2008年02月16日

■香川県で育った漆を塗った椀。

今回は、たいへん思い出深い作を紹介します。^^

2/16香川県産の漆の椀2
「小常椀」2003年11月制作 
漆/木地固め・中塗り・大森俊三 盛辺生漆
上塗り・2003年香川県採取 裏目漆  
木地/ケヤキ

「小常椀」と呼んでいるほどよい大きさのお椀です。
以前紹介した孫椀はかなり小ぶりでしたが、これは高台もしっかり大きめで持ちやすく、ふだん使いにぴったりの椀です。
ケヤキの力強い木目を活かして、さらに朱溜にすることで強調しています。

2/16香川県産の漆の椀アップさて、何が思い出深いかといいますと…。
さかのぼること2003年、この年は香川県で松本和明が漆かきをしました。このお椀の上塗りは、松本がうるしかきをしていた漆の木の樹液を塗っているんです。
木じたいは、地主さんが徳島からきた苗(由来は徳島の漆掻き職人が持ち込んだ東北原産苗)を植えたものなのですが、香川の気候風土で育った興味深い木でした。
そして、漆かきも終盤の2003年11月23日。
地元の有志の方と集って、この木で「体験うるし掻き」を行いました。
その時「余興のひとつに」ということで、参加者の皆さんと一緒に採った漆を、採ってからすぐその場で(つまり野外で)いくつか椀に塗ったのです。
もちろん、朱溜の椀の朱の中塗りまでは、すでに出来ていたのを持ち込んだのですが… 野外で塗ったにもかかわらず、なかなかいい風合いに仕上がりました。
(↑写真は塗りのアップ。艶消しのすりガラスのような上塗り。日本産漆らしい、透明感のある硬質な質感です)

2/16香川県でのうるし掻きの様子
和うるし工房あいの公開漆かきの様子。
2003年8月、香川県木田郡三木町にて。

地元の香川県で漆が掻ける…ということで、この年の松本は大はりきりでした。
この時の様子はまた別の機会に詳しくご紹介したいと思います。

・・・・・・・


さて、この「和うるし日記」でときどき紹介している和うるしの作品群ですが… 
紹介する作の中には、工房立ち上げ時の作で写真しか残っていないもの、超レアもので1点しか残っておらず資料用に置いてあるものなども、ときどきご紹介しています。
日本産漆の中でも、選びぬいたオタクな?漆が、いろんな表現のうつわになるということをお見せしようという思いからなのですが…、ごらんになる方は、もう少し踏み込んだ見方をされていることを最近気づきました。
「あの時記事に出してた作品、展示会場に行っても置いてないの?」「あれと同じものを作って売ってほしい」
…などなどありがたいお問合せがよく寄せられるようになりました。以前はあまりなかったことなのでびっくり。
本当にありがとうございます!
でも、そんな方の多くは目が肥えてらして、たいてい再現不可能のレアものを敏感に嗅ぎ分けてお尋ねになるのですよね…。(ゴメンナサイ)
もしかしたらお好きな方には罪作りなページになるのかなあ、とちょっと思いつつも、それでも気にせず続けていこうと思います。^^




posted by 宮崎佐和子 at 21:58| Comment(8) | TrackBack(0) | ■ 和うるしの作品

2008年02月15日

■真冬の漆の木です。

あいかわらずすごい冷え込みですね…バッド(下向き矢印)
今日は、少し晴れたのでちょっと庭へ出て久しぶりに漆の木の様子を見てみました。^^

2/15漆の木
うわっ冬空に枝が寒々そう…。
この時期は葉っぱだけでなく漆の実も
漆の実(←※ウルシの実)も落ちてしまっているので
枝には潔いくらいなにもありません。

でも、冬はこの漆の木にいろんな鳥たちが集まります!
スズメさんはもちろん、ヒヨドリやモズ、そして名前の分からない冬だけ見かける鳥たち。
びっくりするくらい、この枝に鈴なりにとまって騒いで、そして田んぼや次の場所に移っていくんです。
(先日は、でっかいカラスが10羽くらいしがみついててびっくり…! よく枝が折れなかったもんですダッシュ(走り出すさま)
よく見ると、たまにはやにえなんかを見つけたりすることも…。


さてさて昨年は、漆の木の伸びが今ひとつの年でした。
2/15漆の木の枝
これは良く伸びているほうの枝です。
20センチくらいでしょうか。

昨年は気候がひどかったもんなあ…。
(ひと昔前だったら、かなりの凶作だったかもしれません)
漆の木は植えている場所や年令によりますが、庭の木の枝の伸びは5〜30センチといったところです。年長の木ほど伸びが少ないです。
気候もよるのでしょうが、工房の庭はかこう土の盛り土なので大きい木を育てるのにあまり向いていないこともあるかと思います。
(幸い、五色台の畑の木はよく育っているんです)


2/15漆の木とミルちゃん。
おまけ。
私が庭に出ると、必ずついてくるミル。


こう冷え込む日が続いて、こんな枝だけの漆の木を見ていると、本当に春が恋しくなりますね。
でも、今日も寒かったけど、わずかな晴れ間に野原から聞こえる小鳥のさえずりはもう春でしたよ。ムード

いつも励みにしてます →  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング
posted by 宮崎佐和子 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ ウルシの木の記録

2008年02月13日

■横浜高島屋での作品展、初日でした。

2/13横浜の会場

和うるしの器展
2月13日(水)〜2月19日(火)
会場/横浜高島屋7階 特選漆器売場

松本から連絡がありまして、ぶじ始まったそうです。^^
さっそくご来場下さった方、ありがとうございました。
ほんとに小さい会場ですが(でもそのぶん、見やすいらしい)お近くに来られた時は、ぜひ探してお立ち寄り下さいませ。


…さて、それにしてもほんとに冷えますね。
こんな時期は、漆のお椀をしみじみいいなあ〜と思います。
せっかく作ったあたたかいごはんやみそ汁、陶器だと器にどんどん熱を吸い取られて冷めていくのが、分かるんですね。もうやだ〜(悲しい顔) 
でも漆と木のお椀は、ゆったりと熱い食べ物を温かいまま包んでくれます。
もちろん陶器には陶器の良さがあるけど、寒がりの私には漆の優しさが体に沁みます。


posted by 宮崎佐和子 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) |   作品展の様子

2008年02月12日

■明日から松本が横浜です。

明日から横浜高島屋での作品展が始まります。^^
今、松本はせっせと旅支度をしています… だいぶ風邪も良くなったみたいでひと安心。
うんと冷え込むらしいので(香川もすごく底冷えバッド(下向き矢印))みなさんも気をつけて下さいね。


さて、我が家で一番高くてあったかい場所。
2/12うり坊1

2/12うり坊2
天井まぎわの段ボールでくつろぐうり坊。
お気に入りの場所の一つです。ムード



いつもありがとう…^^→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング
posted by 宮崎佐和子 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 工房のネコ

2008年02月11日

■横浜での作品展のお知らせ。

2/11箸
和うるしの器展
2月13日(水)〜2月19日(火)
会場/横浜高島屋7階
特選漆器売場


今年2回目の工房展です。
箸、スプーンなど小物を主流に弁当箱、椀などを展示します。

先日の阪急本店よりも、会場がうんと小さいです。
なので作品群もすでに送り込み済み。会期中は松本だけが滞在します。
おそらく箸かスプーンを削っているかと思いますので(笑) お気軽にお声かけ下さいませ。^^


今日もぽちっと…^^→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング
posted by 宮崎佐和子 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ お知らせ

2008年02月10日

■漆の展示会に「漆がなかった」話。

もう数年前のことになりますが…。
とても印象深い出来ごとをちょっとお話しようかと思います。
この1件も、私たちにとってかなり衝撃的?な体験で… 日本産漆の受け入れの難しさをまざまざと感じさせた出来ごとでした。


まだ工房を立ち上げて間もない頃…。
都心で「新しい漆の世界」という意味あいのタイトルの催事が行われていました。
とある方(私たちの活動にちょっと関心のある県庁の方)が「きっと参考になるから」とすすめて下さって、作品展の前で準備でばたばたしていた時でしたが「でも勉強になるよね!」と松本と見に行きました。
催事のテーマは「従来の漆の表現にとらわれず、新しい漆の価値観をあらわす」といったもの。
その「新しい漆の世界」の会場には「漆」というイメージを払拭するような、鮮やかな工業製品、スタイリッシュな家具、面白い小物やアクセサリーが並んでいて、私も「わあ〜exclamation」と楽しみながら見ました。
会場を出たあと、松本と「面白かったねえ」と話しながら帰ったのですが、そのあと二人とも顔を見合わせて「でも、あそこには漆がなかったね」とくすくす笑いました。
そうです。
その会場のものは、どうみても化学塗料のものばかり。
合成樹脂にいくらか漆は入っているのかもしれませんが、どうみても漆ではなく私たちには石油製品の展示会にしか見えなかったのです。(ごめんなさい〜)
そしてその何日か後のこと。
和うるし工房あいの工房展を開催中のことでした。
いろんな方やお客様が見に来て下さったのですが、その中に漆のうつわを専門に扱ってらっしゃるギャラリーさんの姿もありました。
当然、日本産漆だけで作られる器を楽しみに、たいへん遠くからわざわざ来てくださって、丁寧に作品をごらんになっていたのですが…。
後日、感想をお聞きした時に「悪いけど、あの作品展会場には漆がなかったわ」と漆のギャラリーさんがおっしゃったのでした。

この時は意味がよく分からず、最初は二人とも「??」となりましたが…。
だんだんと『中国産漆で作られたという器を、昔から慣れ親しんでいる者にとっては、あなたたちの日本産漆100%の塗りは、とうてい漆とは思えない』という意味だと分かり、「ええ? がく〜(落胆した顔)』とその衝撃が、ボディーブローのようにじわじわと後から効いてきたのでした。(笑)

なんとも皮肉というか…。
「じゃあ、生粋の国産漆は、いったいどうすればいいんだろう… もうやだ〜(悲しい顔)
…と、当時は私たちも今より若かったこともあり、けっこう真剣に考え込んでしまった1件でした。



posted by 宮崎佐和子 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) |   思うこと

2008年02月09日

■お店のテーブルの漆仕上げをします。

わ〜〜すごく寒い日が続いていますが、皆さんは風邪をひいたりしていないでしょうか?
松本の風邪(アレルギー性の鼻腔炎症)もお薬のおかげでだいぶ良くなりましたが…まだまだ苦しそうです。皆さんも気をつけてください。(>_<)


バッド(下向き矢印)さて、おとといのことですが、以前から依頼していたテーブルの木地を2台、工房に持ち帰りました。
2/9 タモの卓1
2/9 タモの卓2
材質はタモ、1.2メートル×0.8メートル。
建具屋さんの材だったのですごくきれいです。


今年にリニューアルオープンする、大阪の居酒屋さんの新店舗のテーブルの依頼を受けていまして、実は昨年末くらいから、デザイナーさんと打ち合せしていました。
オーナーさんが大変こだわっている方で「日本産漆仕上げのテーブルにしたい」とおっしゃってお話が来たのですが…材を決めていただき、テーブルの形状をやりとりして、やっと木地が出来上がったので、とてもうれしいです。^^
先日の大阪展の会期中も、オーナーさんが「うちのテーブルはどんな塗りになるのかなあ〜♪」とまず作品を見に来られました。
そうです!
どんな塗り仕上げにするかで、うんと雰囲気が変わってくるのです。
きっとこういった家具は、すり漆仕上げが一般的じゃないかと思いますが、松本は『たっぷり漆を塗るぞ〜』と今から張り切ってます。あせあせ(飛び散る汗)(←たっぷり塗る仕事が最近少ないのでストレス溜まりぎみ?)

同じタモの端材をいくつかもらっているので、いくつか塗りサンプルを作ってオーナーさんとデザイナーさんに決めてもらうことになると思います。

それにしても、100%日本産漆仕上げのテーブル(しかも無溶剤)ってなかなかすごいですね。
お店のオープンはまだ先ですが、今から楽しみです。



posted by 宮崎佐和子 at 22:55| Comment(6) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事

2008年02月08日

■「日本残酷物語/平凡社」

2/8日本残酷物語

当書は、歴史から忘れられた人々の暮らしや叫びを、やや古い時代は資料をたんねんに調べ、近年は当事者の人々の声を書き留めて集めて作られた、識者数名のグループによるノンフィクション。
貧しい農村、宗教の迫害、病気の差別、棄民同様の北海道開拓民、孤高の山の民、炭坑の人夫。そんな底辺を強いられた人々の暮らし。そしてその人々の残り血を吸うような搾取するものの存在。
今の豊かさはほんの皮一枚、表面に張り付いているだけで、ちょっとしたことで、その苦しみが今なお容易にむき出しになり、今の私たちを睨みつけ、どきりとさせられるのです。
以前、北海道の作家さん数名を取材した時も、出は四国出身だという人がたくさんいて驚いたものですが、多くは地元の暮らしに見切りをつけて新天地にわたった開拓民の人々の子孫なのでした。
また、以前私が倉敷に住んでいた時、美観地区のとある古く情緒あるホテルのことを「ここに泊まると幽霊が出るのよ」と地元の子が言っていて「まさかあ」と当時笑っていたのですが、今思えばそこは某紡績工場跡で当時たくさんの女工さんが若い命を落としていた地なのでした。

漆の樹液がまだ採れる東北も、そんなドラマに尽きません。
現役の漆かき職人の最高齢者である新潟県朝日村の渡辺勘太郎さんに松本が取材した時も、真っ先に語ってくれたのが「昭和の飢饉」でした。
続く凶作、飢餓、子を捨て娘を売る選択が村にあり、それは寒冷地耐性の新品種の苗、化学肥料と農薬が普及するつい先日まで続いており、渡辺さんが苦しみながらも漆掻きをやめなかったのもそれに起因しているそうでした。
昭和の漆かきは飢えないために、平成の漆かきは最高の素材を求めて漆を採る…。
そんなギャップを思い出しつつ読み続けています。
平凡社らしい渾身の書です。
日本残酷物語全5巻。1959年〜1961年に平凡社から刊行。
〈1〉貧しき人々のむれ〈2〉忘れられた土地 〈3〉鎖国の悲劇〈4〉保障なき社会〈5〉近代の暗黒

今日もクリック^^…iモード→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング
posted by 宮崎佐和子 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ■ BOOK

2008年02月07日

■大阪で「貝」を仕入れてきました。

大阪では、摺貝工場におじゃまして、黒蝶貝の原貝とあわびの摺貝を少しですが仕入れて帰りました。
大阪府高石市は地場産業で貝細工があり、漆芸用の貝素材を作っている工場があるのです。
摺貝(すりがい)、というとなじみのない言葉かと思いますが、あの美しい「螺鈿細工」に使われる薄く加工した貝、というとなんとなく分かるでしょうか。
ある種の貝には美しい真珠層がありますが、その真珠層を薄くすりおろすには熟練の技術が必要でたいへん貴重な素材として使われます。

2/7 あわびの薄貝
わ〜〜きれいです。ぴかぴか(新しい)
今回仕入れた、あわびの薄貝。
(日本あわびの玉虫貝といわれる部位、10グラム)
青、緑、ピンクといろんな色に輝きます。

松本は「メキシコあわびみたいだ」ということしきりです。

それにしても貝の輝きって不思議です。
宝石に例えるなら、オパールに近い素材感ですね。
…そういえばアンモナイトの化石の宝石、アンモライトもファイヤオパールとかにそっくりです。以前、とある会場で見ましたがぎらぎらと強く虹色に輝いて、圧倒される美しさでした。
貝って神秘的だなあ。


さてさて、そこの工場では原貝も扱ってらっしゃるということで…。
2/7 黒蝶貝の原貝1
黒蝶貝の原貝、約3.6キロ。
こうしてみるとけっこう迫力あります。
(↑クリックすると拡大します)


私たち、原貝大好きなんですよね…。
そういえば去年はメキシコあわびを買っちゃったし、夜光貝も白蝶貝も原貝たちが倉庫で眠っています。
そこに黒蝶貝も加わって、大満足〜!です。^^

2/7 黒蝶貝の原貝2
黒蝶貝さんの表側。
南の海で生きた証が残ってます。

2/7 黒蝶貝の原貝、大きいのと小さいの
重量単位で買ったので、
大きい貝と小さい貝が混じってます。

2/7 黒蝶貝の原貝の真珠層の輝き
貝の内側をちょっと磨いてみました。
真珠層の輝き…いわゆる黒蝶真珠と同じですね。


堅いので、加工はなかなか大変ですが…(松本の仕事)
タイミングをみていつか手を入れてみようと思います。


さてさて、松本はいまちょっとダメージを受けてます。
もともと扁桃腺が弱いのですが、近年発症したアレルギーのせいで(アレルギーになってから漆にかぶれるようになった)喉や鼻が腫れ上がってしまい、いま苦しんでいます。
来週から横浜に出張なのに… 
大丈夫かなあ。



posted by 宮崎佐和子 at 20:58| Comment(6) | TrackBack(1) |   素材

2008年02月06日

■大阪展、ぶじ終わりました。

昨晩、阪急梅田での作品展が終わりました。^^
(期間中、あまり日記の更新ができませんでしたがお許し下さい。あせあせ(飛び散る汗)
会期中、多くの方が来て下さいました… 中にはうんと遠い所からいらしたり、またこのブログをごらんになってわざわざ足を運んで下さった方などもいらして、本当に嬉しい思いでいっぱいでした。
この場を借りて、取急ぎお礼申し上げます。
ほんとうにありがとうございました。


さて、今日は大阪で用事をいくつか済ませて香川に戻りました。

バッド(下向き矢印)けさはインド帰りの大阪の友人(男性)のおうちにおじゃまして、なんと手作りの朝食をごちそうになりました。
2/6 チャパティとチャイ
チャパティとチャイ。おいしかったです。^^
(今度はカレーが食べたいなあ〜 ←催促


2/6 くるみちゃん
友人宅のネコくるみちゃん。なんと御年二十歳です。
2/6 くるみちゃんの模様
三毛猫って久しぶりに見ます。
(最近、少ないですよね、ミケ。)


工房に戻ると、メールもファクスも留守電も郵便もいっぱいたまってました。あせあせ(飛び散る汗)
さっそく来週から横浜で催事があるのでその準備をはじめ、私は確定申告の用意をしなくてはいけません。(税理士さんからついに催促が…)

どんどん次の仕事をしていこうと思います。^^

今日もクリック^^…iモード→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング

posted by 宮崎佐和子 at 21:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ■ 日記
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->