2010年04月30日

■作品展、三日目です。

岡山での作品展、中盤の三日目です。
ご来場くださったお客さま、またご多忙のなかご連絡をくださった方、本当にありがとうございますexclamation×2


携帯で撮った写真で、画質は今ひとつですが…
ちょっと、会場の様子をお知らせいたしますね。^^


バッド(下向き矢印)めんぱ木地の作品群。
会場

お探しの方も多いお弁当箱も、サイズ違いで展示しています。
(サイズ違いでそろっているのは、珍しいです… 手間がかかって少ししか作れないので、もともとの在庫自体が少ないんです。)
めんぱの作には、それぞれの形に合わせた、香川県の伝統的工芸品の保多織さんの袋が付いています。ムード

11/17弁当箱の小を開けたところ
こんな感じです。



バッド(下向き矢印)そして、今回の助っ人。
会場2

工房のウルシの苗木さんです。
この子に助けてもらって「ウルシの木って、こんなですよー」と、お客さまにお見せしております。

いつも楽しみにしています☆→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング
posted by 宮崎佐和子 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) |   作品展の様子

2010年04月29日

■高松のウルシの苗畑を見てきました。

いま、岡山で作品展中です。^^ 

会場は私が主に在廊して、松本の方は工房の仕事をしております。
その一方の松本は、昨日ひさびさに高松に行く用事があったので(工房のある善通寺市から高松まで、車で一時間くらいかかります)高松のウルシの苗畑(新しく苗木を作る畑のこと)の様子が気になって、見てきたらしいです。


バッド(下向き矢印)苗の畑には、あちこちに芽が萌えでていました。
漆の芽2
切った根っこから新しく発芽しました。
…新しい苗木になりますexclamation


バッド(下向き矢印)この苗木もがんばっています。
漆の芽

発芽した、別の苗木ちゃんたちです。
(この子は不幸にも?草刈りの時に一度、切られてちゃった子あせあせ(飛び散る汗))チョンパになったその短い幹がそれを物語っています…;;
「今年こそ!」と再び芽を出したのですね〜〜。


それにしても…
ウルシの芽はハッとするような、力に満ちた赤色です。
ウルシの葉っぱが赤いのは、ほんとにこの新芽の時期の一瞬なのですが… 
木の生命力をあらわすような力強い色で、私はとても大好きです。ムード

posted by 宮崎佐和子 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) |   漆の植栽

2010年04月28日

■作品展の初日、無事スタートしました。

今日から、岡山市北区表町のギャラリー、テトラヘドロンさんで「和うるしの器と装飾品展」がはじまりました。
(天満屋岡山店さんのすぐ近くのとっても素敵なギャラリーさんなんですよ)
さっそくご来場くださった方々、本当にありがとうございますexclamation

岡山のお客さまと楽しくお話しするのはひさしぶり…ぴかぴか(新しい)
ついつい会話がはずんでしまいます。


バッド(下向き矢印)会場の様子をちらっと…。
テトラヘドロン会場
お椀たちと装飾品と絵画たち。


会期中は、宮崎が会場でお待ちしております。^^
(30日のみ松本が在廊する予定です)
漆おたく?の夫婦の、国産漆のうつわやアクセサリー、そして私の小鳥さんの絵画(漆絵)に、ぜひ会いにいらしてくださいませ。ムード


no-titleさて、こちらはご来場のお客さまからの差し入れのはらドーナツ。神戸に本店がある、おからや豆乳を使ったドーナツなんだそうです。
私ははじめて食べましたが… もっちりした食感のドーナツさんでした。素朴でちょっとなつかしいような味がしましたよ。

ランキング楽しみにしています →  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング
posted by 宮崎佐和子 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) |   作品展の様子

2010年04月27日

■岡山での作品展、はじまります。

明日の28日から、岡山のギャラリーart space テトラヘドロンさんで作品展がはじまります。(岡山では、2年ぶりの催事となります)

ぜひ、お越しくださいませ。^^


no-title
写真はフリーカップ
岩手県産うるし(浄法寺産)、国産トチ材
径10.8cm 高6.8cm



和うるしの器と装飾品 展

会期/4月28日(水)〜5月3日(月)
   AM11:00〜PM6:00(最終日はPM4:00まで)
会場/art space テトラヘドロン 
   岡山県岡山市北区表町1-9-44 2階
   TEL 086-223-3155

   (アイウェアカイロス2階)※MAP 1 ※MAP 2

椀、重箱、弁当箱、カップ、箸、スプーンなどのこだわりの生活の器のほか、帯留やブローチ、ペンダントなどの漆のアクセサリーを約200点を展示販売いたします。 
* * *

夫婦ふたりの小さな国産漆専門工房の作品展です。
ワイン通のごとくマニアックに選び抜いた、純粋な国産漆のみを使ったものづくりをしています。そんな漆を使った、強く美しい器と、帯留・ブローチなどの軽やかな装身具たちを、ぜひごらんくださいませ。作品はお気軽に手にとって、ごらんくださいますと幸いです。
作品群のほか、漆の苗木、漆かきの道具や映像など、国産漆に関する資料も展示いたします。


* * *


ちょうどGW中ですが、お近くにお越しくださった時にはぜひお立ち寄り下さいませ。心よりお待ち申し上げます。ムード

ランキング楽しみにしています →  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング
posted by 宮崎佐和子 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ お知らせ

2010年04月26日

■素材の一つ、竹をお見せします。

工房のネコ、ミルミルが毎日死守?している、工房の木工場。

11_14_miru_2_.jpg
いつも、こんなふうに鎮座してしています。


ここには、いろんな材を置いているのですが、その中の一つ「竹」をお見せしますね。^^


バッド(下向き矢印)松本が削ったマダケたち。
竹1
竹2

バッド(下向き矢印)これは、お箸入れになるんですよ。
7/2箸入れ和うるし作品「竹筒のお箸入れ」

これは、細い竹ですが…。
太〜い竹もあるんですよ。


バッド(下向き矢印)これなんか、けっこう大きいです。
竹4
孟宗竹です。
肉厚で、いい感じの素材です。
これでうつわを作ろうかな〜と思って、用意しているんですよ。

竹3
加工するその前に「油抜き」の処理をしなくてはいけませんが… ぼちぼとしていこうかなと思います。ムード

さて、明日は岡山展の搬入です。
最近、ずっと百貨店さんの会場ばかりだったので、ひさびさのギャラリーさん… いろいろ用意するものが多いんですが、う〜ん、楽しみです。


no-title今日のおまけ写真。どうみても、やっぱり横に成長しているように見えるむぎ君です。あせあせ(飛び散る汗) (そんなこと、ないにィ〜 猫




いつもありがとうございます→  
人気blogランキング
ブログ村美術ランキング
posted by 宮崎佐和子 at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事

2010年04月25日

■栗の木の箸置き。

箸置1
栗の木の箸置 



木目が個性的なクリ材。
そのクリを使った、すっきりした鼓型のお箸置です。

箸置2

クリの木目を素朴に出すために、漆をほどこすのは木地固め一回だけです。(金箔貼りを除く)
ここには4色を並べております…。
奥から溜、黒、朱、金溜です。


箸置

この形は、意外とない形で、とても使いやすいとご好評いただいております。
脇役のお箸置ですが、ちょっと気を使うと楽しいものですね。^^


ランキング楽しみにしています →  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング
posted by 宮崎佐和子 at 21:00| Comment(7) | TrackBack(0) | ■ 和うるしの作品

2010年04月24日

■マダの樹皮の木地づくり。

先日、樹皮で作ったペン立てをご紹介させていただきました。

3/6マダの皮はがし8← 材料は木の樹皮(マダの木の皮)。去年の3月に、材をゆでて皮をはがした時のものですね。
※マダの木の皮をはがしました。

今日は朝から、松本がこの樹皮を使って、いろいろ木地を作っていましたので、ちょこっとお見せしたいなと思います。^^


バッド(下向き矢印)ずら〜〜っとならんだこの樹皮たち…。
樹皮のうつわ1

わっ がく〜(落胆した顔)
不思議なオブジェのようなものが並んでいる〜〜。あせあせ(飛び散る汗)


樹皮のうつわ2


はがした樹皮たちはその後乾燥して、それぞれ自由なたわんだ形になっていました。
それをまた煮て柔らかくし…
うつわなどの木地に向くよう、きれいな円形に形を整えてやる作業をしたらしいです。
(円錐型の樹皮の両側にはめこんでいるのは「枠」です)
この枠、松本が一個ずつ樹皮の径を計って、ピッタリになるようにはめ込んでいます。

加工中→樹皮を茹でている様子です。(春冷えの最近、ずっと活躍中のアラジンストーブが一役買いました)

…なんだか、五右衛門風呂に入っているみたいかも??

樹皮のうつわ4

これらの樹皮は、よ〜く乾燥させておきます。
自然のものなので、いろんなサイズのものがあるんですが… それぞれに合せて、器にしたり、花器にしたり…といろいろ作ろうと思っています。ムード



ミルさて… これは野良猫の礫死体ではありません…あせあせ(飛び散る汗) 工房のネコ、ミルミルです。外でいろいろ作業をしていると、どこからともなく必ず現れて周囲をうろつきはじめる、じゃまな ミルミルちゃん…。カメラを向けると、大喜び? 余計なポーズをとってあちこちを転がります。;;

posted by 宮崎佐和子 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事

2010年04月23日

■「虫入り琥珀」の神秘。

琥珀や真珠が好きな私…。
(あんまりいろいろ持ってはいないんですが)
今まで、何度かご紹介してきたことがあります。
この有機質のジュエリーたちは、「漆」といろいろ共通点が多くて… そんな部分を見つけると、とても楽しくなって一人で盛り上がってしまいます。ムード

そんな私が、ひとつだけ持っている「虫入り琥珀」をお見せいたしますね。^^


バッド(下向き矢印)リングです。バルト海沿岸地域産出のもの。
虫入り琥珀1
虫入り琥珀5

透きとおったハチミツ色で、グリッタはほとんどありません。
…そして、ルースの端っこに小さな虫さんが…。ぴかぴか(新しい)


バッド(下向き矢印)指につけると、こんな感じになります。
虫入り琥珀3

…虫さん自体は、ぱっと見はほとんど目立たないんですが ;;
この子をつけていると、時々この虫さんと視線?が合って、うれしくなっちゃうんですよ〜。


さて、「琥珀」も「漆」と同様に、もとは木の樹液…。
(すでに絶滅した針葉樹と、現存の広葉樹というちがいはありますが)
天然樹脂らしい、あたたかさや軽さ、みずみずしさがあります。
これって、鉱物質のジュエリーにはない魅力なんですよね〜。

ビビっと目立つ、主張する存在ではないのですが、ホッと癒されるような、そんな優しさがあります。


虫入り琥珀2虫入り琥珀4

そして、この琥珀も古来から「まがいもの」が多い宝石でもあります。(人気者の宿命ですよね…)

この虫入り琥珀は、鉱山と直接取引している正規店のもの。
バルト海産のアンバーは、虫入りのルースはあまり産出されないそうなんですが、たま〜に小さな虫が入っているものがあるそうです。
そのほとんどが、いまは絶滅している虫さんだそうで、そう思うと3000〜4000万年前の虫さんと、当時のままの姿とご対面していると思うと、よりいっそう愛着がわきます。揺れるハート


…と、ここまで書いておきながら、この虫さん「あれっ、ハエだったかな?それともカ?」と気になった私…。(お店の人から聞いていたんですが、忘れてしまいました;;)

で、今回撮った写真をよ〜く見てみますと…。


バッド(下向き矢印)ハエさんでした。
虫入り琥珀6

数千万年前に、樹液にホイホイ状態になってくっつき、取り込まれてしまった、ドジなハエさんの姿です。(^m^)

こちらもどうぞ… 琥珀の話です。
    ↓↓
※オレンジ色の琥珀。
※グリッターたっぷりのグリーンアンバーのルース。
※「久慈琥珀」さんの琥珀のピアス。




うり坊さて、今日のおまけ写真。
冷え込んできたので、再びフル稼働のアラジンストーブ。そのストーブ横の「特等席」で、ねむねむになっているのはうり坊だったりします。

posted by 宮崎佐和子 at 19:00| Comment(5) | TrackBack(0) | ■ お気に入り

2010年04月22日

■岡山での作品展のお知らせ。

今月、28日から岡山のギャラリーさんで作品展を行います。(岡山では、2年ぶりの催事となります)

そのお知らせをさせていただきますね。^^


no-title


和うるしの器と装飾品 展

会期/4月28日(水)〜5月3日(月)
AM11:00〜PM6:00(最終日はPM4:00まで)
会場/art space テトラヘドロン 
   岡山県岡山市北区表町1-9-44 2階
   TEL 086-223-3155

   (アイウェアカイロス2階)※MAP 1 ※MAP 2

夫婦ふたりの小さな国産漆専門工房です。今年で10年目を迎えます。ワイン通のごとくマニアックに選び抜いた、純粋な国産漆のみを使ったものづくりをしています。そんな漆を使った、強く美しい器と、帯留・ブローチなどの軽やかな装身具たちを、ぜひごらんくださいませ。
作品群のほか、漆の苗木、漆かきの道具や映像など、国産漆に関する資料も展示いたします。



ちょうどGW中ですが、お近くにお越しくださった時にはぜひお立ち寄り下さいませ。ムード

ランキング楽しみにしています →  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング
posted by 宮崎佐和子 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ お知らせ

2010年04月21日

■むぎ君… リバウンドの嫌疑。

昨晩は、工房のネコ三匹が結集?して、なぜか大暴れしまくったので、あんまりよく眠れなかった私達です。もうやだ〜(悲しい顔)

さて、1年少し前、獣医さんに、
「この子は太りすぎだ… あかんむかっ(怒り)と言われていたむぎ君。(キジトラ、オス4才)
病院の体重計で、当時6.8キロもありました。でかっ!

そんなこんなで、カロリーオフのフードを少々…といった、強制的なダイエットでうんと体重を減らし(減らされて??)うんとスリムになったむぎ君ですが…。


バッド(下向き矢印)最近、リバウンドの嫌疑がかけられています。
むぎ1

むぎ、ちょっとこっちおいで!!

…う〜〜ん。

バッド(下向き矢印)やっぱり、太いような…。
むぎ2

なんか、お肉がガチガチに詰まっているんですけど;;

1年前の写真を出してみよう… ガサゴソ。


ありました。
これが去年、ダイエット前のむぎ君の姿。
2/6むぎ

バッド(下向き矢印)その後、一ヶ月かけてダイエットしたむぎ君の姿。
3/12やせたむぎ君
ぜんぜん体積が違うんです。


さて、今はどうなんでしょう??
また同じカゴに入れたら分かるかな。
人間の体重計に無理矢理乗せたら、6キロはあるみたいです。ゴハンの量は減らしているけど、最近ミルミルのゴハンをうまく横取りするようになったからなあ…。

よく見張っておかなければ。あせあせ(飛び散る汗)


タラの芽さて、先日松本が産直市で「タラの芽」を買ってきましたよ。タケノコと一緒に天ぷらにしましたが… おいしかったです。^^
「でも、ウルシの芽の方がもうっと旨かったな〜ぴかぴか(新しい)というのが、二人の一致した意見でした。※禁断の味・ウルシの芽の天ぷら

posted by 宮崎佐和子 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 工房のネコ
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->