2010年06月21日

■国産うるしの樽です。

工房には、2000年産からの国産漆、それもいろんな産地、いろんな時期のものをいろんな状態で保存しています。
その中で、使用している漆についての詳細は、こちら をごらんください。^^

さて先月、松本が木樽の容器で保存している漆の一部を、容器の移し替えをしたりと整理しました。※移し替えの作業の様子

で、た〜くさんのウルシの樽が空になって出てきました。あせあせ(飛び散る汗)
空になった、漆の樽1漆室で乾かしている様子です。
取れる漆は取り切ったあとでも、樽の内部は漆でびっしょりで下手に触れませんから、こうして漆室で乾かしてやるのです。


バッド(下向き矢印)漆が乾いて、出てきた樽たちです。
ウルシの樽1ウルシの樽2

…これがけっこうな数なのですよ。あせあせ(飛び散る汗)
(場所を取るので、大きい樽の中に入れ子にして重ねまくっています)
これらの樽、中身がなくなればもう工房では用がないもので、いつ捨てようかと思いつつももったいなくて捨てられず、最近までゴロゴロと場所塞ぎで難儀していました。ふらふら

そこで、思いつきで、2年前からこの日記で「里親募集」をしてみたら、かなり好評でビックリexclamation
お願いはしてみるものですね… 世の中には、拾う神もあるんだな〜と思いました。

この子たちのうち、いくつかを、今年も「里親募集」をしたいなと思っていますので、興味のある方は楽しみにしてくださいね。ムード

以前の企画の様子はコチラをごらんください。
     ↓
※漆の樽、ご希望の方にゆずります。2008
※漆の樽、ご希望の方にゆずります。2009



ちびカマキリさて、工房の庭のウルシの木の周囲にもかわいい虫たちがいっぱいです。^^ 今日みつけたのは、今年のカマキリベビーです。私の手に乗って、不思議そうにしながらもせいいっぱい虚勢をはって可愛いです。ムード 手のひらの上の孫悟空みたいな感じでしょうか?

posted by 宮崎佐和子 at 23:46| Comment(10) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->