2009年03月15日

■漆の苗を移植しました。

思い起こせば、3年前のこと…。
高松市内の田んぼに、漆の根を分根していたものが、実はあったりしました。あせあせ(飛び散る汗)

    バッド(下向き矢印)当時の様子です。
20060309-1.jpg
苗床にした田んぼ。道路沿いの三角地です。
下肥に牛ふん堆肥を梳きこんでいるところです。
20060315-3.jpg
分根の様子です。義母も手伝ってくれました。
ちゃんと芽が出て、可愛い苗になったんです。


しかし… いつの間にか十分すぎるほど大きくなっていたので「いつかちゃんと五色台の漆畑を植えなきゃ!」と思っていたのですが、そのタイミングを逃して、苗がずっとそのままになってました…。
ずーっと気になっていたのですが。ふらふら
新しく来た弟子がやる気まんまんなので、この機会に実習がてら苗木を五色台の畑に移植しました。


バッド(下向き矢印)3年前に、15センチくらいの根っこを植えたものが、もうこんなになっているんですよ。
3/15高松市の苗畑1
もう「苗」じゃなくて「木」になってますね。;;


バッド(下向き矢印)こんなに太くなってます!
3/15高松市の苗畑2

田んぼの土が肥えているので、苗木もよく肥えているみたいです。ちゃんと早く移植してやれば、もっと大きくなっていただろうな。

バッド(下向き矢印)で、松本がシャベルで漆の苗木を掘り起こしました。
3/15高松市の苗畑3
大きくなりすぎて、根が張っているので掘り出すのも一苦労…。

3/15高松市の苗畑4
何かの幼虫を発見。


なんとか掘り出したものの、上だけでなく、根っこも大きくなりすぎていました。
3/15高松市の苗畑5
ひげ根がほとんどない状態で、いきなり移植は難しそう…。

なので、今回は五色台の漆畑に「仮植え」しておくことにしました。そうしてまず移植可能になるまで、新しいひげ根を充分育てる方がいちばんよさそうです。

バッド(下向き矢印)今からお引越しする苗木たちです。今から山へ!
3/15高松市の苗畑6

3/15高松市の苗畑7
3年間、苗木を育ててくれた田んぼ。

この田んぼから、苗木は姿を消してしまいました。
でも、これで終わりじゃないんですよ。^^
今回、苗木を取り出したことで、この土地にたくさん切断された根っこが残りました。その切られた根っこから、新しい芽が出ていっぱい苗木が自然に出来るのです。
(そうです、漆の木は切ると増えるのです…恐るべし)

それでは、苗木たちの新しいお引越し先へ行きます。ムード

バッド(下向き矢印)五色台の畑です。(先日の写真)
3/11五色台の漆畑2
先輩の木はもっと大きいです。

新しく来た苗木たちは、この土地に仮植えしてなじんでもらいます。根が張りすぎて、太い根っこだけに短く切断された状態なので、そのまま本植えすると枯れてしまうのですね。
ここで休んで、新しく元気な細い根っこを十分出してもらいます。

バッド(下向き矢印)松本の指導のもと、新弟子が意気揚々と?仮植えします。
3/15五色台1
3/15五色台2
あれっ、この苗木は細いかな?と
思ってたら、田んぼから勝手に生えた
2番手3番手の兄弟苗なんだとか…;;

さて、この仮植えしたばかりの苗木たちは、半年もすれば根っこが伸びていると思います。
なので、秋にちゃんと植え直してやろうかな、と考えています。

ずっと気になっていたので、ほんと良かったexclamation
(同志が増えるのって、うれしいですね)
これからも、今まで忙しくてできなかったことを彼女にやってもらって、漆のことを学んでもらおうと思います。

posted by 宮崎佐和子 at 23:27| Comment(10) | TrackBack(0) | ■ ウルシの木の記録
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->