2010年06月12日

■和紙貼りの仕事です。

初夏らしくさわやかな暑さが、香川県にも到来しました。
周囲も田植えで忙しく、耕耘機の音がにぎやかです。^^ 
来週から、西日本地区にも梅雨到来か?と予報されていますが…、降水の少ない香川県、いつもながら梅雨にどれくらい雨が降るのか、今からとっても気になっています。あせあせ(飛び散る汗)

さて、今日の私の仕事を少し。


バッド(下向き矢印)お重箱に和紙を貼っています。
和紙貼り1

たくさんパーツがあるでしょう?
これに、替え蓋が三枚付きます。子持ちの三段のお重箱で、とてもおしゃれな使い方ができるかわいいお重箱なのです。
昨年も一つだけ作っていたのですが、写真を撮る時間もなくお嫁にいってしまい… ;; 今回は早めに作っておこうと思います。


バッド(下向き矢印)小箱に和紙を貼る様子です。
和紙貼り2

箱の木地(指物)は、小さな板を組み合せた繊細な作りになっていますので、必ず布か紙で巻いて補強します。
私がいつも使っているのは和紙、明治時代の大福帳です。

これを糊漆(穀物粉を煮た糊と漆を混合したもの)で、しっかりと貼りあわせます。

和紙貼り3
木地と木地の継ぎ目を意識して、和紙を貼ります。

バッド(下向き矢印)あまった和紙は、短く切り取ります。
和紙貼り4_和紙貼り5
十分、糊漆が乾いてから、余分な和紙をのちほど切り取ります。ムード


バッド(下向き矢印)こうした仕事の時に、愛用するこの小さなハサミ。
ハサミ
松本が京都で買ってきてくれたものなんです。^^
ごらんのように刃先がたいへん細く、そして反っているので、こまかい作業がとってもしやすいのですよ。
ちょっとしたことで、仕事の仕上がりが大きく変わってきたりします。

さて、この夏の間に、どんどん仕事を進めたいな〜と思いますexclamation



へんなうり坊さて、今日のおまけ写真はうり坊です。
ヘンな匂いが大好きな?うり坊…。休憩中の松本のワキの匂いをかぎながら、一緒に寝ています。なんだか、お母さんネコのお腹に顔を突っ込む赤ちゃんネコみたいなしぐさなんですが、かわいいんだか変なのか…?? ちょっと悩むところです。あせあせ(飛び散る汗)


ぽちっとおねがいです^^→  人気blogランキング
にほんブログ村
posted by 宮崎佐和子 at 23:10| Comment(4) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->