2007年04月03日

■ウルシの新芽が出ていました。

さて、ぶじ搬出を終えて久しぶりに工房に戻ってまいりました。晴れ
昨日の晩、ネコさんたちは預けていた実家から受け取って戻りまして、家の中はいつもの活気が戻りました。^^

さて、気になっていた工房の庭の漆畑…。
出張に行く前は、ちょっと芽がふくらみかけていたんですが

4/3漆の芽
やっぱり芽が出ちゃってました。

これは、徳島産のウルシの木なのです。
となりの実生の岩手県産のウルシの方の芽は、まだふくらみかけくらいなんですが…。

4/3漆の芽2
漆って、新芽は赤い葉なのですね。
もう少し開くとみずみずしい緑になります。ムード


さて、このウルシの芽ですが、
美食家の方たちには「タラの芽に勝るとも劣らない美味」と言われております。それは本当でしょうか。
また「食べると旨いが(内蔵が)かぶれて苦しむ」とも言われています。それは「都市伝説」ならぬ「田舎伝説」のような謎の話となっています。漆を植えてらっしゃる方もわりといるのですが、意外と試したって方の話はあまり聞かないんですよね。…これは禁断の味で、本当にやばいのでしょうか。食べてみたものの、恐ろしい事になって誰にも言えないことになっているのかもしれません。

今までソッチの方はあんまり関心がなかった私ですが、毎年毎年みずみずしい新芽を見ているだけではもったいないような気がして… 今年こそは「試してみようかな??」と思っちゃっている私です。

4/3ミルさんおまけ。
ナワバリをチェックして一休みのミルちゃん。
(残念ながらターちゃんではありません ^_^)


ランキング2種参加中→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング
posted by 宮崎佐和子 at 19:59| Comment(4) | TrackBack(0) | ■ ウルシの木の記録
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->