2007年02月02日

■新しい“砥石”が届きました。


きのうから松本はソワソワと落ち着きのない様子で過ごしていました… なぜかって言えば、待望の“砥石”が届くころだったからです。
大阪に発つ前から注文していたもので、本当に心待ちにしていたようです。

これが届いた砥石です。
(赤ちゃんみたいに、真っ白なさらしに包まれて届きました)多くはコッパという端切れの石で、しかもふつうの砥石屋さんではみかけない形のもので面白い表情の石ばかりです。
2/2砥石1
奥の門の巣板。
これはスプーンの木地を彫る幅広の丸刃用にしようと思っています。この前に買った巣板がこたえようもなく良かったので、また巣板のコッパを手に入れたのです。(今は平らですが、丸刃を研ぐので溝が付きます)
試しにちょっと使ってみると、やや荒めのよくおりる石でした。研ぎやすい。

2/2砥石2
左/待望?の高島のからす。
目が細か目の石で、やや堅いです。(傷が入りやすい?ような気が…ただいま検証中です)墨を流したようなマーブル模様の石です。
右/神前。
これは丸刃の裏押し用の砥石として、バラバラに切る予定です。

--------------------------------------

写真を見てもお分かりのように、それぞれの石にお店の人が書きつけた評価があります…(まるでヨーロッパのチーズ屋さんみたいです!笑)
これらのコメントがなんともマニアックで楽しいんです。
(松本がうれしさのあまり、よく読まずに研いでしまいコメントが消えた石もあって残念がっています)

砥石にあんまり興味のない私ですが(笑)、それでも天然砥石は吸い付くような細かい肌をもち、なんともいえない不思議な模様を持ってて神秘的な感じがします。(虎目石やラブラドライトみたいなかすかなシラーもある)
そして表面で判断して取引きをしていますが、内部にどんなものがひそんでいるのか分からないので、ちょっとドキドキします。

でも起きている時のみならず、寝ている時も砥石の夢をみている松本。(寝顔が笑っている) まさに寝ても覚めても石の事を考えているありさまで、さずがに妻はかなりひいています。あせあせ(飛び散る汗)
(あっ松本いわく、寝ても起きても脳裏に去来するのは、研ぎ心地と美しく研げた刃物の輝き、そしてその刃物で仕事したときの喜びのイメージだそうです…たらーっ(汗)


posted by 宮崎佐和子 at 20:05| Comment(17) | TrackBack(0) |   道具
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->