2009年03月09日

■フリーカップの木地固め。

昨日は、灸まん美術館さんへ磯井正美賞展 2009の出品をしてきました。早いもので今年で、3回目の出展となります。
また、あらためてご紹介したいと思います。ムード


さてさて、今月またもやフリーカップの木地が来まして、大量に木地固めをしました。今回は300個あります。 3/8作業1
300個…いっきに木地固めです。
さすがにけっこう疲れるもんです。


バッド(下向き矢印)漆を吸わせ中の木地たち。最初の一回目は、ものすごく漆を吸います。 3/8作業2
何個かまとめて漆をほどこして置いて、充分漆を吸ったなと思ってから余分な漆を拭き切ります。

バッド(下向き矢印)使ったのは、2007年の大森俊三さんの末辺漆です。
3/8作業3
乾きが早くて締まりのいい漆なんです。
下地にはもってこいですexclamation

でも、あっという間に、茶碗のうるしが無くなっていきますよ〜(今回は2回以上漆樽から濾しあげたと思います)
でも、丈夫なうつわになるためには、ここで充分漆をほどこすのが肝心なんですよ。

バッド(下向き矢印)愛用の漆室(吉川室)もさすがに満員…。
3/8作業4


いつも楽しみにしてます☆→  人気blogランキング
にほんブログ村
posted by 宮崎佐和子 at 19:23| Comment(4) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->