2008年04月03日

■工房のネコ、ミルミルを紹介します。

工房の大事なメンバー、猫さんたちを紹介していきます。
今日は、ミルミルです。^^

2/19ミルミル
ミルミル 雌 2003年7月生 体重3.6キロ
体毛・黒(濃い褐色) 目・グリーン
生家・松本の実家(高松市)

今年の夏で5才になります。
松本家では、同じ血縁の猫が何代にもわたって暮らしているのですが、ミルはその中の子です。
母猫はシャム系の雑種(松本家の猫)、父猫は近所のボスだったアメショの飼い猫でした。3匹兄弟のうち、2匹はきれいな銀トラで、ミルだけが黒くて小さいもじもじした子でした。
私がペットは「小鳥派」で、ずっと鳥を飼っていたのですが(文鳥、メジロ、ウズラ等)どの子もなぜか長続きせず(死んじゃったり飛んで行ってしまったり)ふと切れ間ができた時に、松本(猫派)が私に内緒で連れてきたのがミルなのです。

ミルはお母さん猫の特長を色濃く受け継いでいます。
昔のシャム猫の体型に近く、線は細く、感情も繊細で不安定です。自由を愛するいっぽう、つねに飼い主の愛情を求めて求めまくりで満足することはない、困った子です。あせあせ(飛び散る汗)
お客様が来られて、ミルの姿をまともに見られた方はラッキーです。人見知りが激しくて知らない人の前には姿を現しません。

4/3新緑の中のミルミル
体毛は完全な黒ではなくて、
かすかに縞模様があります。
黒ヒョウもこんな感じでしょうか。

工房の3匹の猫のうち、外へ出入りできるのはミルミルだけです。
ちょっとしたことですごくストレスを感じる子なので、外出は欠かせないんですよね…(むぎとうり坊は完全室内飼いです)

なので、ときどきハンティングで獲物を捕らえて帰ります。
バッド(下向き矢印)ミルの「お持ち帰り」戦歴です。
4/3 ミルの戦歴の数々
昆虫系は関心ないみたいです。
トカゲ系、そしてネズミ、
たま〜に小鳥という感じです。

「お持ち帰り」があると玄関の外で呼ばわります。
そして、意気揚々と家に入るのですね…(むぎ君は獲物に大興奮します)

野ネズミはけっこう捕まえています。獲物は、地べた系が得意みたいです。
バッド(下向き矢印)よく捕まえる野ネズミさんはこんな子です。
4/3よく捕まえるネズミ

この2タイプのネズミを野っぱらで捕まえてきます。(でも食べませんね…お手玉にしてよく遊んでます) 
あまりネズミの種類は詳しくないのですが… なんというネズミかなあ。
ちょっと調べて、下の顔がとがったネズミは「トガリネズミ」とかという種類で、ネズミというよりモグラに近い生き物だ、ということを最近知りました。

ネズミさんたちは迷惑ですが、ミルのおかげで思わぬ生き物に出会えたりします。


実は、ミルが来てから1週間後に、ミルの兄ネコ、にぃーもうちに来て、兄妹で飼っていました。
でも1年半後のある日、夜遊びからにぃーだけ帰って来ず、その日の晩に近くの国道で死んでいるのを見つけて松本と連れて帰りました。
ちょうど福知山線の事故のと同じ日でした。
にぃーを庭の漆の木の根元に埋めながら、無力な飼い主であることが悔やまれて、猫でも死ぬとこんなに悲しいなら、事故で家族や友人を突然亡くした人はいったいどんな気持ちだろうかと思ったものです。
すでにミルの両親も兄弟もみんな死んでしまって、健在なのは一番小さくて弱々しかったミルだけになってしまいました…。
でも元気いっぱいのずうずうしい?猫になり、きっと家族のぶんまで長生きしてくれると思います。

明日は、むぎ君を紹介します。^^

posted by 宮崎佐和子 at 20:28| Comment(8) | TrackBack(1) |   工房のメンバー
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->