2008年09月30日

■ふだん使っている漆スプーンです。

ごく最近になって、うちの食卓にやっと工房のスプーンが、まわってくるようになりました。ムード
そのほとんどが試作品やちょっと訳あり品なのですが、やっぱり木と漆のスプーンっていいです。「どれ使う?」と言いながら、選んでいるとちょっとだけ贅沢な気分になります。


バッド(下向き矢印)その中で、松本がよく使うスプーンです。
9/30スプーン
材はクリ、長さは約18センチ。


9/30スプーン
9/30スプーン
ほどよく刃物あとを残した木地です。
使い込んで、いい感じになってきています。

クリ材は、こうした小物によく使うのですが、ほんとに可愛らしい木です。漆によく合います。
いつか、クリ材のお椀も欲しいなあ…。


バッド(下向き矢印)先日ご紹介した大椀と、このスプーン。
9/30スプーン
9/30スプーン

この大椀は、お粥をいただくのによく使うんですけど、その時にこのスプーンがしょっちゅう登場します。
チャーハンとかにもいいし…。
よく活躍してくれる、いい子なんですよ。


さて、いつものごとく?ですが、工房の漆スプーンは激しく品薄です。そこそこまとまった数がそろうのは、1年のうちでもほんの一瞬なんですね。
一本一本手削りなので、量産できないのが辛いところ…。
でも、それも仕方ないかなあ、と最近思うようになりました。シビアな作りなので、もともといっぱい作れるようなものじゃないしなあ。
なので、毎日この漆スプーンが使えるのが、ますます贅沢に思えてしまう今日この頃です。


いつもありがとう…→  人気blogランキング
にほんブログ村
posted by 宮崎佐和子 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) |   漆のスプーン制作

2008年09月29日

■すっかり秋らしくなりました。

今、大阪の高島屋さんで作品展中ですが、次の仕事のため、私だけが先に工房に戻って暮らしています。
で、私は戻るとさっそくいつものように、実家で預けていたネコたちも連れて帰りました。(うり坊今回は大丈夫です)
今回はたった二日だけのお泊まりでしたが…。ここずーっと飼い主がばたばたしてあまりかまってやれず、しかも別宅に連れて行ったり戻したりの繰り返しなので、ネコ三匹はけっこう不満を溜めてます。あせあせ(飛び散る汗)
工房のおうちが大好きなうり坊なんかは、袋詰めにして実家の部屋に送り込んだ時には「え…がく〜(落胆した顔)」と裏切られたような?哀しい目をしていました。
工房の家に戻ったら戻ったで、ザザッとキャットフードを盛られてあとは放置状態なので、ネコたちは不満タラタラです。
…人間だったら、ぜったい不良になっていると思います。笑



さて、昨日からうんと冷え込んできましたね。
あまりの寒さに、ヒーターを出してしまいました。
そして野外の小鳥たちのさえずりもすっかり秋模様です。スズメたちのヒナも大人になり、大群で移動する時の重なったオーケストラのような鳴き声もそうですし、やはりヒヨドリが庭の木でさえずると「ほんとに秋なんだ」と思います。

そしてネコたちにも変化が…。(むぎ君を例に出します)

つい先日の様子。
4/4大開らきで眠るむぎ
あつい〜exclamation

今日の様子。
9/29むぎ君
さむい…


ほんとに寒いです。
毎年、冬はアラジンストーブが活躍していたんですが、灯油がすごく高くなってけっこうな出費でした。(アラジン、燃費がすごくいいんですが…)
温度管理は仕事のうちなんですが、今年の冬はどうしようか悩みます。ふらふら
しかも!
やっぱりというか、キャットフードも大幅値上りをしていましたよ。いつもヒルズさんのサイエンス・ダイエットのライトの大袋(9.07キロ)を買っているのですが、千円も値上りしてました。
おデブで尿石症のむぎ君に合わせて、三匹ともこのフードなんですが、あまりの値上りに私もお店の人もビックリでした。
…もうあまり値上りしませんように。

そんなこんなで、今晩はちょっとネコたちと遊んでやろうと思います。
大阪の方は、明日で最終を迎えます。午後5時で閉場となりますが、もしよろしければお立ち寄りくださいますと幸いです。


いつも励みにしてますムード →  人気blogランキング
にほんブログ村
posted by 宮崎佐和子 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 工房のネコ

2008年09月26日

■菊池泰司コレクション出品のお知らせ。

くのやさん

菊池泰司コレクション
「紬と刺し子とパッチワーク」
「藍と刺し子と古裂の切嵌」
「うるし Japan」

会期/10月1日(水)〜10月5日(日) 
会場/銀座くのや本店1階〜6階


****************************************

和装小物の老舗、銀座くのやさんのセレクト展です。
美しい刺し子や紬などとともに、漆作品が並びます。
コレクションは十数年ぶりの開催だそうです。その中でも、漆は今回初紹介で、大変力を入れて下さっています。
輪島を主とした新進気鋭作家8名の小箱、和装小物などの力作がそろい、たいへん見応えがあります。
宮崎は帯留、帯飾り、小箱を出品する予定です。


posted by 宮崎佐和子 at 20:22| Comment(4) | TrackBack(0) | ■ お知らせ

2008年09月24日

■毎日放送さんが取材に来られました。

高島屋大阪店さん(なんば)での作品展、ぶじ初日を迎えました。
さっそくご来場下さった方々、ありがとうございました。^^

1年ぶりの大阪の高島屋さん、行ってみると大がかりな改装工事中でビックリ。すっかり店内の雰囲気が変っていました。あせあせ(飛び散る汗)
会場の斜め向かいがリチャードジノリさんの店舗で、ジノリさんの洒落たカフェからコーヒーの香りが漂うのが好きだったんですが、カフェは離れた所に移動していました。
会場になる6階の特選和洋食器の特選サロンは、ウェッジウッドさんの向かいになります。
ご来場の際には、ウェッジウッドさんを目印にすると分かりやすいかと思います。


バッド(下向き矢印)さて、今日は毎日放送さんが取材に来られました。
9/24 取材風景

放送は夜6時からのニュース番組、VOICEさんの中で扱っていただきました。(放送は、もうさっそく終わっているみたいです)
それにしても、ニュースソースが満載の大阪で、こんなマイナーな?漆の取り組みの話をなぜとり上げてくださるだろうかと、嬉しいけど最初はちょっと不思議な感じでした。
でも、改めて昨今のニュースを見返してみると、偽装とか横領とか強盗とか…世知辛いものばかりなんですね。そんな中、少しでも前向きなものを感じさせる話題として、織り込まれたのでしょうか。
とりあえず、日本産漆をいろんな方に知っていただく機会が増えたのは、とてもありがたいことです。

さて、大阪に来たばかりで心名残りなんですが…。
私は、銀座のくのやさんのグループ展の出展を控えているため、先に香川に戻ります。
会場には、松本がでっかい体を揺らして?お待ちしておりますので、ぜひお相手をしてくださいね。


posted by 宮崎佐和子 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) |   作品展の様子

2008年09月23日

■高島屋大阪店での作品展のお知らせ。

大阪

和うるしの器展
9月24日(水)〜9月30日(火) 
会場/高島屋大阪店 6階 
特選和食器売場

めんぱ重箱、めんぱ弁当箱、お茶セット、椀、箸、箸箱、スプーン、アクセサリー等を展示いたします。
ほか、漆の木やウルシ樹液、うるし掻きの道具等の樹液採取にまつわる資料もお見せします。

****************************************

恒例になった、高島屋大阪店さん(なんば)での作品展です。
松本が実演台にて、木地作り(箸、スプーン)の実演をしております。
初日だけ、宮崎も会場におります。
もし来られましたら、お気軽に声をかけて下さると嬉しく思います。ムード

ランキング参加中→  人気blogランキング
にほんブログ村
posted by 宮崎佐和子 at 12:00| Comment(6) | TrackBack(0) | ■ お知らせ

2008年09月22日

■保存法の違う、ふたつの浄法寺漆。

いよいよ明日、大阪に入ります。^^

今日、ご連絡がありまして取材の方が会場に来られることになりました。
そこで、久々にビン詰めのなま樹液も持って行くことになりました。
なぜ最近持って行かなかったかといいますと、やっぱりちょっと怖いからです。
以前、分析のサンプルに欲しいと知人の方からご依頼を受けて、フィルムキャップに入れた阿波漆(少量の漆の持ち運びによく使われます)を郵便で送ったことがあるのですが… 
なんと先方に届いた時には、中身の漆がもれていたらしくあせあせ(飛び散る汗) 「これは漆テロだ」と、冗談混じりですがそう言われたことがあります。
もし漏れたら、なかなかやっかいな代物です。
十分に気をつけて持ち運びしないといけません。

バッド(下向き矢印)さて、今までは見本用にこれを持っていっていました。
9/22浄法寺漆
松本の採った浄法寺の漆です。
2000年の末辺(秋の漆)。

これは、採ってすぐにビンに封入した漆で、採った時からほとんど変化していません。なぜビンに封詰めしたかというと、当時は漆の保存法をいろいろ研究していた時代で、こんな実験もしていたんです。(今は、もうこの保存方法はしていません)
それを、見本にと当時は展示会場に持って行く事もあったんですね。

…さて、この漆はなかなかいい漆なんですが、かなりマニアックな漆なんです。
もしかしたら公共の電波に乗るかも?しれないし、「せっかくだからもっと分かりやすいいい漆を持って行こう」ということになり、急きょ同じ規格のビンをホームセンターで買ってきました。
そしてその新しいビンに、大森俊三さんの漆を詰めました。

バッド(下向き矢印)ふたつの浄法寺漆です。ぜんぜん違いますね。
9/22浄法寺のうるし2種
左が松本の2000年末辺漆、右が大森さんの2006年末辺漆です。
どちらも浄法寺産の荒味です。(クリックで写真が拡大します)


大森さんのうるし、とってもきれいです。ぴかぴか(新しい)
大森さんの採ったうるしにしては、そうコンディションの良いものではないんですが、漆がぜんぜん分からない方でも、この二つのビンのうちどちらかを選ぶとしたら右側を選びそうですね。笑
なぜ、こんなに違うのか、といえば…。
採取者の違いもありますが(松本は大森俊三さんの技術理論に傾倒しているので基本的には似た漆を採ります)、一番の要因はうるしが未発酵か、十分発酵しているかだと考えています。
このなまの樹液のつきものの「発酵」が漆の品質を左右する鍵だという考えです。

9/22大森俊三さんの末辺
まだ、詰めて数分しか経っていないのですが、もう木屑が底にたまっています。

この木屑を濾していない、なまの樹液を『荒味漆』と呼びます。
山から持ち出して大きなごみだけをざっと取った、なまそのままの原酒のようなうるしなんですね。
大森俊三さんは仕事もきれいで、この木屑があまり入っていません。とてもスマートなお仕事をされています。
(うるし掻きさんにもいろんな方がいて、中には『ごみが多い方がよい』と教えられて、木屑をたくさん入れている人もいます)
この木屑が少ない、というのは漆の品質を左右するポイントの一つになります。
漆の木にキズを付ければ、誰でも日本産うるしを一応採れることになりますが、こんなに品質のいい漆を採れるのはほんの一握りです。


バッド(下向き矢印)もう、沈殿が始まってます。
9/22大森俊三さんの末辺
わ…こんなに沈殿が早いのですね、大森さんの漆。
いつも使う分は茶碗に入れているので、側面からしみじみ変化を見るのは初めてかも。
これは本当、使うたびにしょっちゅうかき混ぜていないといけないなあ。がく〜(落胆した顔)
でも、上の松本の漆はほとんど沈殿していませんでしたが、でもこれはうるしが粘いからでないんですね…。(実はシャバシャバです)先ほども書いた通り、これはマニアックなうるしなんです。
なぜ、そうなのかの見解は、またの機会にご紹介したいと思います。


さてさて、漆は油(ウルシオール)と水分、ゴム質・糖などの有機物の混合液体です。イメージとしては牛乳のような感じでしょうか。(乳脂肪と水分、タンパク質等)
一般に売られている牛乳は、成分が沈殿しないよう均質化(ホモジナイス)していて、最後の一滴まで白い不透明な液体ですが、原乳は置いておくと乳脂肪が上に浮き上がってくることはご存知だと思います。
加工していない漆樹液も同じ現象が起こります。
品質のいい、さらさらのオイルのような漆はこの沈殿がとっても早いです。(こんなに早いとは思いませんでしたが…あせあせ(飛び散る汗)
この大森俊三さんの末辺漆、もっと時間が経つときれいに沈殿します。
なかなか興味深い絵になりますので、また後日紹介しますね。ムード

…改めて読み返すと、そうとうマニアックな?内容になっちゃいましたね。
うるし樹液の一面を少しでも知ってくださるとうれしいです。^^


さて、では大阪に旅立っていきます。
大阪の皆さん、よろしくお願いいたします。


いつもありがとう…→  人気blogランキング
にほんブログ村
posted by 宮崎佐和子 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) |   浄法寺うるしについて

2008年09月21日

■指物のお重箱を作っています。

いよいよあさっての秋分の日から、搬入のために大阪に行きます。
大阪展の準備はもうできているのですが、工房の制作は大忙しです。
このあとの、年末の催事に出す新作もどんどん準備しないといけないからです。このぶんだと、出発の間際まで仕事をしていることと思います。;;

そんな中、気もそぞろでなかなか作業中の写真を撮る余裕ができないのですが、制作中の重箱たちを少し紹介しますね。

バッド(下向き矢印)いま、こんなきゃしゃなお重を作っています。
9/21箱
今、下地中…。和紙肌にしています。

これは、長さ15センチ高さ12センチの小さなお重箱。小物入れに可愛いと思ったのですが、お料理の器にもなかなかよさそうです。ムード


バッド(下向き矢印)下地を待っている木地がこんなにいっぱいあります。あせあせ(飛び散る汗)
9/21箱
松本が楽しみにしている、八角形のお重箱も写っていますね。(八角形、意外ときれいなんです)

さて、角の重箱は作業工程がたくさんあって、かなり時間がかかります。そして、木地がきゃしゃなので注意して仕事をしないといけません。角の重箱は指物といって、薄い板を組み合せて作るかなりデリケートな木地です。
なので、ひきもの(ろくろでひいて作る木地が削り出しのもの 例/椿の丸重箱)の重箱よりも繊細でぴんと改まった雰囲気の重箱になります。
そう、ハレのうつわに近くなるのですね。


バッド(下向き矢印)ほら、こんなに木地がきゃしゃなんですよexclamation
下地が十分できるまで、取り扱い注意です。
9/21箱

この木地たちのいくつかを、年末の催事でご紹介できたらなあと思いつつ、がんばります。^^


今日もぼちっと…^^→  人気blogランキング
にほんブログ村



posted by 宮崎佐和子 at 21:10| Comment(71) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事

2008年09月19日

■心配な工房の貯水率。

早いもので、来週から大阪の作品展が始まります。
広島展から戻って1週間以上経って、やっと体調と仕事の調子が戻ってきました。涼しくなったし「これからばりばりできそう」と思った時には次の出張。ちょっと心名残りです。
しかも、この大阪展を皮切りに、10月も作品展(東京)とグループ展(銀座のギャラリー)の出品が続きます。我ながらこのスケジュールがちょっと怖いですが …秋は大忙しです。あせあせ(飛び散る汗)

さて、台風13号はですが、今日のお昼には過ぎていたみたいです。
9/19漆の木
すごい雨でしたね…。
香川県も今日の朝は、かなりの雨がたくさん降りましたよ。
その雨の勢いに「これで水不足解消かexclamation&question」と期待したのですが、肝心の早明浦ダムの近辺の山間部はたいした雨量ではなく、未だにダムの貯水率は0%なんだそうです。ビックリ。

それと関係あるのかどうか、ただいま工房の通帳の方も、限りなく早明浦ダムに近いです。
今日、輪島の木地屋さんにお支払いをしたら、こっちの方ももビックリするようなパーセンテージになっていました。がく〜(落胆した顔) うわ…どうしよう。
…って無粋なお話ですみません。
規模はミニマムですが、一応小さな事業になるので、出入りが激しくその端境でこのようなことがよく起こります。(こんな時、昔の人はきっと質屋さんを使っていたんでしょうね)
こちらも、大きな雨雲の到来を待つばかりです。曇り


バッド(下向き矢印)雨上がりのコンクリの上でご機嫌のミル。
9/19ミル

バッド(下向き矢印)何かを見つけたみたいです。
9/19ミル
たぶん、アマガエルかバッタを見つけたんだと思います。


バッド(下向き矢印)そして、今年初めてのヒガンバナを見つけましたexclamation
9/19ヒガンバナ

いつも思うのですが、本当にお彼岸の頃に咲くのですね。
この赤い色を見ると「秋だな」としみじみ思います。

励みにしてます →  人気blogランキング
にほんブログ村
posted by 宮崎佐和子 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ■ 工房のネコ

2008年09月17日

■茨城から今年の漆が届きました。

今日、うれしいことがありました。
茨城の漆掻き職人の飛田さんから、今年の漆が届いたんですexclamation

バッド(下向き矢印)これがその漆たちですよ。
9/17茨城の漆
今年はいろいろ使いたい事があって、盛り漆を五貫(約19キロ)お願いしていました。荷物は二つになっていますが、片方が三貫桶、もう片方が二貫桶ですね。

さて、中をあけてみると…。

ちゃんと漆桶が入っています。^^
9/17茨城の漆
もちろん、シビアな額の請求書も…。笑


9/17茨城の漆
飛田さんが苦労して採ってくださった、いっぱいの漆です。
今日はちょっとばたばたしているので、中身を検分するのは後日にすることにしました。ムード


国産漆をとりまく状況ですが、昨年から激変しています。
昨年から日光東照宮さんが、修復に大量の浄法寺漆を使うようになったので、国産漆はガソリン並の値上りをしています。あせあせ(飛び散る汗)
でも、もともと「国産漆は安すぎる」と思っていた私たちにとっては、漆が値上りするのはよいことだと思っているんですよ。(ちょっとやせ我慢も入っていますが… ;;)

がんばって働かなくちゃなあ〜。


バッド(下向き矢印)さて、今日のお届けものを嗅ぎつけて、あの男がやってきました。

9/17むぎ
検品係のむぎ君です。


9/17むぎ
くんくん…これはあやしいぞ。

9/17むぎ
荷物に乗っかって、検品するむぎ君でした。


きっと、茨城の飛田さんのお宅のにおいや、運送車のにおいがいっぱいして、猫さんにとってはすごい情報量があるのでしょうね。


ランキング参加中です→  人気blogランキング
にほんブログ村
posted by 宮崎佐和子 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) |   工房に届いた漆たち

2008年09月16日

■ふだん使っている大椀です。

食卓でよく使っている工房のお椀の一つに、大椀と呼んでいるものがあります。
形や大きさはいわゆる合鹿椀に近く、古い椀から形をうつしたものです。たっぷり入る大きなお椀というのは使い出があって、かなり重宝しています。

バッド(下向き矢印) これが使っている大椀です。
9/16大椀

この大椀は、朝お粥をいただく時によく使います。
ほか、うどんだったりちょっとした丼ものだったり。具がたっぷりの汁物に使うのも好きです。
何かと便利だったりするので出張先に持って行くことも…。
このお椀があると「なんでも食べられる」と思えて、ちょっと安心するんですね。


バッド(下向き矢印)さて、これは漆の入門として、よく登場する工房の漆フリーカップです。
9/16フリーカップ
小さいカップですが、意外と容量がありますよ。(計ると312cc入りました)

このフリーカップと比較すると…。

9/16大椀との比較
大椀の方は、725ccの容量がありました。

9/16大椀との比較
まったく大きさが違います。あせあせ(飛び散る汗)
(クリックで写真拡大します)



たっぷり入るお椀などのうつわは、使いたいと思ってらっしゃる方もたくさんおいでになると思います。
ただ、問題はといえば…。
かなり高価になることでしょうか。
木のうつわは、ほんの少しサイズが大きくなると、うんと価格がアップします。材料代が違うんですね。
木という大きさの制限が大きい素材を使うので仕方がないのですが。
土ものだと、かなり素材を自由に形作って余すところなく使えますが、木の場合は、そうはいきません。
私も研究生時代はそれがぴんとこなかったのですが、朱文筵工房さんで材からお椀の木地を取る様子を見せてもらって、やっとそれが分かりました。「わ!こんな大きな材から、たったこれだけのお椀しか取れないんだ ふらふら」とビックリしたものです。

木と漆のお椀は、それだけで贅沢なものですね。

9/16大椀
使っているもう一つの大椀。
朱溜で、また雰囲気が違います。



ランキング参加中です→  人気blogランキング
にほんブログ村
posted by 宮崎佐和子 at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) |   今日の漆フリーカップ
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->