2007年02月28日

■漆分析データが届きました。


紹介が遅くなりましたが、先日、頼んでいた漆の桶が新たに到着しました。今年はいっぱい買っちゃったなあ^^ でも、¥がこわいなあ〜あせあせ(飛び散る汗)

2/28漆桶
さて、今回の漆は、二種類。どちらも枝漆です。枝漆について 
この二種類の違いは、またお知らせします。^^

さて、今回の漆と一緒に来たもの… それは漆の分析データガラス板の漆の乾燥試験サンプルです。偶然、漆とおんなじ日に届いたのでした♪ 


2/28漆のサンプル
ガラス板の漆の乾燥試験サンプル


これは、工房が契約生産していただいた、さまざまな種類の日本産漆(各地、各時期、各漆掻きさん)です。
漆は「ツケ」といって、色や透明度や乾き具合を見るのに、ガラス板にサンプルをよく作ります。この写真は、そういった「ツケ」を並べてみたものです。ガラス板に治具を使って漆を均一に塗布し湿度75%温度25℃で乾かしてそれぞれの特長を見ました。
こうしてみると、一言で日本産漆、和うるしといっても、バラエティーに富んで個性あふれているのが分かりますハートたち(複数ハート) 色味だけでなく、艶、きめの細かさもそれぞれ違います。
(ほんとうは現物の方が違いが出てるのですが、雰囲気は感じていただけるでしょうか^^)
詳しい成分の数値データは、後日、公表したいと思います。

今回の分析データが出た漆→昨年 9/14着/茨城の漆
             昨年12/19着/岩手の漆
             今年 2/10着/岩手の漆

漆って、ほんとにおもしろいですね〜^^。
検査用に漆を消耗し、時間と費用がけっこうかかるんですが、こうして調べてみるだけの価値はありそうですiモード






posted by 宮崎佐和子 at 22:38| Comment(4) | TrackBack(0) |   工房に届いた漆たち
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->