2008年06月07日

■かゆいよう…。2

昨日のかぶれの後日談です。

バッド(下向き矢印)右手首、昨日の状態よりもひどくなりました。あせあせ(飛び散る汗)
かぶれ
…もちろん、私がかゆさに負けて掻いちゃったからなんですが。
(ホント、じくじくかゆいです〜)
あと、足もかぶれていることが分かりました。けっこう広範囲みたいです。こんなにかぶれるのは久しぶりなので、さすがにちょっとブルーになってきます。


バッド(下向き矢印)そうそう、『手』が面白いことになってるんですよexclamation
(クリックで拡大します)
6/7手
分かりますか?? なんかおかしなことになってます。笑
ええと…どういったらいいのでしょう。
しいて言えば『脱皮中』みたいになっています、漆のせいで。

バッド(下向き矢印)もっとアップします。(拡大します)
6/7手
手の表面についていた漆の薄いフィルム状になった膜が、浮き上がってはがれてくるんです。おもしろ〜い!
ノリがついて乾いた後の指を思い出していただければ…。あんな感じです。

それにしても不思議ですよね…。
確かに昨晩は手のひらに漆がついた状態でしばらく仕事をしてしまいましたが、そのあと手をローションで洗っているんです。
でも手のひらの皮のごく表面に浸透した漆は、同化してしまい落ちなかった、という感じです。何度洗浄してもなんだか手のひらがぬるぬるしてスッキリしませんでした。(その手で顔とかさわってかぶれが広がりました)
今日になって、手のひらがちょっと固くなり、薄い漆のフィルムが剥がれてきて…。もちろん、ちっとも痛くなんかないですよ。^^
ちょっぴり脱皮中のトカゲみたいな気分です。

私の場合は、こんな現象がよくあるんですが、松本に言ってみせるとすごくびっくりしていましたexclamation
松本はこんなになったことないそうです。
そういえば、私も中国産漆ばかり使って仕事していた時には、手に漆がついてもこんなふうにならなかったな。
浸透性がいいと言われる日本産漆ならではの仕業なのかもしれませんね。


posted by 宮崎佐和子 at 23:58| Comment(10) | TrackBack(0) |   漆かぶれについて
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->