2007年02月21日

■突然のお客さま。


京都の宇治から、突然のお客さまがありました…。(急でびっくり)
木工家の方です。もともと香川御出身の方で、ネットを通じてうちの工房をご存じだったそうで、地元に戻った際にいろいろ居所?を調べて連絡して来たそうです。(うちは公式サイトにも電話とか公表してないからなあ。お手数かけてすみません)

2_21_1_.jpg
漆の木についていろいろお話をされて帰られました。仕事の真っ最中でしたが、松本は漆の話ができてもう大喜びです…止まりません。
2_21_2_.jpg
漆の木の前で記念?写真。臼杵さん(左)とおっしゃる方で、漆の木を植えられたうまく育たなかったとのことで、それもお話させてもらいました。

それにしても木工の方っていうのは、熱いなあ…^^:  素材に対する情熱もすごいし、初めてでも松本ととっても話が弾むことが多いです。 
それにネットの威力、というのか影響力の大きさも感じます。

2/21ぐみ
臼杵さんからいただいた、ぐみの木。

このぐみ、トンカチなどの木工道具の柄にぴったりだそうで、分けて下さいました。もう松本は「玄翁の柄が入れられるぞ〜」とウキウキしてますあせあせ(飛び散る汗) ぐみの木は初めて見たんですが、木目が積んでいてミカンの木とかに良く似ています。
松本の道具熱に燃料がまた入りました。笑




posted by 宮崎佐和子 at 23:22| Comment(4) | TrackBack(0) | ■ 日記
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->