2012年12月31日

■今年もお世話になりました。

もう間もなく新年を迎えようとしています。
毎年思うのですが、1年って本当にはやいですね…あせあせ(飛び散る汗)
工房では、いつになく早めに(とは言っても世間様並みくらいに)年越し準備が進んで、ちょっとだけゆっくりした大晦日を迎えています。
今年も、本当にお世話になりましたexclamation

今年の一番の大きな変化は、やはり初めての子供が誕生したことです。
いわゆる高齢出産で以前より持病があったので、たいへん不安だったのですが、母子ともこれといったトラブルもなく、ぶじ健康な娘を抱く事ができました。このことは私にとって大変な励みになりました。

娘が小さいので、私はまだ漆の仕事はできそうにありませんが…。
作るものに深みが出たとお客様に言っていただけるよう、がんばりたいと思います。^^

まだまだ至らない未熟者ですが、 来年も日々精進していく所存ですので、何とぞよろしくお願い申し上げます。


2012MG_6960.jpgさて、こちらは大掃除していたら棚の奥から出てきたお酒…年があけたら、ちょっと味見してみようと思います。




いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 15:13| Comment(2) | TrackBack(0) | ■ 日記

2012年12月29日

■食べられるかな… 自家製の『クワイ』

明日は晦日ですね。^^ いよいよ新年が近付いています。


バッド(下向き矢印)さて、今日掘ってきました「クワイ」ちゃんです。
2012MG_6897.jpg
昨年のおせち用に売られていた「クワイ」を発芽させて、うちで育てていたものです。

2012G_4657.jpg2012MG_6807.jpg今年の4月にこんなふうに水面に葉が出てきて…。オモダカ特有のキツネのお面のような葉っぱがわんさか伸びました。(アマガエルさんの憩いの場に;;)

とても美しい水生植物で、楽しませてもらいましたが、この秋には枯れてしまいました。(お花を楽しみにしていたのに…)



バッド(下向き矢印)では水の底の『クワイ』を拝んでみましょう。
2012MG_6903.jpg


バッド(下向き矢印)このポットの中に『種クワイ』を植えていました。
2012MG_6923.jpg
ポットをひっくり返すと…。


ちびっ子クワイがいっぱい入っておりました。
2012MG_6918.jpg

2012MG_6896.jpg
掘りたてクワイ、野菜とは思えないような不思議な色をしていました… 南の海の熱帯魚みたいですね。
どれも小粒ちゃんだったクワイ。どうやら植えるのがちょっと遅かったようです。適正時期に育てたら、あの清楚なお花も見ることができるのかな? 
とりあえず収穫したクワイは、おせち料理に使ってみようと思います。

2012MG_6930.jpgこちらは、一緒に掘ってみたレンコン(ハス)です。 元気一杯のスイレンに押されて、まだまだ根っこが小さくしか伸びていませんでした…。来年、大きく育ってくれるように植え替えをするつもりです。ムード

いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 21:12| Comment(3) | TrackBack(0) | ■ 日記

2012年12月28日

■吉野杉の利休箸のギフトペア開発中です。

今年が一日一日と少なくなっていきますね。
娘を寝かしつけて用事は済ますべく出かけるのですが、いつもはスヤスヤの娘が私の出た後に目覚めて大号泣するらしく(しかも毎回毎回…がく〜(落胆した顔))戻ると赤ちゃんをあやし疲れた松本がゲッソリした姿で立っています。なかなかゆっくり出られません。あせあせ(飛び散る汗)
銀行も市役所も明日からお正月休み… 今日には用事をすませておかなければ〜〜〜。


さて、今日はひさしぶりに作業の様子をお見せいたしますね。^^


バッド(下向き矢印)片付け&掃除をすませた研磨部屋で作業をする松本…。
2012MG_6873.jpg
何を研磨しているのかといいますと…。


バッド(下向き矢印)吉野杉の利休箸たちです。
作業中の箸
持ち手部分の目痩せに下地を充填のしたものです。
材には「夏目」と「冬目」があります。杉などの針葉樹は、その「夏目」と「冬目」の収縮段差が大きいのですが、こうしてその段差を埋めてスッキリさせます。

いま、ショップ和×和で期間限定で販売中の利休箸。その利休箸のバージョンアップ版になります。
ご要望が多いので、ギフト枠を増強する計画なのですが、やはり贈り物にはいくつあっても嬉しいお箸ハート(トランプ)
その一つに、人気の高かったこの利休箸を赤黒のペアにセットして…と考えています。^^

今の仕事の内容はより多い工程数に見合う表面を作る事です。


バッド(下向き矢印)研磨に使っているのは、お気に入りの伊予砥石。
伊予砥石

IMG_9095.jpg←この中の一つですね。

この砥石、昭和40年頃に大規模な採掘が終了しているものだそうで、小さなこっぱですがシャキッと研げてとても便利なんですよ。
研ぎ面と砥石の張り付きがほとんどなく、サラサラと仕事が進みます。
伊予砥石もいろんなクリアランスのものがあり、器物によって相性のよい石を出してきて使っています。

箸の研磨

バッド(下向き矢印)こんな感じの研ぎ汁が出ます。
伊予砥石
よくおりていますね〜〜〜。

このシャリシャリした“ 研ぎ感 ”は、漆芸研究所の彫漆で使っていた『三和』という人造砥石に似ています。

吉野杉の利休箸
力を抜いて軽くシャシャッと研ぐと、傷も浅く細かいきめ表面になります。(力を入れると、やや粗い表面を作る事も出来るんですよ)
意外と便利な砥石ちゃんです。

研ぎ汁を洗浄してよく乾燥させた後、次の工程に進みます。



キジトラのむぎ君さて、今日のおまけ写真はショップの敏腕店長・むぎ君です。こら〜〜〜ちっ(怒った顔) 赤ちゃんのハイローベッド&チェアに乗っかっているではありませんかexclamation×2
ガッツリ怒られて『チッ』とばかりに、出て行ったむぎ君、ぜんぜん反省しておりませぬ。

いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) |   和×和の商品開発

2012年12月26日

■茶杓になります。

クリスマス寒波、かなり冷え込みましたね… ハスやスイレンを植えている外の盥(たらい)には氷が張っていましたよ〜。でも、窓の断熱補強とアラジンストーブ、そして三匹の毛皮のおかげで、工房の中はヌクヌクでした。^^

さて、松本が仕入れたのか、外の作業場に青々とした竹が数本…。

2012MG_6863.jpg

バッド(下向き矢印)目にしみるような清々しさです。
2012MG_6859.jpg
わあ〜、これで何を作るんでしょうか?? わくわく
…と思っていたら、松本の母の友人からのお預かり品らしいです。あせあせ(飛び散る汗) (な〜んだ残念!!)
お友達が地元の婦人会に出品する茶杓をつくるので、下処理しておいてくれとのことでした。竹は丈夫な素材ですから、慣れない人が割ったりするとちょっと危ないかもしれません。なので、だいたいのサイズにカットしたりしておくそうです。

バッド(下向き矢印)黒い竹もあります。
2012MG_6858.jpg
義母は「くろちく」と呼んでいましたが… 風情があってきれいですね。すてきな茶杓ができそうです。ぴかぴか(新しい)


さてさて、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、この日記が参加しているブログの人気ランキングのジャンルが先日より変わりました。より多くの方にみていただきたいな〜と思っています。よろしくお願い申し上げます。ムード



2012MG_6848.jpg今日のおまけ写真は、ホットカーペットに横たわるミルミルちゃんです。「鶴の恩返し」のように飼い主の見えないところで、せっせと自分の毛をむしるいたいけなミルちゃん。その成果があって、おなかに巨大なハゲができておりました…。がく〜(落胆した顔)

いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 日記

2012年12月24日

■木地溜のお皿と金溜の菓子切りとシュトーレン。

皆さん、楽しいクリスマスを過ごされているでしょうか。^^
クリスマスが過ぎたら、新年を待つばかりになりますね。香川県琴平町の金刀比羅宮(こんぴらさん)では、毎年恒例の大しめ縄のかけ替え作業が行われました。真新しいしめ縄… きりりと清々しく参拝客を待っているのでしょうね。


さて、今日はイブということで…。


バッド(下向き矢印)シュトーレンをいただきました。
シュトーレン

木地溜のパン皿と、金箔の菓子切り
うつわは、木地溜のパン皿と、金溜の菓子切りです。
お皿は、朱漆と銀彩でサンキライ(山帰来)を描いているものです… サンキライの赤い実がクリスマスリースっぽさを感じるかな??


パン皿←パン皿は、この時に制作したものの一つですよ〜。ミズメザクラ材で、径が16cmほどの使いやすい平皿です。しっとりとしたほどよい重みがあるので(一枚100g近い)木のお皿なのですが、お食事中に皿が動きにくく気持ちよいです。※同じ形のパン皿。
取り皿、パン皿、ケーキ皿などにもってこい。


バッド(下向き矢印)菓子切りは長さ23cmと長めです。
2012MG_8312.jpg
両刃の大きめの菓子切りなんですよ。写真のように、シュトーレンのようにちょっと固いお菓子でも気持ちよく切り分けることができます。ようかんなどにも使いやすいですよ〜。※同じ形の菓子切り
金溜仕上げで、金箔を漆で貼った上にさらに漆で上塗りをしてあるので、金色の派手さは抑えて落ち着いたごがね色になっています。

シュトーレンは、神奈川県のマニアックなパン屋さん「足柄麦神・麦師」のものです。
湘南小麦の生地に、渋皮栗やレーズン、オレンジピールなどのドライフルーツがた〜っぷり。洋酒が効いて、熟成したよい味です。濃いめの熱〜いミルクティーなんかといいですね。ムード

さて、一息ついたらまた年末に向けての仕事をがんばらなくちゃ…あせあせ(飛び散る汗)



2012MG_6830.jpgさて、今日は工房のある善通寺市の子育てボランティアさんがいらっしゃって、「赤ちゃんおめでとうバッグ」をいただきました。ぴかぴか(新しい) 絵本や地元の子育て支援施設のパンフなどが入っています。今まであまり知らなかったのですが、善通寺は陸上自衛隊の駐屯地なので、核家族のご家庭が多くこうしたサービスが手厚いんだそうです。ありがたいことですね。^^

いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) |   漆のうつわとの暮らし

2012年12月23日

■ぐいのみの桐箱が届きました。

明日からグッと冷えるそうですね…。
寒波に備えて、工房では窓に断熱材を貼ってみました。冷え込みがやわらぐといいのですが…。あせあせ(飛び散る汗)


さて、注文していた桐箱が、先日工房に届きましたので、ちょっとご紹介しますね。^^


バッド(下向き矢印)うちに届いた荷物…。
2012MG_6722.jpg
「これは何かしら…?」チェックするのは、珍しくミルミルちゃんです。

1/5 むぎ君の漆チェック2メロン211/25 黒田朱とむぎ3
今まで、荷物チェックはむぎ君の仕事だったんですけどね…;;

家具の産地、府中の桐箱屋さんから届いた荷物は、削った木がふ〜んわり詰められていて、いい香り。ぴかぴか(新しい)
2012MG_6726.jpg

バッド(下向き矢印)届いたのは、ぐいのみの桐箱でした。
2012MG_6733.jpg
ほか、お重箱の桐箱も作っていただきましたよ。^^

この箱屋さんはとてもきれいな材を使って、よい仕事をして下さいます。桐の白木は清々しくて手に取るととても気持ちよく、心温まる感じがします。軽く、品が良く、保護性にすぐれて、やはり桐箱はとっておきのうつわを包むには、やはり一番の箱ですね。



2012MG_6811.jpgさて、今日のおまけ写真は、本日もとっても元気なスズメちゃんたちです。みんなパクパクごはんを食べて、とてもにぎやかですよ




posted by 宮崎佐和子 at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | ■ 日記

2012年12月22日

■冬至のかぼちゃの煮付け。

冬の高松の街を彩る、『高松冬のまつり』が、今年も高松市の市中央公園で開幕しました。ぴかぴか(新しい) こんなニュースを聞くと、いよいよ冬本番という気持ちになりますね。

さて、昨日は冬至…。
健康を願って、うちでもかぼちゃの煮付けをいただきました。


近くの産直で買ったかぼちゃ。ちょっと懐かしいタイプのかぼちゃです。
2012MG_6799.jpg

中はとてもきれいな黄色…。
2012MG_6803.jpg

いりこのだしと、先日の忘年会で残った「越州」をたっぷり入れて、アラジンストーブにかけてコトコト煮ました。
ところで、香川県の人は「いりこ」だしが大好き!です。
有名な県産品の一つで、豊かな瀬戸内海で水揚げされたカタクチイワシをゆでて干したものですが、どこの家庭の台所に必ずあります。香川の西讃部にある燧灘(ひうちだな)が主な漁場で、観音寺市の伊吹島のイリコは特に有名です。
(さぬきうどんのつゆも、濃厚ないりこだしですね〜。ムード


バッド(下向き矢印)かぼちゃの煮付け。
2012MG_8284.jpg
織部の小鉢と、工房の小皿に盛りつけてみました。ハートたち(複数ハート)

2012MG_8291.jpg
この黄色は、やっぱり織部がよく映えますね。わーい(嬉しい顔)

和田萬さんの金の雫(金ごま油)をすこし垂らして香りとコクを出しています。かぼちゃって平凡なお野菜ですが、滋養たっぷりでいいですね。


2012MG_6783.jpgさて、娘は人生初めての「ゆず湯」につかりました。この冬は風邪を引かないように、そして健康に大きく育ちますように。



posted by 宮崎佐和子 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) |   漆のうつわとの暮らし

2012年12月21日

■漆のスプーン、作業を進めました。

今日は冬至、雨のせいもありますがあっという間に日が暮れてしまいました。あせあせ(飛び散る汗)お日様から遠ざかったようで、なんだかちょっと寂しい感じがしますね。
でも、明日から少〜しずつ日が長くなって、春が近付くんだと思うと今から待ち遠しいです。ムード


さて、なかなかいい調子になってくれない上塗り用の回転漆室…。
作業用の吉川室はぐあいがよいので、そちらで上塗りでない漆の仕事を少ししてみたらしいです。


バッド(下向き矢印)こちら、漆のスプーンたち。
2012MG_6767.jpg
木地固め、すり漆、と作業内容はいろいろですが、こうして網に通してぶらさげて乾かすのが松本流です。(場所を取らずとっても扱いがラクです〜)

2012MG_6584.jpg←この時の木地ですね。

バッド(下向き矢印)こちらが、栃スプーン。
2012MG_6775.jpg
研磨後のすり漆です。刃物仕上げの木地なのでエッジが立っている部分を研磨していました。その研磨後の表面が漆でうるおされてしっとりしてきましたよ。


バッド(下向き矢印)ミズメザクラのランチスプーン。
2012MG_6773.jpg
シャープな形のこのランチスプーン。今回は木地固めです。


バッド(下向き矢印)こちらはレンゲ。
2012MG_6776.jpg
レンゲをお探しの方が多いようです。あんまりたくさん作れないのですが、いくつか木地が出来ているので進めています。
口に入れて使うものなので、出来の良し悪しがシビアに分かってしまうスプーン。スプーン作りは手間がかかりますが、お客様がたいへん喜んでくださるのついつい頑張ってしまいます。


さて、そういえば今日の松本は、午前中は香川県森林センターへ打ち合わせに行っておりました。
この日記では詳しくご紹介できませんでしたが、今年の夏は、香川県と香川県漆器工業協同組合の事業で、松本は香川県森林センターの漆畑で漆掻きをしました。 その事業の続きで、来年の予定の大枠を打ち合わせしたんですね。
漆器の産地、香川県をアピールできるように微力ですが頑張りたいと思います。わーい(嬉しい顔)


2012MG_6750.jpg地元の産直で買ったゆずです。今日は、皆さん冬至の『ゆず湯』を堪能されていることでしょうね。^^
うちでは今からゆずのお風呂に入ります。ハートたち(複数ハート)



ランキング楽しみにしています →  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング
posted by 宮崎佐和子 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) |   漆のスプーン制作

2012年12月20日

■マクロビオティックのおせちと布目三段重箱。

一日経つごとに、年の瀬の雰囲気が強くなってきますね。
昨日は、工房のある香川県善通寺市の総本山善通寺で、東院金堂にある本尊・薬師如来坐像(ざぞう)の「お身ぬぐい」がありました。新年を気持ちよく迎えられるよう、仏様の1年のほこりを丁寧に払うという儀式ですね…。今年も、足早に過ぎ去ろうとしています。
…そして、「ボクもほこりだらけです!」と、工房の作業部屋を片付けしている松本が叫んでいます。あせあせ(飛び散る汗) (漆室の湿度が上がらないので、なかなか作業ができないもよう)

六寸布目三段重箱さて、今日は工房のお重箱「六寸布目三段重箱(外朱溜変わり塗り内黒溜)」をお求めくださったお客様から、お写真を送ってくださいましたので、それをご紹介したいと思います。^^




→この時に制作したお重箱ですね。




バッド(下向き矢印)内金箔のぐいのみも添えて、おめでたく…。
nunome_okyakusama_1.jpg
三段のお重箱を、今回は二段使いされています。

それにしても、とても美味しそうな、体に良さそうな色のお料理ですね…。
お料理をアップにした写真もいただいてますよ〜。



マクロビオティックのおせちと布目三段重箱
マクロビオティックのおせちと漆の三段重箱

わあ、美味しそう〜〜〜ぴかぴか(新しい)
マクロビオティックの料理教室で作られたおせちだそうです。
天然の色味がこの国産漆によく映えて、とてもよく合いますね。わーい(嬉しい顔)

持ち主のお客様からは、「このお重箱はお料理を引き立ててくれるだけでなく、扱っていると、とても素直でやわらかいお重箱の性格のようなものが伝わってきて、私までやさしい気持ちになりました」とのコメントもいただきました。

本当に有り難いことで、作家冥利に尽きます…。もうやだ〜(悲しい顔)

工房の器をお持ちのお客様から、このようにお料理を持った写真を時々いただくのですが、とても嬉しい事ですし、私どももとても勉強になります。^^
工房の器をお持ちの方は、何かのタイミングがありましたら、お使いになっている写真をお寄せいただくとたいへん有り難いです。

ところで最近は、少人数のご家族が増えたせいか、おせちに二段のお重箱を使われることが増えたようです。
同時期制作の布目三段重箱を、ショップ和×和に入れていますが、そのうち二段重タイプもアップしてみようかな?と思います。


2012MG_6749.jpgさて、今日のおまけ写真は「金時人参」です。甘くて香り高くて… 大好物です。ムード 香川県のおせち料理には欠かせないお野菜で、生産も香川県が全国第1位なんですよ〜。11月ごろから出回ります。
この滋味深い赤色を見ると、もう一年が終わるなあ〜という気持ちになります。


いつも楽しみにしています☆→  人気blogランキング
にほんブログ村
posted by 宮崎佐和子 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) |   お客様の声

2012年12月18日

■お祝いと言う名の玉手箱…。

もう冬至が近いですね…。
年賀状も書かないといけませんし、娘の予防接種もそろそろ行かないといけません。(ヒブ&肺炎球菌) 今年中にしなければいけないことがいっぱいで、ちょっと焦る毎日ですあせあせ(飛び散る汗)

さて、今日は東京のお客様から、娘のお祝い&クリスマスといった贈り物… イヤ玉手箱というべき小包が届きましたので、ちょっとお見せいたしますね。


バッド(下向き矢印)なぞのケースから出てきたものは…。
2012MG_6679.jpg
クリスマスのモールと照明などの小物と…

バッド(下向き矢印)たくさんのパン。
2012MG_6686.jpg
箱根のおたくなパン屋さん、足柄麦神 麦師 さんのパンです。ムード

バッド(下向き矢印)麦師さんのシュトーレンもあります。
2012MG_6688.jpg
美味しそう…ぴかぴか(新しい)
これは、クリスマスに食べなければ。


2012MG_6684.jpg
娘の名前にちなんだセブン&アイのカード。残高も775。
(1000円から225円分の買い物をしてわざわざ775円にしたんだそうです;;)
香川県では使えないしちょっと面白い記念品になりますね。わーい(嬉しい顔)

そして、びーっくりしたのが…。


バッド(下向き矢印)このお椀でした。
2012MG_6693.jpg

ど、どこのお椀??

…5年くらい前に作った、松本のお椀でした。がく〜(落胆した顔)

うわ〜〜〜〜〜
懐かしい塗りです。これは、もう使ってしまってなくなった上塗り漆、2004年産岩手県の大森俊三の盛辺機械精製漆で仕上げた鎬のお椀です。(この漆はわずかに、修理用のために残しているのみです)
この時の漆は、ほんとうに素晴らしかったなあexclamation
特にこの時のお椀は、上塗りするシーズンにこだわって仕上げたものでした。

コンディションのよいものは、工房には残っていかないので、私たちにとってはタイムカプセルのよう。(ほんとによく見つけ出しましたねー;;)
昔の仕事を改めて見て、5年前の自分に負けないよう、もっとよい仕事に励まなければ、と思いました。



2012MG_6706.jpgさて、今日のおまけ写真はうり坊です。最近、あらたなライバルが出現! オレンジ色の毛長猫ちゃんです。戦いを挑むうり坊ですが、なかなか白星とはいかないようです。ネコさんの世界も大変そう。



いつも楽しみにしています☆→  人気blogランキング
にほんブログ村
posted by 宮崎佐和子 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 日記
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->