2008年04月05日

■漆の樽、ご希望の方にゆずります。

さて、突然ですが…。
いま工房の作業場所を広げるために、いろいろと片付けています。
「要るもの」「要らないもの」と分けていたのですが、場所を取っても捨てるのはちょっと…というものもけっこうあるんです。
そこで!
「私たちには場所塞ぎなモノでも、中には欲しいという奇特な方がいらっしゃるかもしれない」と思い、試しにご希望の方を募集します。^^

バッド(下向き矢印)これです。(クリックで拡大します)
4/5漆の樽
漆樹液が入っていた樽です。
(こんな空の漆樽、溜まる一方なんですよね…)

岩手のベテラン漆掻き職人、大森俊三さんの漆樽です。
1貫樽です。(1貫=約3.75キロ)
この中に漆樹液を入れているんですね。
この樽には、真夏の盛り漆が入っていました。
桶の腹に「風代」という字が書いてあります。
「風代」は桶の重さを示す言葉で、総量で計って漆本体の重量を知るため空の時に必ず書いておくものなのです。

4/5漆の樽2
ふつう、漆を入れる木桶はスギで作るのが一般的なのですが、これはウルシの木で作った樽なんです。
もちろん中は、漆がしっかり付いて乾いています。
大森俊三さんの採った「日本で最高」と松本が思っている漆です。


バッド(下向き矢印)中の様子です。(クリックで拡大します)
4/5漆樽の中
水漏れはしないと思います。(漆は漏れませんでした)
4/5漆の樽4
ふちの内側は、こんなふうに漆が乾いています。
4/5漆の樽6
樽の裏側です。

センスの良い方なら、インテリアや花入れにお使いになれるかも…。ご希望の方がいらしたら、お譲りしますヨ。
****************************************
サイズ/高さ・径とも21センチ前後
現品1個のみ
送料はご負担ください。

※注
現品お渡しとなります。樽の中の、乾き付いた漆のバリはたいへん堅いです。バリは先端が鋭利になっている部分があります。ぬかみそ樽など、手をつっこむ使用法を考えている方は、ペーパーでバリを取る等をしてからお使いください。

****************************************
ご希望の方は、その旨を下のコメント欄にお書きください。
その際、コメントの記入フォームにメールアドレスを書き込んでくださいね。
(コメント投稿しても、パソコン画面上にはアドレスは公開されないのでご安心を。管理者だけが閲覧できますので、追ってお返事します)
欲しいなんていう方は、ごくまれだと思います。(笑)
なので抽選とかはせずに、最初に名乗り上げた方に、差し上げたいと思います。

…そんな奇特な方がおいでるのかなああせあせ(飛び散る汗)とも思いますが(←松本はいないだろうと言う)ものは試しで。
どうぞよろしくお願いします。^^

※終了いたしました。ありがとうございます☆


ランキング参加中、毎日クリック→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング

posted by 宮崎佐和子 at 22:36| Comment(12) | TrackBack(0) | ■ お知らせ
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->