2007年02月08日

■漆スプーンの修理。


工房の人気アイテム、「漆のスプーン」。
一本一本、松本が板から手彫りで木地を彫り出して、デリケートで使い心地の良い造形を作り出しています。
そんなスプーンさんですが、木の強度ぎりぎりまでせめて作っているので、きれいな漆をたっぷり塗っているとはいえ、決して頑丈ではありません。
どちらかというと、常識の範囲内で、優しく使っていただくスプーンなのです。

2/8スプーン1
しかし、おちびさんがいるご家庭ではそうはいきません。^^;
お子さまにかじられて、修理に戻って来たスプーンたちです。
(つい先日、また1本送られてきたので3本になりました)

2/8スプーン2
木地がちょっと欠けてちゃっています。
おちびちゃんは使い方が大胆だなあ。あせあせ(飛び散る汗)

2/8スプーン3
欠損の部分は比較的小さいので、漆で木地固めをして、こくそという漆と木粉を練ったものを足して成形します。そして上塗りをしてお渡ししようと思います。
(このスプーン、裏側も噛み傷がいっぱいついているなあ)

工房のものはこのように修繕をいたしております。ただ、作業の工程上タイミングをみはからって取りかかるので、しばしお待ちいただくことになるのですが…(現在お待たせしている方、申し訳ありませんたらーっ(汗)
でも新品同様にきれいに直せるのが、漆のいいところ。お手元にお届けして喜んでいただくのはほんとにうれしいものです。



posted by 宮崎佐和子 at 20:18| Comment(6) | TrackBack(0) |   漆のスプーン制作
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->