2008年06月19日

■和うるし作品「めんぱ小判弁当箱」

めんぱ弁当箱
「めんぱ小判弁当箱」2008年6月制作 

木地固め/2006年 岩手県 大森清太郎/貴太郎の盛漆 (生)
すり漆(5回)/ 2006年 岩手県 大森清太郎/貴太郎の盛漆 (生)
中塗り(3回)/2006年 岩手県 大森俊三の末漆 (生)
       2004年 岩手県 大森俊三の裏目漆 (精製)
銀彩/2007年 岩手県 大森貴太郎の盛漆 (生)
上塗り/2004年 岩手県 大森俊三の盛漆 (精製)
木 地/曲げ輪・木曾ヒノキ  天板・木曾サワラ


新作のめんぱのお弁当箱です。
もちろん、保多織さんの袋付き。6月にできたものなので、さわやかな色合いの布をあつらえました。

バッド(下向き矢印)このお弁当箱、すごく小さいんです!
めんぱ弁当箱
とっても可愛いです。
お弁当、というよりおやつをちょっと入れておきたいっていう感じの入れ物なんです。

さて、新作のめんぱのお弁当箱たちは、中にちょっとした仕掛けがあります。

バッド(下向き矢印)こんな感じで、蓋をあけると模様が入ってます。
めんぱ弁当箱
これは切り抜いた和紙を貼ったものです。
和紙肌が浮き上がるよう、銀彩を施してます。


バッド(下向き矢印)これは大きめのお弁当箱ですが…。
  この表現、かなりお気に入りとなりました。
めんぱ弁当箱

それにしてもめんぱってすごくいいですよね。
軽くて、とても優しい気持ちになれます。
木地はヒノキやサワラが材料です。これらの針葉樹は、広葉樹系にくらべて、かなり柔らかいので丁寧にあつかってやる必要がありますが…。

バッド(下向き矢印)さて、新作たちには仕様書を付けています。
めんぱ弁当箱
この仕様書、今年から新作には付けるようにしています。どんなものかというと、釣り書きと言いますかその器がどんな漆を使ってどんな工程をふまえて出来上がっているかの明細なんです。

この仕様書、考えとしてはよいと思うのですが、作るのはなかなか大変です。(荷造りの直前に一気に作りましたが、頭がくらくらしましたあせあせ(飛び散る汗)
それでも、決して安価とはいえない漆の器、貴重なお仕事の漆を使わせていただいているので、なるべくどんな成り立ちで出来上がっているか、知っていただくためにがんばって続けてみようと思います。

どうぞよろしくお願いします。

今日もクリック^^…iモード→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング

posted by 宮崎佐和子 at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | ■ 和うるしの作品

■ご来場、ありがとうございました。

三越日本橋本店での作品展、3日がぶじ終わりました。

今日も大勢の方がお越し下さいました。^^
この「和うるし日記」を見て来られた方、本当にありがとうございます。
声をかけて下さるので、とてもありがたいです。
お名前やご住所の分からない方が多くて、お礼状がお出しできないのでこの場を借りてお礼申し上げます。(見てくださっているといいなあ…)

ふだん、日記を書く時はひとり画面に向かって、もくもくとして「こんな話、面白いと思う人っているのかなあ」とちょっと不安に感じることしばしばですが、読んで下さっている方に実際にお会い出来ると「わー、ちゃんと伝わっててよかった!」と、とってもうれしいです。
これからも、よろしくお願いいたします。

さて、連日立っているので、かなり足が痛くなってきましたが…たらーっ(汗)
明日もお待ちしております。わーい(嬉しい顔)

posted by 宮崎佐和子 at 23:35| Comment(2) | TrackBack(0) |   作品展の様子
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->