2007年02月13日

■漆かぶれ、その後2

2
/6に紹介した、松本和明の漆かぶれ。患部は手首の内側です。
2/13漆かぶれ
もうほぼ沈静化してます…腫れも引きました。
そうとう軽度のささやかな漆かぶれでした!!
松本いわく
『今回は皮膚が溶けるとこまでいかんかったな〜』
…となんだか物足りなさそうです。


でも、今度は私の方がかぶれてきています。
いまパネルの仕事をしているので、漆を使う量も多いです。きのうは糊漆をたくさん使いました… アレレ、なんか顔がかゆ〜い(>.<)と目をこすりながら過ごしていると、案の定マブタが腫れぼったくなっているよ〜〜バッド(下向き矢印)  でも分かってて掻いているんだから、仕方ないです。^^:

糊漆は接着性の高い下地漆で、文字どおり「糊」と「生うるし」を約半量ずつくらい混ぜたもの。乾くのが非常に早いので、とーってもかぶれやすいです。
マブタの腫れは軟膏を塗ったのですぐ落ち着きましたが、やっぱり気をつけようと思いました。


posted by 宮崎佐和子 at 19:05| Comment(2) | TrackBack(0) |   漆かぶれについて
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->