2014年03月07日

■上塗り用に垂れ濾しした、2005年岩手県産漆です。

啓蟄を過ぎましたけど、冷え込む日々ですね…。
娘は桃の節句でいただいたお祝いで、ついに「ぽぽちゃん人形」を買いましたexclamation
ちょっと独特のお顔のお人形なので、私はどうかなあ〜と思っていたんですけど…。
以前から娘は「ぽぽちゃん」がお気に入りのようで、おもちゃがたくさんある子どもの遊び場でも「ぽぽちゃん」につきっきりなので、ついに自分のお人形を迎えることにしました。
案の定、娘は大喜びで「ん!」と言いながら、ぽぽちゃんにミルク飲ませたり連れ回したりと楽しそうです。
やっぱり、女の子だからかお人形が好きなのかなあ〜。おもしろいですね。


さて、そんな今日はこれをお見せしたいなと思います。


バッド(下向き矢印)上塗り用に濾しました。大森俊三さんの漆です。
2005年岩手県の大森俊三の末辺機械精製漆
「垂れ濾し」という方法で、時間をかけてゆっくり濾しました。
圧をかけて絞らないので、不純物が上塗り漆に出にくく調子が良いので、よく使う手法です。
蓋紙がいたんだので、濾し直しました。ムード


バッド(下向き矢印)この漆で仕上げたうつわたち。独特の濡れたようなゴージャスな塗り肌がよい感じなんですよ〜。
ヒノキ高杯2

ウルシの器22014_wan_hutatuki_.jpg
高杯 和うるし工房あい

工房の器たちは、艶消し・半艶消しのものが多いので、このガラス質のようなキラキラした肌はとっても新鮮に感じます。ぴかぴか(新しい)
また、上塗り待ちの器たちを華やかに仕上げてくれる予定です。わーい(嬉しい顔)



タケノコさて、今日のおまけ写真は…

待っていました! 先日行った産直で買った今年初のタケノコちゃんです。
とっても小さいんですが、やさしいよい味でした。
春を感じますね。ハートたち(複数ハート)

いつもありがとう…→ ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) |   浄法寺うるしについて
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->