2009年03月23日

■漆室を作っています。

工房に弟子が来るようになって、もう10日になります。
ほぼ毎日通っていて、自分の作業環境つくりに励んでいます。今まで、松本と私以外の人間が工房で仕事をするような環境になっていないので、まず片づけしてスペース作りから始まり、作業机、椅子、道具置き場などができています。

そして、今日は「漆室」つくりをしていました。

バッド(下向き矢印)木工場に閉じこもって組み立て中です。
3/23漆室つくり1

「漆室」とは…。
漆は、塗ってそのまま放置していたのではなかなか乾きません。洗濯物や絵の具が「乾く」のとは、違うのですね。逆に、あたたかくて湿ったところでないと乾いてくれません。
そこで、条件に合った温度、湿度を保った状態の空間が欠かせません。その空間を人為的につくるのが「漆室」の役割です。
この「漆室」ですが、いろんな形や大きさの室があって、バラエティーに富んでいます。使い手の個性がよくあらわれる場所でもあるんですよ。^^

彼女の漆室は、卓上型の小さい物です。
装身具等の小物を中心に制作する予定なので、管理のしやすいミニ室になったらしいです。

3/23漆室つくり2
新しい温室度計も用意しています。


バッド(下向き矢印)で、今日いちおう形になりましたよ。
3/23漆室つくり3
新品の湿度計もセットしました。
おっ、なんだか仕事ができそうな感じです。

この室は、直接水を打たないで、濡れタオルを入れて湿度を入れる室です。金網が何段も入る仕組みになっていて、この1〜2段の網に濡れタオルを常時入れておくのです。湿度の強弱は湿度計を見ながらタオルの枚数を変えたりすることになるかと思います。

バッド(下向き矢印)弟子もうれしそうです。
3/23漆室つくり4
これで、作業机と椅子、道具入れなどを作ったのですが、やはり「漆室」ができるのは格別の嬉しさがあるようで…。すごく喜んでいました。
あとは、扉を付けなければ…。
でも、明日から松本が福岡に出張なので、戻ってくるまでおあずけになります。(残念ながら私に工作の指導はできないんです ;;)


バッド(下向き矢印)さて、今日のむぎ君です。すごく不機嫌でした…。
3/23むぎ
目がすわっています。ご機嫌ナナメもいいところ。

今日はずっとこんな感じで;; しかも、うり坊をいじめてばっかりでした。おなかがすいて気が立っているのかな?
最近はちょっと多めに食べさせているんですけど…。

3/23むぎ
ずっとふてくされて倒れておりました。

posted by 宮崎佐和子 at 22:17| Comment(4) | TrackBack(0) |   弟子の日記
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->