2011年01月24日

■後藤塗りの小皿です。

お外に遊びに出かけた工房のネコ うり坊が、先ほど見知らぬノラ猫にケンカをふっかけて、どこかに行ってしまいました…。がく〜(落胆した顔)
ちゃんと帰ってくるのかなあ。ちょっと心配です。

さて、今日は塗りあがった可愛い赤い小皿をお見せしたいと思います。


バッド(下向き矢印)4寸(約12cm)の小皿。朱漆で銘を入れました。
後藤塗りの小皿1

この小皿、後藤塗りなんですよ。

バッド(下向き矢印)ちょっと写りがアレですが…。アップでごらんください。
後藤塗りの小皿2

「後藤塗り」とは、どんな技法の塗りか大ざっぱに言いますと…。
朱漆を塗り、その塗膜が乾く少し前のタイミングで、表面に凹凸をつけ、その上からフセ(溜)をかけ、研ぎ出し、艶付けをしたものです。
朱溜の一つ、変わり塗りの一種というところです。

バッド(下向き矢印)中塗りの時は、こんな感じでした。
後藤塗りの下地1

この微妙な模様は、朱漆と透き漆の重ねで織り出されているのですよ〜。
今くらいの季節には、特に朱溜のうつわが暖かくほっこりしていいですね。ムード



むぎ店長さてさて、今日のおまけ写真はむぎ君です。グースカよく眠っています… 眠い(睡眠)
でも、どんなに熟睡していても、ゴハンを出す物音がすると瞬時にフル稼働することができるんですよ。不思議です…。あせあせ(飛び散る汗)

今日もぽちっと…^^→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング
posted by 宮崎佐和子 at 20:21| Comment(2) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->