2006年11月27日

■アラジンストーブは必需品。


漆の仕事は温度管理が大切で、温度が低いと乾きがわるくて仕事が進みません。それも、漆を乾かす「室」の周囲だけじゃなくて、部屋全体というか家自体がじんわり暖まっていると調子がいいのです。
ということで、これからは冬はアラジンストーブが大活躍。ほぼ1日中、つけています晴れ
11-27-おでんとストーブ.jpg
忙しくなるので、きのうは松本が大量の材料を
買い込んでおでんを作ってくれました。
ストーブで温めて食べています。

こういうとき、ストーブっていいですね。去年は灯油が高くてたいへんだったけ…今年はどうかな。
11-27-むぎ2.jpg
そしてストーブのそばには必ず猫さんが…笑


ところで「男の料理」のテーマで朝の番組があったのだけど、(1)材料にお金をかけすぎる (2)道具に妙に凝る (3)後片付けをしない のが奥さんの悩みなんだって! あれ?? 誰かさんにもぴったり当てはまるんだけど…(^^;

昨日からずっと頭がいたくて困ってたのだけど、どうやら肩凝りがひどいらしいです。でもヨカッタ、風邪じゃなくて。
posted by 宮崎佐和子 at 20:07| Comment(4) | TrackBack(1) | ■ 工房のネコ
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->