2007年04月18日

■漆の木って意外とかぶれにくい?

季節柄か“うるしかぶれ”についての検索で、この「和うるし日記」をごらんになる方がすごーく多いみたいです。
でも、たいていはハゼやヌルデといった繁殖力の強い、自生するウルシ科の植物にかぶれる方がほとんどで、実際の“ウルシノキ”に一般の方が普通の生活をしてかぶれる、ということはそうそうないと思います。

工芸高校の漆の木
高松工芸高校の漆の木。
(2006年11月12日撮影)


さて、香川県立高松工芸高校の敷地内には、かなりの樹齢の漆の木があります。上の写真でも分かるように、校舎と自転車置き場の間に植わっているのですね。
時期がくるとここには漆の種がいっぱい落ちるし、晩秋には落葉します。(ちょっと目立たない所なので、時には仲の良い青春カップルがたたずんでいたり ハートたち(複数ハート)
でも、意外と生徒さんがかぶれたって話は聞かないんですよね。
生活圏にあっても、必要以上に近付いたり接触(葉っぱをむしったり等)しなければ意外と平気なのかもしれません。
山で仕事をされている方とかと話をしても「ハゼはすぐかぶれるからねえ」ということを聞くので、木に近付くだけでのかぶれやすさは、漆の木よりハゼ・ヌルデの方が断然強いと思います。


さて、ハゼやヌルデよりかはかぶれにくい…と思われる漆の木ですが、ウルシ科の植物によるかぶれを総称して“漆かぶれ”というのは、私は立場的にはやっぱり抵抗があります。樹液を採る漆の木は人が育てている木で、無くなりそうな木なのですから。ウルシノキではなくハゼやヌルデでかぶれた場合は“ハゼヌルデかぶれ”とでも言って区別してほしいような…。

でも、野山でかぶれて大変な思いをされた方には、どっちでも同じようなものなのでしょうね。(^_^:)

posted by 宮崎佐和子 at 19:15| Comment(4) | TrackBack(0) |   漆かぶれについて
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->