2007年04月24日

■うつわの“しのぎ”。

うつわの木地のテクスチャに“鎬(しのぎ)”があります。
ごく簡単に説明すると、刃物等を使って、面にカットを入れるのですが、うつわの表情に塗りだけではできないドラマティックな表情が生まれるので、すごく好まれる方が多いです。

4/24 松本和明1
今、松本はしのぎに凝っています。
夜ももくもくと彫り続けています…。


今まで、基本的にフリーカップしかしのぎ入れはしてこなかったのですが、堅いケヤキ材の椀木地にも、いろんなパターンのしのぎを楽しそうに入れています。

4/24 松本和明2
漆室の中も、木地固めした
しのぎ木地でいっぱい。


4/24 松本和明3
木地固めの段階で、けっこういい雰囲気だなあ。


ところで、松本の砥石をとっかえひっかえの“研ぎ”の追求はまだまだ続きそうです。
(深夜も暗がりの流しで、シャッシャッと刃物をえんえんと研いでいる姿はかなり怖いものがあります…がく〜(落胆した顔) 怒らさないようにしよう…)

ランキング参加中、毎日ムード→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング

posted by 宮崎佐和子 at 21:44| Comment(8) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->