2010年03月13日

■亡くなった義父の漆の仕事。2

納期の近づいた仕事で、あいかわらずバタバタしている工房です。あせあせ(飛び散る汗)
そんな中ですが、今日、高松市の松本の実家に行ってきました。
亡くなった松本の父の仕事を見に行くためです。

今日、見てきたのは座卓の絵付けです。
なぜ、そう思い立ったのかというと…。
いま依頼されて手がけている仕事の方向の位置づけになると思い、松本の仕事の原点である、父親の仕事を再確認したかったのです。

久しぶりに入った松本の実家の仕事場は、主人を失って灯が消えておりましたが… 義母にも手伝ってもらって、やっと一枚の座卓の天板を探し当て、明るいところに出してきましたよ。


バッド(下向き矢印)座卓の天板(絵付けの部分の一部を拡大)
義父の仕事

朱描きの桜。
絵付けは、義父の仕事仲間の職人さんがしてくれたもの。絵付け以外の仕事は、義父が手がけました。
この絵付け、さりげないようですが、各所にその職人さんの師匠から受け継いだテクニックがちりばめられていて、惹き付けられるものがあるんです…。
松本は、こんな仕事も身近に見て育ったんですね。

ほか、義父のした仕事は、実家の工房の奥にたくさん仕舞い込まれているみたいです。
また、時間のある時にゆっくり探してみなければ。


さて…
お昼ごはんに、松本の実家近くの「花ぼんぼり」さんに行ってきました。
花ぼんぼり
花ぼんぼり
ランチの松花堂弁当。
ささやかですが、忙しい中の気晴らしになりましたよ。ムード

* * * * * * * *

そして…。
三月といえば、人生の転機のシーズンですね。
きっといつも日記をごらんいただいている方の中にも、ちょうど今、お引越しされたりお仕事が変わったりされて、お忙しくされている方もいらっしゃることと思います。
実は、いつも工房を応援して下さっている皆さまに、少し申しわけないお知らせがあります。(…と言いますと、なんだろう?っていう感じですが;;)
詳しくは、また、場を改めてお知らせさせていただきますね。
どうぞよろしくお願いいたします。

いつも応援ありがとう→  
人気blogランキング
にほんブログ村
posted by 宮崎佐和子 at 22:43| Comment(6) | TrackBack(0) | ■ 日記
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->