2008年06月08日

■本間さんの浄法寺の漆かきだより1

6月1日に浄法寺入りした、本間健司さん。
6月5日〜7日にかけて漆掻き研修の様子をお聞きしたのでお知らせします。^^

6月2日から5日まで、みっちり草刈(注1)&枝打ち(注2)をしています。かなりハードな作業でした。
仕事が終わって家に戻ると、ぐったり疲れてすぐ眠ってしまいます。いつも座ってろくろの仕事をしているので、いきなりの山仕事はちょっとこたえます。(笑)
今日も草刈の予定だったのが雨で急きょ道具つくりに。すくわれました…。<6/5 本間さん>


6/8道具
6/5に作った、漆掻きの道具たち。
左から、掻きヘラ、掻きカンナ2本、掻きカマ。


わあ、さっそく大変そうですね exclamation
さて、(注1)『草刈り』の説明をさせていただきたいと思います。
まず、漆掻きをする木のまわり、さらにその林の周囲は草が生い茂っています。最初にする仕事が、漆掻きをする木のある場所へ行くまでの通り道の確保・仕事をする漆の木の周囲のそうじとしての草刈りなのです。
つまり、「今年の仕事場の環境を整える」作業の一つなのです。

さて、次は(注2)『枝打ち』について。
漆の木は、建築用のスギ等とは違いたいていは枝の整理はほとんどせずにのびのびと育ちます。そして、いよいよ漆を掻く年になると、作業に邪魔な枝は取り払って、作業スペースを確保するのです。
いずれも、仕事を始めるための大事な仕事です。


明日から、いよいよメタテ(注3)します。漆山の写真を撮って来ようと思います。<6/7 本間さん>

ついに、今日から漆掻きが始まったんですね。^^
(注3)『メタテ』とは、いちばん最初に付けるキズのことです。
最初の「うったて」みたいなものでしょうか。
もちろん、幹のどこにでも付けるものではありません。木を見立てて、いちばん最適と思われる部分につけます。
これも奥が深く、説明しだすとたいへんなことになるので、ほんのさわりだけで…。
メタテでは漆を採りません。
実際に漆を採るのは、もう少しキズを重ねて、木が戦闘体勢になってからです。

何はともあれ、気をつけて。
写真が来るのを楽しみにしていようと思います。

posted by 宮崎佐和子 at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) |   本間さん研修報告(2008年)

■作品展に向けて。

6月に入って、1週間経ちました。
そろそろ、17日からの作品展に向けての作品作りをまとめていこうと思います。

ちょっとバタバタしていますが、写真を少し撮りました。

バッド(下向き矢印)梅紋のお椀。6/8お椀
入れ子の5組椀のうちの一つです。
上塗り完了しました。ムード 


バッド(下向き矢印)めんぱの二段重です。
6/8めんぱ丸重箱
こちらはもうちょっとかな


バッド(下向き矢印)フリーカップたち。
6/8カップ
上段のフリーカップは、セットになる予定の子たちです。

ぱぱっと撮ったものばかりで、すみません。
どれもあともう少しなんです。ちゃんと仕上がるのが楽しみです。


今日もクリック^^…iモード →  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング
posted by 宮崎佐和子 at 20:44| Comment(2) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事

2008年06月07日

■かゆいよう…。2

昨日のかぶれの後日談です。

バッド(下向き矢印)右手首、昨日の状態よりもひどくなりました。あせあせ(飛び散る汗)
かぶれ
…もちろん、私がかゆさに負けて掻いちゃったからなんですが。
(ホント、じくじくかゆいです〜)
あと、足もかぶれていることが分かりました。けっこう広範囲みたいです。こんなにかぶれるのは久しぶりなので、さすがにちょっとブルーになってきます。


バッド(下向き矢印)そうそう、『手』が面白いことになってるんですよexclamation
(クリックで拡大します)
6/7手
分かりますか?? なんかおかしなことになってます。笑
ええと…どういったらいいのでしょう。
しいて言えば『脱皮中』みたいになっています、漆のせいで。

バッド(下向き矢印)もっとアップします。(拡大します)
6/7手
手の表面についていた漆の薄いフィルム状になった膜が、浮き上がってはがれてくるんです。おもしろ〜い!
ノリがついて乾いた後の指を思い出していただければ…。あんな感じです。

それにしても不思議ですよね…。
確かに昨晩は手のひらに漆がついた状態でしばらく仕事をしてしまいましたが、そのあと手をローションで洗っているんです。
でも手のひらの皮のごく表面に浸透した漆は、同化してしまい落ちなかった、という感じです。何度洗浄してもなんだか手のひらがぬるぬるしてスッキリしませんでした。(その手で顔とかさわってかぶれが広がりました)
今日になって、手のひらがちょっと固くなり、薄い漆のフィルムが剥がれてきて…。もちろん、ちっとも痛くなんかないですよ。^^
ちょっぴり脱皮中のトカゲみたいな気分です。

私の場合は、こんな現象がよくあるんですが、松本に言ってみせるとすごくびっくりしていましたexclamation
松本はこんなになったことないそうです。
そういえば、私も中国産漆ばかり使って仕事していた時には、手に漆がついてもこんなふうにならなかったな。
浸透性がいいと言われる日本産漆ならではの仕業なのかもしれませんね。


posted by 宮崎佐和子 at 23:58| Comment(10) | TrackBack(0) |   漆かぶれについて

2008年06月06日

■かゆいよう…。

今日のタイトルからお察しかと思いますが、かぶれています。
けっこう広範囲です。久しぶりかも?

もちろん予兆はありました。
ここ数日、顔にかかる髪の毛がちくちくうっとうしく、かゆく感じていたんです。かなり過敏になっていて、「あ…なんかやばいなァ」と思い、昨日は美容院に行ってきました。
(そんなのはぜんぜん効かなかったんですが ^^;)
気候もかぶれやすい時期だし(梅雨時)最近は、体調もそんな方に向かっていたと思います。

はっきりかぶれているのは、両手、顔、耳たぶでしょうか。時に、手首とまぶたがひどいかな?

バッド(下向き矢印)左手首のかぶれです。(拡大します)
6/6漆かぶれの私の腕
こっちはとても軽いです。ぜんぜんかゆくありません。
毛穴がぽつぽつ赤く腫れてますよね。これが進行するとつながって大きなかぶれに出世していきます。
(あ…指の間に漆がついたままになってますね)

バッド(下向き矢印)お次は、まあまあきている右手首さんです。
6/6漆かぶれの私の腕2
けっこう腫れてますねえ。
いちばん赤くなっている手首は、私にとっていちばんかぶれやすい部分です。でも、ぜんぜんかゆくないです、不思議。

バッド(下向き矢印)もう一枚。セルフで右手を撮るのはけっこう大変あせあせ(飛び散る汗)
6/6漆かぶれの私の腕3
これはお昼に撮ったので、今はもうちょっと進行しています。


もちろん写真でお出しできませんが、顔もけっこうすごいらしいですexclamation
朝、起きた時に顔に違和感を感じて「あ、なっているな」と思いました。
自分で鏡を見る前から松本が「顔がお○さんみたいになっとる!」と騒ぐので、「へえ、そんなにすごいんだ」とドキドキして鏡を見たら…

ぜんぜんたいした事ありませんでした。
良かった… 松本は大げさすぎます。笑

でも、いちばんカユいんですよね…ふらふら
まぶたと耳たぶがすっごくかゆいです。
まぶたは、さすがの私も腫れが大きくなるのが嫌なんで掻きませんが、耳たぶはけっこういじってます。(だってかゆいんだもん)
(↑人には『掻くな』と行ってるクセにあせあせ(飛び散る汗)
ピアスをしているので、よけいかゆいんだと思います。

原因は、間違いなく昨晩寝る前にした木地固め。
仕事がけっこうたくさんあって、ビニール手袋をしてましたがやっぱり肌に浸透していました。
いくらローヤルで洗ってもスッキリしなかったのですが、「まあいいや」と思って床につきました。
その手から、まぶた、耳へと移っていったんですね、なんて分かりやすい…。
だから、こうなるのは当然なんですね。

まあ、おさまるまでじっと待ちます。笑

6/6菓子切り
そういえば菓子切りが完成間近です。ムード




posted by 宮崎佐和子 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) |   漆かぶれについて

2008年06月05日

■「さゆり/アーサー・ゴールデン著」

さゆり/アーサー・ゴールデン


原題『Memoirs of a Geisha』。
ニューヨークで余生を送る、昭和初期に全盛を誇った元芸妓、さゆりが自身の人生をで口伝したメモワール。
祇園に売られた貧しい漁師の娘が、悲しみや理不尽に翻弄されながら『ある出会い』で強く生きる決心をし、やがて誰もが目を見張る美しい芸妓に変っていく。そのさまには心奪われるものがあります。
祇園の風景、置屋(芸妓が住む、家制度の所属事務所)の暮らし、お座敷、芸妓どうしの確執、彼女らの着る着物… それらがさゆりの京言葉でリアルに語られ、当時の祇園の美しさ賑やかさはかくや…とつい思い描いてしまいます。(特に着物の柄、色彩の描写が微細で、読んでいると華麗な織がついつい脳裏にうかびます)
日本語訳の本書は、訳者の小川氏の巧みな訳と、芸妓さんたちの京言葉や祇園ことばの監修により磨かれて、たいへん完成度の高いものになっています。
「さあて、どこから話しまひょか?」
といったさゆりの心地よい京言葉で語られ、あまりの人間くささに読んでいる最中は私も実話だと思い込んでいたんですが、実は巧みなフィクションなんですね。してやられました。読んでいて最後までだまされた人もけっこう多いと思います。笑
(あとがきで『モデルはいない』と書かれていますが、やはりゴールデン氏が取材し、ヒロインの原型とした実在の日本女性がいるそうです)


さて、本作といえば2005年に映画化されましたね。

SAYURI
主演:チャン・ツィイー

きっとごらんになった方も多いと思います。
…やはり日本では酷評が多いようですね。事実、私もそうです。
やはり外国人の女優さんでは着物の立ち居振る舞いに品を感じません。先輩芸妓の初桃さんの性悪ぶりが西太后か何かみたいだし…。髪型も中国風、メイクもアレンジしすぎて芸妓さんっぽくないし、演出も神社の鈴を振ると鐘を撞く音がする(!?)しで、なんだかさんざんでした。
…と観た当時はそう思っていました。

でも、あれからすこし経って今は感じ方が変わっていることに気づきました。
外国人のクリエーターたちが集まり「日本の素材」を使って作品に仕上げると、ああなったのではないかと。もちろん、日本文化を調べ尽くした上です。
日本人が観ると、違和感だらけですが、そのことは承知のうえのことなのでしょう。全世界に向けて発信するファンタジー作品としてはなかなかのだったのではないでしょうか。
…ファンタジー、そう、本書の「さゆり」もアメリカ人男性の書いた美しいファンタジー小説なんですね。

※文藝春秋/1999年発行

ランキング参加中、毎日クリック→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング
posted by 宮崎佐和子 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ BOOK

2008年06月04日

■ネコさんのヘン顔。

おやつに「草」を食べるのが、すっかり日課になっているむぎ君とうり坊です。

6/4ネコ
うり坊もむぎ君をまねて
草を食べるのがうまくなってきました!


さて、草のおやつ食べは、私の娯楽の一つにもなっているので、ネコさんも必死です。最近は『パン食いレース』のような形相を呈して来ました。


バッド(下向き矢印)けんめいに食べるネコさんのヘンな顔です。(拡大します)
6/4ネコ

…けっこう怖い顔をして食べてます。がく〜(落胆した顔)


…やっぱり、草喰いはむぎ君に天性の才能がありますexclamation
奥歯でシャキシャキ噛み切ってあっという間に食べてしまいます…。うり坊はアゴ使いがうまくありません。(…といっても、『草』を食べる事に関してだけですが)


話は変りますが、6月だというのにほんとに肌寒いですね。
浄法寺にも最近霜が降りたという話をチラリと聞きましたし、日本文化財漆協会の植栽地も、先月霜の被害があったそうです。
とても気になる、夏の始まりです。

posted by 宮崎佐和子 at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | ■ 工房のネコ

2008年06月03日

■修理のお椀です。

4月に開催した岡山での作品展で、以前からのお客さまから、修理のお品をいただいていました。やっとそれにとりかかっています。
その椀がいい感じなので、ちょっとご紹介します。


バッド(下向き矢印)このお椀です。(拡大します)
6/3縄文黒孫椀
縄文黒のお椀です。初期のころの器ですね。(この縄文黒椀の小ぶりのタイプです)

6/3縄文黒孫椀
漆はもちろん、うつわが好きな方なんです。おそらく買われて5年くらいたっているのでしょうか。
とてもきれいに使って下さってます。

6/3縄文黒孫椀
裏はこのようになっています。


…そうそう、いったいどこに故障があったのかといいますと…。

バッド(下向き矢印)この口の部分なんです。
 (もう漆でつくろっていますが)
6/3縄文黒孫椀
お客様ご自身が、テープを貼って位置を記しています。
この部分の漆が、少し欠けていたんですね。


この縄文黒のお椀は、乾漆なみに漆を使っていまして、厚みもはんぱじゃないんですね。なので、堅い漆の厚みの部分が何かのおりに欠けてしまったのです。
木地はいっこうに問題ないので、少しの補修でキレイに治ってしまいます。
これができるのも、下地からちゃんとした漆(うちの場合は無溶剤の日本産漆)を使ってきちんと仕事をしているからなんです。



さて、6月になったというのに昨日から寒いです。たらーっ(汗)
片付けてあった長袖の服をまた出して着てしまいました…。(押し入れからヒーターも再び出しました。結局あまり使いませんでしたが)
こんなに冷えるものなのでしょうか…?
ことしの天候はどうなるのかなあ。天候は、当然ながら採れる漆樹液にとても影響があるので、ものすごく気になってしまいます。


毎日楽しみにしてます^^→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング

posted by 宮崎佐和子 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事

2008年06月02日

■漆椀とヨーグルトのデザート。

最近、お椀でヨーグルトをよく食べるようになりました。
それにはちょっとしたきっかけがありまして…。
先日、実家からもらった、地元で作ったいちごジャムが美味しくて、そのジャムともらったヨーグルトに添えて食べるとなかなかよかったのです。
それ以来、ジャム添えヨーグルトをおやつに食べるのがお気に入りになってしまいました。

バッド(下向き矢印)で、写真も撮ってみました。ムード(拡大します)
漆椀とヨーグルト
もちろんスプーンは漆のスプーンです。

これはフリーカップではなくて、足のあるお椀です。が、やや小ぶりでフリーカップと容量は似ています。
※塗りは違うけどこれと同じ椀です。
高台があると、かなり雰囲気が変わってきますね。^^

漆
この木目が透けている感じが好きなんです。

このお椀は仕上がってから木地に難があるのが分かって、自宅用になってしまったものです。
1個しかないので、ここしばらくは使われずに置いてあったのですが、また気に入ってしまいました。あせあせ(飛び散る汗)これから時々使うと思います。





posted by 宮崎佐和子 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) |   今日の漆フリーカップ

2008年06月01日

■巣から落ちた子スズメさん。

今日はとてもいいお天気でした。晴れ
小鳥たちは子育てのシーズンですね。先日、工房の近くの電線にとまっていたツバメの兄弟をご紹介しましたが、今日はスズメさんです。
私の実家に、いまスズメの兄弟がいるというので見に行きました。

バッド(下向き矢印)この子たちです。(拡大します)
 兄弟が続いて、巣から落ちてしまったんです…。
6/1子スズメ
6/1子スズメ
最初は1羽だけ転がっていたのを母が拾ったのですが、続いてもう1羽落ちてしまい、兄弟そろって竹籠に入ることになったんだそうです。あせあせ(飛び散る汗)

よく助かったもんだと思います。
巣立ちまでもう少し、という感じです。ここまで大きくなると、もう人には懐かないだろうなあ。(スズメさんの手乗り、可愛いんです)

さて、巣から落ちちゃったこの子たちですが、ちゃんとお母さんが面倒みているんです。

バッド(下向き矢印)ちょっと写ってます、お母さん。(拡大します)
6/1スズメの親子
親鳥たちがせっせと餌を
運んでいるんだってexclamation

私たちがヒナに近づくと、親スズメはもう大騒ぎです。

最初は落ち込んでいたヒナたちも、今はすっかり元気になっているそうです。(でも、巣は屋根のてっぺんなので、人の手では戻してやれないんですよね…)
それにしても兄弟そろって巣からはみだすなんて、ドジというか、これから先もちょっと心配な子たちです。^^;


posted by 宮崎佐和子 at 23:15| Comment(2) | TrackBack(0) | ■ 日記
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->