2011年01月14日

■神楽坂「虎白」の内装の仕事です。

先日、インテリア・建築雑誌のコンフォルト 2月号に掲載された…とお知らせした、内装の仕事をご紹介したいと思いますexclamation

昨年の秋、神楽坂の「虎白(こはく)」さん。
ミシュラン三ツ星の神楽坂「石かわ」を展開する、一龍三虎堂(代表取締役/石川秀樹氏)は、姉妹店である「虎白」を、昨年の9月にリニューアルオープンされたのはまだ記憶に新しいところです。

その時の内装の一部に、漆の仕事をさせていただきました。


バッド(下向き矢印)漆の引き戸です。
01_12_hikido_1_.jpg
photo 日暮 雄一

01_12_hikido_2_.jpg
photo 日暮 雄一

13枚の小さな漆の引き戸を、テーブル席と
カウンター席の仕切りにあしらっています。


漆の引き戸は、かぎりなく黒。
この黒と独特の表情は、超微粒子備長炭と国産漆で表現されており、工房では「縄文黒」と呼んでいます。
この漆と墨による古代の黒が、上質なざっくり感のある白っぽい土壁と、不思議な調和を見せてくれます。


01_12_hikido_4_.jpg
photo 日暮 雄一
01_12_hikido_6_.jpg
photo 日暮 雄一
カウンター側から。


01_12_hikido_5_.jpg
photo 日暮 雄一




雑誌コンフォルトで『虎白』さんが取り上げられていたのは「土壁」の特集。
オーナーが惚れ込んだというカリスマ左官さんの仕事によるさまざまな表情の土壁、無垢の木、和紙、そして漆。
有機質な空間は、しっとりと落ち着いた空気を生み出しているようですよ。


なお、以前も内装の仕事をさせていただいた、姉妹店の神楽坂『蓮』さん(※くわしくはこちら)が、ミシュランで星二つとりましたねexclamation
ミシュランガイド2011の298ページに『蓮』さんが掲載されているのですが、この時仕事をした引き戸も写真にしっかり写っていおります。合せてごらんくださると幸いです。ムード

いつも楽しみにしています☆→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング
posted by 宮崎佐和子 at 19:50| Comment(2) | TrackBack(0) |   内装の仕事の紹介

2011年01月13日

■香川県森林センターの漆の森。

う〜〜ん、寒いですね!
でも、これくらい寒くないと冬って感じがしないし、そして春に向けて眠っている植物たちにとってはいいんだろうなあと思う今日この頃です。^^

さて、香川県仲多度郡まんのう町の香川県森林センターには、漆の森があるのをご存知でしょうか?
昨年末、久しぶりに見てきましたので、ご紹介しますね。


バッド(下向き矢印)葉っぱがなくて寒々しいですが…。あせあせ(飛び散る汗)
香川県森林センター 漆の森1
木は、ものすごくノッポになっていましたexclamation

バッド(下向き矢印)ちなみに葉っぱのある時(去年の5月)の写真はこちら。
P1050585.jpg
植えているウルシの木は、徳島産(阿波漆)です。

植栽が行われたのは、平成15年(2003年)の3月…。
だから、もう8年近くになるんですね。

バッド(下向き矢印)ほら、こんなに幹が太くなってますよ〜。
香川県森林センター 漆の森4

松本いわく「浄法寺の研修林なら、もう漆掻きに使っている大きさ」なんだそうです。
やっぱり暖かい四国、木の生長も早いんですね。
また、森林センターの土のコンディションがいいのも関係していると思います。



そして、漆の森の奥にある、別のウルシの木もお見せしたいな〜と思います。ムード
それは以前、松本が文化庁の研修に全国行脚をしてウルシの木の調査をした時に集めた、日本各地の苗木を植えたものなんです。

 植えたのは、5種。

(1)北海道網走市/大野明さんより
(2)東京青梅市/朱文筵工房さんより
(3)茨城県山方町/神長正則さんより
(4)奈良県吉野郡西吉野村/瀬古さんより
(5)長野県鬼無里村/和田佐七さんより


平成18年(2006年)3月に植えました。※レポはこちら

バッド(下向き矢印)ほら、この子たちもけっこう大きくなってるでしょ?
香川県森林センター 漆の森2
…ちなみに、この苗木の出身地は…。

バッド(下向き矢印)茨城県、神長さんからのウルシさんでした。ぴかぴか(新しい)
香川県森林センター 漆の森3

やっぱり、北方よりも南になる産地のウルシの木の方が、生育の状態は良さそうですよ。
昨年の夏はものすごい猛暑でしたが…。
今年は順調な天候で、しっかりこの子たちに大きくなってもらいたいなあ〜と思います。ムード

ランキング楽しみにしています →  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング
posted by 宮崎佐和子 at 18:52| Comment(2) | TrackBack(0) |   漆の植栽

2011年01月12日

■モスリンの端切れがとどきました。

全国的な冷え込みだそうですが…。
工房の中は、2台のアラジンストーブのおかげでぽかぽかです。晴れ
(もちろん、猫さんのたまり場になっています)

さて、今日は観音寺の業者さんに頼んでいました、モスリンの端切れが届きましたので、ちらっとお見せしたいなと思います。


バッド(下向き矢印)ダンボールいっぱいの端切れです。
モスリン1
わ〜、かわいい色と柄の端切れがいっぱいですよexclamation
たぶん、どれも長襦袢だったものをカットしたものだと思います。
やや薄めのハリのある木地です。

バッド(下向き矢印)モスリンは羊毛の単糸で平織りした薄地の織物のこと。
モスリン2
工房では、箱ものの布貼りなど、木地の下地に使うつもりです。

さて、このモスリンという木地。
私はちょっと郷愁を感じてしまいます…。
少し前までは日本でもいろんな服に使われていたそうですが、現在では日本のごく一部しか流通していないそうで、だからちょっとレトロなイメージの布なんですね。

「モスリン」というと、スカーレット・オハラの緑色のモスリンのドレスを思い出してしまいます。(とてもきれいでしたよね)
100〜200年前の時代が舞台の小説は、よくヒロインがモスリンの衣装を着るシーンが多いように思います。

きっと美しいだけでなく、快適な素材なんだなと思います。


バッド(下向き矢印)こちらは、シルクの羽二重。
モスリン3
松本が実家からもらってきたものです。
(松本の母のコレクションより、和服の裏地)


松本が、「そろそろ乾漆をつくろうかな〜」と言っているので、たぶん乾漆の素材としても使われると思います。ぴかぴか(新しい)



うっちゃんさて、今日のおまけ写真はうり坊です。
永遠のライバルだったはずのむぎ君が、ずうずうしくくっ付いてくるので、逃げて来ました。
大アクビで「今からくつろぐぞ〜」ときっと思っているうっちゃんです。

いつも楽しみにしています。^^→  人気blogランキング
にほんブログ村
posted by 宮崎佐和子 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) |   道具

2011年01月11日

■掲載のお知らせ。

昨年、東京のお店の内装のお仕事を一件しました。
そのお店が、インテリア・建築雑誌のコンフォルト 2011年2月号(1月6日発売) さんに掲載されましたので、お知らせいたしますね。^^

コンフォルト

神楽坂の「虎白 (こはく)」という和食のお店の内装の一部に、漆の仕事をして納品していました。(36、37ページ)
インテリア性の強い引き戸です。

大きな誌面で取り上げていただき、誠に恐縮です。
もしお手元に本がありましたら、ごらんくださいますと嬉しいです。


posted by 宮崎佐和子 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ お知らせ

2011年01月09日

■金箔の入れ子四つ椀です。

冬らしい、寒い日が続きますが、今年の香川県の冬はお天気のいい日が多いです。
風は冷たくても、日射しが意外と強いので油断すると日焼けしそうな気がします。あせあせ(飛び散る汗)

さて、今日は金箔を貼ったお椀をお見せしたいなと思います。^^


バッド(下向き矢印)入れ子の四つ椀です。
01_09_kinpakuwan_1_.jpg
入れ子椀の木地←約1年前に仕入れた木地ですね。
こんなふうに入れ子になります。一番小さいのは、杯になるんですよ。


バッド(下向き矢印)ちらちら見える地の色は朱です。
01_09_kinpakuwan_2_.jpg

これは、お客さまのオーダーのお椀になのですが、金溜で仕上げる予定です。
早く仕上げて、お渡ししたいな〜と思います。ムード



IMG_6552.jpgさて、今日のおまけ写真は…。むぎ君です。
お外を眺めて、たそがれています。いつもは 食欲の鬼 猫 のようなむぎ君ですが「何を考えているんだろうな〜」と思うような表情ですね。(何も考えていないのは知っているんですが…)

posted by 宮崎佐和子 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) |   オーダー品制作

2011年01月07日

■めんぱのお弁当箱に銀彩しました。

お正月が終わるか終わらない頃ですが、世間では明日から三連休なのですね〜。
工房では、通常の仕事をしています。

年末から手がけていた、めんぱの銀彩をお見せしようと思います、

バッド(下向き矢印)やっと、銀彩の固めまで終わりました…。
めんぱの銀彩

この銀彩模様は、和紙であらわしているので、模様の部分に厚みがあります。これで上塗りをすると、グッと奥行きが出来ていい感じになるんですよ。^^

バッド(下向き矢印)こんなふうになります。
めんぱ弁当箱
以前、作ったお弁当箱たち。ムード

いま、松本が上塗りシーズンに入っているので、そこに乗せてもらおうと思っています。

さて…。ちょっとおわびがあります。
ブログの新機能に、ツイッターの連動機能があって年末からそれを利用しているのですが… ツイッターの利用の仕方が今ひとつわかりません〜もうやだ〜(悲しい顔)
徐々に慣れていこうと思いますので、よろしくお願いいたします。



まんばのギョウザまて、今日のおまけ写真は…。松本の手作りギョウザです。香川県の郷土料理「まんばのけんちゃん」のまんば(高菜の一種)を刻んでいれているんですよ。最近お気に入りの手作りポン酢でいただきました。高菜みたいな風味で、とても美味しかったです。ぴかぴか(新しい)

いつも励みにしてます ♪ →  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング

2011年01月06日

■上塗りしました。

もう松の内も終わりですね。^^
皆さんはこのお正月はどう過ごされましたか。でも週末から連休があるので、まだまだゆっくりできる方も多いのでしょうね。

さて、工房では先日上塗りをしました。

バッド(下向き矢印)上塗りの回転室の中の様子、お見せします。ムード
上塗りの回転室1
上塗りの回転室2
上塗りの漆が均一に伸びてきれいに乾くよう、一定時間ごとに回転するんですよ。
漆室の中はしっとりと湿気に満ちて暖かく、この体内のような空間の中で、やがて固まって安定していく漆のうつわたちを見ると、私はいつも孵卵場のヒヨコを思い出してしまいます。
上塗りの回転室3

もう、ほとんど乾いていますよ。
そんなに数が多くないですけど、新シリーズのお椀や小皿、フリーカップなどが塗りあがりました。
早くお目にかけたいな〜と思います。ムード



イゴソさて、今日のおまけ写真ですが…。
いごそ←1月2日に工房に届いた茨城産漆を濾して出てきたイゴソ(木くず)これが、左の写真のようになりました。もうカチカチです。あせあせ(飛び散る汗) ツチノコみたいだったのが、ゴジラみたいになりました。

posted by 宮崎佐和子 at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事

2011年01月04日

■茨城産漆を天日クロメしました。

茨城産漆3←お正月、初荷で届いた茨城産漆。
一貫(約4キロ)あります。
ものすご〜い猛暑だった、昨年の真夏に採取した漆です。
この漆を、一部さっそく天日で精製したので(寒クロメですね)その様子をお見せしたいなと思います。


バッド(下向き矢印)ギラギラ、真夏の太陽の光を集めて出来た漆です。ぴかぴか(新しい)
 1月2日に、精製をしました。
国産漆の天日くろめ3


大きなタライに漆を入れ、ヘラでまわしながらくろめました。
国産漆の天日くろめ1

国産漆の天日くろめ2

バッド(下向き矢印)きらきら輝いて、漆が喜んでいるように見ますよ〜。ムード
国産漆の天日くろめ5

しばらく経つと…。
国産漆の天日くろめ4

だんだん色が変わってきました。
この後、具合のいいところで精製を終わり、漆を回収しました。

さて、今回の漆ですが、来てからすぐに漆を濾してごみを取ったのですが…。


バッド(下向き矢印)こんなにたくさんイゴソ(木クズ)が入っていました。あせあせ(飛び散る汗)
いごそ
まずは最初の粗濾し、粗い網で濾しました。
なんだかツチノコみたいになっていますが… 最後に木槌で押して漆を回収したので、こんなカタチになってしまいました。がく〜(落胆した顔)

浄法寺の漆掻きさん(大森俊三さん、大森清太郎さん)の漆には、あまりイゴソが入っていないのですが…。
茨城の漆(飛田さんの漆)は、ワイルドですね。
イゴソは多くない方が品位がよいのですが、こういったところなどで、飛田さんらしい漆になるのでしょうね。

どんな塗り肌を見せてくれるのか、楽しみです。ムード
(このあと、松本は中学の同窓会に行きました。ギリギリの出発でしたが… なんとか間に合ったようです、ホッ)




むぎさて、今日のおまけ写真はむぎ君です。今日は、むぎ君をモデルに写真撮影を行いました…。
なんとむぎ君は、新しい工房のお店の店長さんになる予定なのです。(ネットショップです、まだお店は準備中ですが…)『ウギャ〜、報酬は上場企業の幹部並みだニャ〜』
数切れの刺身に釣られ、がんばったむぎ君です。ムード

posted by 宮崎佐和子 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) |   漆の精製

2011年01月03日

■初荷で、茨城産漆が届きました。

もう、お正月も一段落といったところでしょうか。
昨日は工房に、昨年頼んでいた漆が届きましたexclamation
2010年採取の、茨城産の飛田祐造さんの盛辺(真夏に採った漆)です。どんな漆か、お見せいたしますね。^^


バッド(下向き矢印)頼んだ漆の量は一貫(4キロ弱… 約3.75キロ)です。
茨城産漆1

昨年は記録的な猛暑でしたが…。
今年の飛田さんの漆の出来は、どうなのかなあ〜。


バッド(下向き矢印)ちょっと、漆がもれていました。あせあせ(飛び散る汗)(よくあることですが…)
茨城産漆2
茨城産漆3

では、いよいよ中をあらためてみますねexclamation

バッド(下向き矢印)じゃ〜〜んぴかぴか(新しい)
茨城産漆4

う〜ん、飛田さんの漆にもだいぶ慣れてきました。
(繊細な表情の、浄法寺の漆とはかなり雰囲気が違うんで、最初のころは斬新に見えました。υυ)
ちょっとワイルドな、野趣あふるる?個性的な漆です。

…下地用にと最初は思っていたけど、面白そうだから上塗りに使ってみようかな?

バッド(下向き矢印)アップ。
茨城産漆5
アクはかなり多いです。
イゴソ(漆かき中に入る木くず等のごみ)も多かったです。

この漆を一部、松本がさっそく天日精製しました。
(寒クロメですね)
その様子は、明日アップしたいなと思います。ムード



猫今日のおまけ写真は、工房の猫三匹です。「明けましておめでとうございます! 猫犬猫
三匹仲良く猫ダンゴになってすごしています。

posted by 宮崎佐和子 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) |   工房に届いた漆たち

2011年01月01日

■元旦のこんぴらさん。

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。ぴかぴか(新しい)

今日は、松本とこんぴらさん(金刀比羅宮)に初詣に行ってまいりました。
もちろん、ものすご〜い人ででした。υυ


バッド(下向き矢印)行くと、なぜか…ミッフィーちゃんがexclamation&question
こんぴらさん

ちょっとビックリしましたが…。
今年はうさぎ年ということで、金刀比羅宮と作者のディック・ブルーナさん側とコラボになって今年の新春のシンボルに登場したそうですよ。
(ミッフィー絵馬などのミッフィー縁起ものもたくさんありました)

なんとか本宮までたどり着いて帰ってきましたが…。
やっぱり足がガクガクでした。がく〜(落胆した顔)

バッド(下向き矢印)では、こんぴらさんの動物たちを…。
こんぴらさんの神馬
ご神馬。白馬(月毛)の月琴号と黒馬(黒鹿毛)のトウカイ・スタント号。

トウカイ・スタンドトウカイ・スタント号は19才のサラブレット。名前でお分かりのとおり、引退した競走馬なんだそうです。今は神事のお仕事をしているんですね。

こんぴらさんのカモ
カモさん。なぜか一羽だけでさみしそうです…。

こんぴらさんの猫
参道の脇の空き地?にいたキジトラさんです。(うちのむぎ君と同じ色…)
このあと、すぐ近くのお土産物屋さんにソソクサと帰っていきました。あせあせ(飛び散る汗)

今年もいい年にしたいですね。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

posted by 宮崎佐和子 at 21:58| Comment(9) | TrackBack(0) | ■ 日記
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->