2007年02月16日

■漆スプーンの修理、続き。


先日、ご紹介した漆のベビースプーンの修理。
ごらんくださる方がとっても多かったので、経過をお知らせしたいと思います。 前回→ 2/8 漆スプーンの修理。
2/16スプーン修理2
2/16スプーン修理3
欠けた部分に“つくろい”をしました。

つくろいに使ったのは、一般的に“こくそ”と言われる、木粉と漆を混ぜた下地です。この“こくそ”を欠損部分に充填して、十分に乾かします。
…一度で埋まることはなかなかなく、何度も入れるものですが、心持ち盛り上がりぎみに入れてから、余りは彫刻刀でていねいに整形するときれいに仕上がります。

2/16スプーン修理1

左上が、こくそを入れた欠損部分。刃物で整形している途中です。
きれいに削れたら目の細かいペーパーでなめらかにして、補った部分を木地固めしようと思います。

最近、なんだかスプーンものが続いていますね…^^;
ほかのものも進めているのですが、また機会がありましたらお知らせしたいと思います iモード




posted by 宮崎佐和子 at 20:40| Comment(2) | TrackBack(0) |   漆のスプーン制作
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->