2007年02月06日

■松本が漆にかぶれました。


昨晩、遅いお風呂に入っていた松本。
そのとき「?? あれっ腕に漆が付いてる。気付かなかった」と手首の内側の柔らかい部分にしっかり漆が染み付いた部分を発見しました。
そして今日見ると、やっぱり少しかぶれてきているではありませんか…。

2/6漆かぶれ
中央に二ケ所、べたっと漆が付いているほか、
その上に漆がこすれて付いた跡もあります。

漆の付いた黒い部分の周辺がちょっと赤くなっているの、分かりますか??

漆(時に生うるし)は、肌に付いた時は色がうすくて目立たなくて気付かず、仕事が終わってお風呂に入っていると『あっ!』ということがよくあります。^^: しかもその時は肌にしっかり浸透して、硬化しているんでどうすることもできないんです。
これからどのくらいかぶれるかは、待ってみてのお楽しみです iモード


posted by 宮崎佐和子 at 20:22| Comment(6) | TrackBack(0) |   漆かぶれについて
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->