2009年01月07日

■お嫁入りした、工房のお重箱のお正月。

お客様のところへ、昨年末に納品したお重箱
「ちゃんとお使いになれたかなあ‥」と気になって、年明けてからご様子をおうかがいしたところ、なんと写真付きでどんなお正月だったかを教えてくださいました。ムード

なかなか、お渡ししたうつわがどうなっているかを知る機会って意外とないものなのでとても嬉しく思いました。
OKをいただきましたので、ご紹介いたしますね。^^

バッド(下向き矢印)1年ほど前にご注文いただいて、やっと年末に納品したお重箱です。
1/7おせち
輪島の木地です。6寸サイズ(縦、横、高さとも約18センチ)の三段重箱になります。外黒内朱のすっきりした色の重箱です。
上塗りはもちろん、大森俊三さんの2004年の盛り漆(真夏に採った漆)。半艶消しの塗り肌で、落ち着きがあります。

さて、この中にはすでにおせちが入っているんですね‥!

バッド(下向き矢印)おせちの写真も撮ってくださいました。
1/7おせち
おいしそう‥。ぴかぴか(新しい)
シンプルな内朱がよく映えていると思います。


いまどき、本物の漆のお重箱(しかも純日本産漆)にお手製のおせちで迎えるお正月って、少なくなってきていると思います。やっぱりいいものですね。


バッド(下向き矢印)ついでに、お雑煮の写真も見せて下さいました。
1/7
こちらでは、おすましのお雑煮なんですね。

ほかの地域のお雑煮は見る機会がないので、新鮮でした。
(一度、食べてみたいなあ‥)
香川県は白みそのお雑煮なんです。(白菜、人参の具で、丸餅←しかもあんこ餅だったりします ;;)なので、白く濁ったお雑煮しか見たことがありません。

そして、実はこのお椀。
ありがたいことに、このお雑煮に使ってくださっているお椀も工房のものなんです。(これと同じ形の端反椀)この椀の刷毛目のついた朱溜の塗りです。
うちの食卓での愛用のお椀なんですが‥
かなりたっぷり入るものなんですね。

それにしても、お客様のおかげで、いいものを見せていただきました。^^ 
将来、メンテが必要になることがあるかと思いますが、よろこんで見させていただこうと思っています。ムード

ランキング参加中→  人気blogランキング
にほんブログ村
posted by 宮崎佐和子 at 23:53| Comment(4) | TrackBack(0) | ■ 日記
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->