2010年06月19日

■ウルシの切り株から、たくさんひこばえが…。

今日の香川県は、梅雨時の晴れ間で、暑くてムシムシした一日でした…ふらふら 
今年、ずーっとエアコンのスイッチを入れたことがなかったんですが、ついに「除湿作動!」させてしまった私です。あせあせ(飛び散る汗)


さてさて、今日はウルシの木の話です。
昨年、工房の庭のウルシの木を2本、研修のために漆掻きをしていました。

ウルシの伐採
漆掻きの終わったウルシの木は、12月に根本から伐採。
なんとも哀れな切り株が残りました…。

自然を愛する方からは「伐るなんてかわいそう」と言われたりする一方、ウルシ科の植物が大事な場所に生えてしまった方からは「こんな危ない木は伐ってしまいたい…」と思われる、なかなか難しい木だったりします。

…で、この切り株が半年経った今はどうなっているかというと…。


バッド(下向き矢印)こんなふうになっています。
うるしのひこばえ

真ん中にあるのが、中心の切り株ですね。
ちゃんと切り株から、次の枝が出ています。ぴかぴか(新しい)

で、見ていただきたいのが、その周囲の地面に生えている「赤い芽」なんですが…。
これ全部、漆のひこばえちゃん なんですよ〜。


バッド(下向き矢印)ウルシの根は、浅く広く張っているので… 切り株から離れたところにもたくさん芽がでてきています。
うるしのひこばえ2

梅雨が始まって、ますます増えてきたみたい…がく〜(落胆した顔)
この小さな芽を傷つけないようにしようと思うと、足の踏み場がないくらいです。;; 
(目視だけで、30本以上の芽が出ているのが分かります)

うるしのひこばえ3

このひこばえちゃんから、新しい苗木が取れるかな?

このように、ウルシ科の植物は伐採すると、数が増えてしまうんです。根っこの生命力が強いんですね。
この根っこの力が、ウルシの木の財産でもあるんですよ。


posted by 宮崎佐和子 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(1) | ■ ウルシの木の記録
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->