2007年02月14日

■槍鉋(やりがんな)が届きました。


きょう届いた、槍鉋の穂先です!
松本はずーっと前から骨董屋さんで探していたのですが、なかなか見つからず… でもついに入手できたので、もうホクホクです。^^;
2/14やりがんな1
槍鉋。刃物がよく分からない私でも、きれいだなあと思います。

2/14やりがんな2
穂の部分はこんなに長いのです…

槍鉋は古典的な大工道具。私も実際に見るのは初めてです。
現在は、木の表面に微妙な美しい表情をつけるのに最適な道具として、重宝されているよう。
その上に溜を塗ればとてもいい感じになるだろう…と松本はもうわくわくしています。この次は、チョンナを狙っているとか。う〜〜〜ん(>_<)

この槍鉋の穂先、友人の槍鉋使いの木工家のところに行って柄入れを教えてもらう予定です。
最近、刃物と砥石の話題が多くてすみません…でもこれも漆の仕事の大事な道具なのです。ほんとうに道具って、たくさんあっても足りることはないですね iモード


posted by 宮崎佐和子 at 23:11| Comment(16) | TrackBack(1) |   道具
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->