡がぷつぷつできるって感じです。
(なので、掻かなかったかぶれは水泡ができない、傷にならない)

どのみち、かぶれないのに越したことはないですね。^^: iモード
posted by 宮崎佐和子 at 19:41| Comment(4) | TrackBack(1) |   漆かぶれについて
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->