2008年04月20日

■竹内義浩さんの漆の個展です。

昨年の日本うるし掻き技術保存会の長期研究生の竹内義浩さんから、個展のお知らせをいただきました。
竹内さんは、この「和うるし日記」で、浄法寺の漆掻きだよりとして漆掻きの様子をお知らせしてくださったのですが、やっと地元に戻り漆掻きの経験も糧に新たな世界をつくっています。
4/20 竹内さん個展
竹内義浩 漆芸の旅
会期/5月8日(木)〜12日(月) 9時〜18時 ※最終日は15時まで
会場/かんてんぱぱホール
   長野県伊那市西春近 tel 0265-78-5107


うーん、見に行けないのがとっても残念です。
お近くの方は、ぜひ足を運んで下さるとうれしいです。


そういえば、日本うるし掻き技術保存会から昨年の研修報告書が届いています。
4/19保存会報告書
バッド(下向き矢印)長期研修生だった竹内さんの明細な報告が興味深いです
4/20 報告書
もちろん、短期研修生で行った京都の木工家の臼杵さんも、漆掻き体験記を寄せてくれたmaさんも、ちゃんと載ってます。^^

今年も長期研修生の男性が、体験記を報告してくれることになっているんですよ。
また近々ご紹介したいなあと思います。

さて、浄法寺はにわかに活気づいているので、とても楽しみです。
今まで教育委員会内に置かれていた保存会ですが、この4月から二戸市浄法寺総合支所内に「うるし振興会」が新しく設置され、保存会事務局もうるし振興室が担当することになりました。
これからの活躍にますます期待がかかりそうです。


…さて、ついでですが私の方も少し。
四国地方整備局の広報誌、いきいき四国の春号の表1に、私がコラムを寄稿しています。なかなか見本誌が届かなかったので、先日の郵送事故でなくなっちゃったのかも…とあきらめていたのですが、先日届きました。
(国土交通省の昨今の影響で、発行が遅れていたんだそうです)
四国の高速道路のサービスエリア等に置かれているそうなので、もしGWで出られた時とか見て下さると幸いです。


posted by 宮崎佐和子 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ お知らせ
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->