2008年06月30日

■本間さんの浄法寺の漆かきだより3

今年の日本うるし掻き技術保存会の長期研修生、本間健司さんから、昨日うるし掻きの様子が届きましたexclamation
もう、かなり『辺』※重ねる傷の数 が増えているはず…。
きっとうるし樹液もそろそろ採れていることでしょう… どきどき。

6/30 本間さんの掻き傷
いま4日でまわってます。最近漆山元気足りないかんじ…。四辺と五辺で出る量かわらず、150〜200g。<6/29 本間さん>

やっぱり、上手いです!
(本間さんは、本数は多くないですが地元の茨城でもうるし掻きをされていたんですよ〜)

傷は、もう5辺目に入ってるんですね。^^
↑コメントによると… いま、1日に採れる漆の量が150〜200g、ということです。(一日約50本くらいの木を手がけています)
本当にだいたいですが、この量はお茶碗に半分くらいの量でしょうか。
たいへんな作業なので、一日がんばったら「もっと量が欲しいなあ」と思うところだと思います。
でも漆のシーズンはこれから…
うんと出る真夏まで、しっかり仕事を続けることが大事ですね。

面白いのは、本間さんが先生のうるし掻きさん、佐藤春雄さんのことを「赤ペン先生みたい」と言っていたこと。
『こんな形にキズを付けなさい』と幹に下書きしてくれるそうなんですが、その印が赤なんだそうです。(ちなみに、大森俊三さんは『白チョーク』でした)
こんなベテランのうるし掻きさんに、教えてもらって、とても恵まれていますねえ…。

シーズンはこれから、ますます経過が楽しみです。^^


posted by 宮崎佐和子 at 20:49| Comment(2) | TrackBack(0) |   本間さん研修報告(2008年)
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->