2009年02月09日

■漆で金箔を貼る仕事。

少し前に、金箔を使う仕事をしました。
写真を撮りましたので、ちょっとご紹介します。ムード

バッド(下向き矢印)ケヤキのぐいのみたちです。
2/9 金箔1

2/9 金箔2
内側が金色だと、お酒が映えてとてもよさそうかな…と思います。^^
この金の上にさりげなく花を散らした絵をいれてもいいですね。
こうした金属(金、銀類)と漆はとっても相性が良いです。地金高の時でちょっと勇気がいった?のですが、昨年はプラチナ箔も仕入れたので、おかげでこうした箔仕事も表現の幅も広がりました。

バッド(下向き矢印)カエデ材の菓子切りです。
2/9 金箔3
シンプルな木地溜めにしていたのですが、なんとなく物足りなかったので金を貼ってみました。
2/9 金箔
ほんの少し、木地がちらっと
見えるように地を残しています。

これらのものは、この金箔の上に薄く溜め塗りにして仕上げる予定です。そうすると、この鮮やかな金色は漆の飴色の塗膜に覆われて落ち着いた感じになります。
うんと強度も増すんですよ。

バッド(下向き矢印)さて、こちらは竹のお箸です。
2/9 金箔
松本がつい出来心で?作ってみたお箸です。すごく細く、デリケートで作られています。がく〜(落胆した顔) (竹の節がアクセントになっているんですね)
2/9 金箔6
竹の素材感はしっかりと残っていますよ。

これは、仕上げにすり漆をほどこして、金色をなるべく活かしておこうと思います。

こうした「箔」を貼る時は、一般にはいわゆる「箔下漆」という商品名の調合された漆を下地に使っていると思います。
では、うちの工房の場合はどうしているかというと…。
手持ちの生漆の中から、適しているもの(薄く伸び、乾きが早くよく締まる漆)を探しておいて、それを使うんです。

こうした金箔貼りの仕事は、漆の仕事の中でもポピュラーなものですが、その効果は抜群です。本当に、がらりとその雰囲気を変えてしまいます。
こんな仕事は、うちは毎日するものではないので、ちょっと楽しかったですよ。

ランキング参加中→  人気blogランキング
にほんブログ村
posted by 宮崎佐和子 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->