2010年03月22日

■「第27回香川の漆器まつり」に行ってきました。

「香川の漆器まつり」は、毎年3月下旬に開催されます。
今年は、連休の3月20、21日で、何年ぶりかなのですが、久々にこの地元のお祭りに行ってきましたよ。
今回は、その様子をご紹介しますね。^^

「香川の漆器まつり」は、香川県漆器工業協同組合さんの主催で、玉藻公園内(高松城跡)の披雲閣(ひうんかく)という高松市指定有形文化財の建物で行われます。
さまざまな香川漆器が、たいへんお手頃で求められ(原価に近いものもあります;;)、そして見事な広間でお茶会が開催されるということもあり、地元では愛好家の方々が大勢楽しみにして来られるんですよ。

では、いざ会場へ!

バッド(下向き矢印)玉藻公園の中にある披雲閣です。
香川漆器祭1香川漆器祭2

この「披雲閣」という建物、高松市指定有形文化財なのですが、たくさんの部屋や広間をを廊下で繋いだ大規模な建物で、とても格調高い佇まいなんです。
江戸時代、江戸城内の将軍の御殿や幕府の事務室にならって建てた、高松藩の藩主が居住や執政を行う御殿らしいです。
現在は江戸時代の建物ではなく、明治に立て直したものなのですが、お茶会や生花などのイベントなど、地元の人びとに愛用されているんですよ。

こんなシックなたたずまいの中で、「香川の漆器まつり」が行われています。

では、いよいよ会場へ…。

バッド(下向き矢印)展示会場。
 香川漆器組合の各店さんがブースでお店を開いてらっしゃいます。
香川漆器祭3香川漆器祭4香川漆器祭5
お客さまも真剣に品定めをしていますね。


展示商品は、座卓、棚、などの家具や、盆、茶托、花瓶などが多いです。(もちろん、お椀などもあります)
香川漆器の独特の技法の品々ばかりです。
蒟醤(きんま)、存清(ぞんせい)、彫漆(ちょうしつ)、後藤塗(ごとうぬり)、象谷塗(ぞうこくぬり)。
一口に「香川漆器」と言っても、やっぱりお店によって、微妙にテイストやラインナップに個性があるので、それらを一堂に見ることができて楽しいです。(展示即売)
「うそ〜、こんなに安いの? こんな価格で出して、お店さんは大丈夫なの?」とビックリの私です。



バッド(下向き矢印)そしてこんなコーナーも…。
香川漆器祭6香川漆器祭7
香川漆器祭8
蒟醤彫りの実演の職人さんです。
プロの技を話しながら見せて下さいますよ。


この「香川漆器まつり」、私達が行ったのが実は最終日の閉場一時間半前というぎりぎりの時間…。
最初は「さっと見て帰ろう」なーんて言ってたんですが、楽しくてあっという間に時間が過ぎ去り、ぜんぜん時間が足りませんでした。あせあせ(飛び散る汗)
(10年ぶり?に、彫漆体験もしたかったな〜)
そうこう言いつつも、亡くなった松本の父(香川の塗師屋さんでした)が手がけた大きな丸盆を偶然見つけたので、嬉しくなって買い求めました。ムード


バッド(下向き矢印)…といいつつも、ハズレなしの抽選会にちゃっかり参加していたりして。
抽選1抽選2
松本と二人分引いて、お箸とお椀をもらっちゃいました。ぴかぴか(新しい)



そうそう、「香川漆器まつり」と同時開催の行事の「玉楮象谷忌茶会」も根強い人気なんですよ。
このお茶会も披雲閣内で行われています。
茶会1

香川漆器の始祖、玉楮象谷…。
高松藩主のお抱えの天才塗師で、中国伝来の漆の技法を、たいへんな柔軟性で技術翻訳し、現在に伝わる香川漆器の技法を編み出しました。
つまり、香川の人にとって、漆の神様みたいな存在なのです。
この象谷翁を偲ぶお茶会(今年は第142回忌だそうです)は、毎年楽しみにして多くの方が足を運ばれます。

バッド(下向き矢印)お茶会の写真は撮れませんが…。
 使われたお道具をちょっとご紹介。
茶会2
蒟醤のお棗。
バッド(下向き矢印)古いお品です、かなりの珍品では…?
茶会3

加装は存清、木地は籃胎(細い竹ひご編んだ木地)の二段重。菓子器に出てきました。まろやかな角丸のフォルムです。エキゾチックな唐風の絵柄で、存清の特長の漆絵の線彫りは真菰打ちをしてあり、枯れた味わいがよい感じなんです。

ひさびさに、地元の漆器をたくさん見てなごまされました。
次に行く時は、油断せずしっかり時間をとっていかないといけないなあ。
この「香川の漆器まつり」は、毎年3月下旬に開催されています。
興味のある方は、ぜひ来年いらしてくださいね。


つぶつぶごはんさて… この日は「香川の漆器まつり」会場でバッタリ「五名畑」さんに出会い、晩ご飯をごちそうになってしまいました。雑穀のつぶつぶ料理なんです。肉や乳製品、白砂糖、卵などは一切使わない雑穀と旬の野菜の力強いお料理、心の中まであったかくなりました。

ランキング楽しみにしています →  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング
posted by 宮崎佐和子 at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) |   展覧会鑑賞・イベント参加
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->