2013年07月13日

■熱処理するうつわの木地です。

思わず「暑い〜」と何度も言ってしまう毎日ですね。あせあせ(飛び散る汗)
熱中症にならないよう、冷えた麦茶と控えめにしたエアコンは欠かせません。
最近、娘が吸い口のついたマグでお茶を飲むのがいっきに上手になってホッとしています。…きっとこの暑さでのどが渇くので、上達したのでしょうね〜。
この暑さはしばらく続きそうなので、皆さん体調に気をつけて連休をお過ごしくださいね。


さてさて、そんな今日は旋盤で挽いた木地をご紹介しますね。
ある処理を一斉にするために、木地をためています。


バッド(下向き矢印)ここは乾燥炉の中… うつわの木地がどんどん溜まります。
熱処理の木地1
中に入っているのは、中荒挽きの木地です。
炉の中がいっぱいになったら、まとめて一気に熱処理にかけます。それから、やっと仕上げ挽きに入って、木地が完成!ということになるのですね。(う〜ん、いつもながら思うのですが、時間がかかりますね)



そして…

バッド(下向き矢印)こちらは先に、熱処理をした中荒挽きの木地。
熱処理の木地2
松本が仕上げ挽きをするのを待っています。お皿やカップ、お椀などの木地があるみたい…
ここまでくると、木地完成まであとわずかですねexclamation

また、近いうちに松本がマタギ姿で仕事をする予定です。わーい(嬉しい顔)


ウルシの実さて、今日のおまけ写真はウルシの実です。真夏のギラギラした酷暑のもと、どんどん成熟に向かっているようです。土用に向けて、漆の木の時刻の針の刻々と進んでいます。



いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 22:47| Comment(2) | TrackBack(0) |   木工旋盤
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->