2013年11月01日

■工房の猫、ミルミルの災難。

もう11月になりましたね! ショップ和×和に、店長の特選品をアップしました。今月家族で使う三段重ねのお弁当箱と離乳食のお椀とスプーンセットです。ぜひごらんくださいね。ムード



さて、昨日の夜はちょっとした事件がありました。
工房には3匹の猫がいるのですが、そのうちの1匹、黒猫メス10才のミルミルが可哀想な目にあってしまいました…。

ミルとむぎ←昨晩のミルちゃん。
ホットカーペットの上で、むぎ君と仲良く暖をとっていました。
このあと、ミルはお外へパトロールに行ったのですがその時に悲劇が…。








0時をまわって、「もうそろそろ寝ようかな〜」と思った頃に、ドスン!という室外機に猫が衝突する音と、ウウウ!という犬のうなり声が聞こえてきたのです。
エッ!と思って、勝手口の電気をつけて飛び出してみたら、必死に逃げるミルミルの小さな体に、二匹の野犬が猟犬のように追いすがり、交互に噛み付く光景が… がく〜(落胆した顔)

オリャア〜exclamation×2と犬を追っ払うと、野犬はあわてて去りましたが… 
その場に残ったのは、ボロボロになったミルでした。
興奮し切っていたんですが、なんとかなだめて家に連れ帰りました。


バッド(下向き矢印)テンション下がりまくったミル。
落ち込みミル1

ショックのあまり、その後家具と天井のすき間に入ってしまって、ろう城したミルちゃんです。(ゴハンも食べない…)

落ち込みミル2もう何も考えたくない…。

体の状態とかみたいんですが、触られたくないみたいでよく分かりません。あせあせ(飛び散る汗)
松本の話によると、野犬に追われた衝撃で、外傷がなくてもショック死する猫を見たことあるんだそうです。
幸いミルは翌朝になっても生きているようで、息を殺して同じ場所で隠れていました。
体の方は大丈夫そうなんだけど、立ち直るのに時間がかかりそうです。

たぶん、田んぼで野犬に見つかってしまったんでしょうね。平地では猫は犬にかないません。
必死で我が家に駆け込んできたミルがいたいけでした。あの場で死んでてもおかしくなかったと思います。
本当に、私が起きていて犬を追っ払えてよかったです〜〜。もうやだ〜(悲しい顔)


いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:12| Comment(4) | TrackBack(0) | ■ 工房のネコ
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->