2013年01月13日

■木と漆のスプーン、中塗り中です。

中塗りの作業シーズンに入った松本…。


バッド(下向き矢印)今日はスプーンの中塗りをしていました。
漆の中塗り作業
もくもくと何十もの塗りをこなします。

今日の塗りは、この栃スプーンたちを始めとしたスプーン。
木と漆のスプーン
昨年末に紹介したスプーン木地たちです。


スプーンやお箸はどうやって塗っているのでしょうか。
もちろん、塗ったところは触れません…。2回以上に分けて塗るのですが、さまざまなやり方があります。工房ではいちばん回数少なくきれいに塗れる方法として、お尻に「つく棒」という道具を付けて、全体を一気に塗ってしまいます。


バッド(下向き矢印)中塗りの漆はこちら!
2010年奥久慈漆
茨城産のうるしです。ぴかぴか(新しい)2010年茨城県の奥久慈漆生産組合の盛辺生うるし。地元の人々に愛されて育った、貴重な漆です。使いやすく、中塗りに重宝しています。


バッド(下向き矢印)ほどよい厚みでていねいに塗っていきます。
木と漆のスプーン
スプーンは形が複雑ですから、塗り方にちょっとコツがあります。(慣れている松本は気にせずさっさと塗っていきますが…)
漆は、一定以上分厚く塗るとその部分が縮んだりしますから、注意します。


バッド(下向き矢印)こちらはれんげちゃん。
木と漆のれんげ
ほっこりして、可愛らしい感じです。


バッド(下向き矢印)中塗りしたスプーンは回転室に入ります。
2013_7206.jpg
この程度の塗りなら立てたままでも大丈夫ですが、自動的に回転する室で乾かすと、よりキレイな塗膜になります。塗ったのは生うるしなので、こうしてみると塗膜が透けていますね〜。
漆は乾くと色が濃くなり、この生うるしは飴色っぽい色になるんですよ。(乾いたら、お見せします)

こうした中塗りを重ねて、ほどよい厚みを作っていきます。ムード



2013_7216.jpgさて、今日のおまけ写真はお待ちかねのスイセンのお花です。いろんないい香りのお花がありますが、スイセンは格別ですね。清々しいよい香りが心を癒してくれます。


いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) |   漆のスプーン制作
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->