2014年05月31日

■水研ぎをしたうつわです。

今月のあたまから始まった工房の外装工事ですが、今日ついに作業が終了しました。
たっぷり3週間以上かかったことになりますね〜。まだ足場は残っていますが、とってもていねいに仕事をして下さって嬉しいです。
しかし、職人さんが仕事を終えて帰ったあと、工房のネコさん(たぶんうり坊)が足場に登り、まだ触っちゃいけない部分にタッチして悪さをしていたことが判明…あ、あしあとが…。ふらふら おりゃーー!!
その箇所も直して下さいましたが… 
まだ新しいコーキングが固化していないので(2、3日かかるそうです)その間何もないことを祈るばかりです。あせあせ(飛び散る汗)


さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。


バッド(下向き矢印)研磨したばかりのうつわたちです。
2014MG_6230.jpg

木地固めのあとの研ぎで、水研ぎをしました。
空研ぎではないので、研磨した粉が落ちてサッパリとしていますね。ぴかぴか(新しい) 材はミズメザクラとかケヤキだそうです。
このあと、すり漆を重ねて目止めをします。どうか順調にすすんでくれますように…。ムード



ウルシの発芽さて、今日のおまけ写真は…


今年4月に種まきをした、ウルシたちです。
ぼちぼち発芽を続けてくれています。
ん〜〜〜でも、もうちょっとたくさん出てくれてもいいんだけどなあ…。


いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事

2014年05月30日

■ゴブレット、冷酒杯、捨て中塗り中です。

先日、ちょっとうれしいことがありました。
今年2月、むぎ君が工房から逃走して行方不明になってしまい、捜索をしていた時期がありました。
その時、捜査のために管轄の保健所に問い合わせていたりしたんですが…。
むぎ君失踪に近い時期に、近所でミルミルそっくりの黒猫ちゃんが収容されていて気になっていました。傷だらけの体でボロボロの首輪、おびえた目をしていかにも打ち捨てられた猫という感じで可哀想でした。
でも、なんとその子はまだ生きているようなんです!

ボランティアさんが保護しているようで、偶然ペットショップの掲示板を見て知りました。
運の強い子だったんですね… 気になっていたので、嬉しかったです。


さて、そんな今日はこれをご紹介いたします。


バッド(下向き矢印)以前お見せしたゴブレット、冷酒杯です。
2014MG_6223.jpg

捨て中塗りを入れ始めました。
これから塗りの厚みをつけていくのですが、目止めのすり漆の上に塗り厚をつけて研ぎ込みます。
この厚みは研ぎで必要な下処理なんですね〜。きれいな面を作るための作業のひとつです。
ゴブレット1

←白木地の時はこんな感じでした。





漆の色が乗ると、ぐんと雰囲気が出てきますよね。
どんどん艶っぽくなっていくので楽しみです。わーい(嬉しい顔)


テントウムシさて、今日のおまけ写真は…

ウルシの葉っぱのど真ん中に日の丸よろしく乗っかった、テントウムシのサナギちゃんです。
なんだかとっても可愛い〜〜。
いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事

2014年05月29日

■ウルシの実がついています。

昨晩は、夜12時をまわっても娘が寝ず、おんぶして月のない夜の散歩をしました…。
夜の仕事ができなかったよーー。もうやだ〜(悲しい顔)
最近の娘(1歳7ヶ月)ですが、身長84cm、体重10キロで外遊びが大好きです。(暑いのに〜;;)
身長が高いようで、もう二歳に見られます。
希代のすべり台ハンターとなり、毎日、大きなすべり台のある公園へGO!です。
どんどん身体能力が伸び、今月のはじめには無理だった難易度の高い遊具(丸太つなぎとかネットとか)が、月末にさしかかった今は遊べるようになり本人もとっても楽しいようです。
一歳児って、こんなにクリクリと動きまわるんですね…知らなかった。おかーさんは疲れます。たらーっ(汗)
日焼け止めを塗りまくって出ていますが、確実に母子とも焼けてきているような気がします…。


さて、そんなお疲れモードの今日ですが、これをお見せしたいなと思います。



バッド(下向き矢印)ウルシの実がついています。ぴかぴか(新しい)
ウルシの実

今年は5月15日ごろにまず雌花、次に雄花が咲いて、この日記でご紹介しました。

漆の花 アップ

せっせとミツバチさんが蜜を吸ったり花粉を集めたりと大忙しでしたよ〜。
うまく受粉できているといいんですが。

木にいろんな生き物が集まっているので、こんな子もたくさんいます。


バッド(下向き矢印)アマガエルさんです。
ウルシの葉とカエル

アマガエル
(なにげに二匹いるの、わかりますか??)

季節がどんどん進んできていますね。日中はもう暑いくらいです。
工房の周囲は田植えが進み、夜はアマガエルの合唱ですよ〜。
5月ももう少し、あと数日で6月です。わーい(嬉しい顔)



うりぼうさて、今日のおまけ写真は…

工房の2階の作業部屋の窓からコンニチワ!のうり坊です。
あいかわらず、外装工事の足場はかっこうの遊園地になっております。
熱い視線を感じて、ときどきギョッとします。あせあせ(飛び散る汗)



いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事

2014年05月28日

■上塗り前の高杯です。

ショップ和×和に工房初期のボールをアップしています。
この工房がスタートしたのが2001年なんですが、2002〜2005年ごろに制作したものです。なつかしい!
初期のものは、さすがにもうほとんどなくなったなあ〜と思うんですが、ひょんなことで出てきたりするんですよね…。
当時作ったものを見ると、その当時使っていた漆や、仕事の立ち上げ時で大変だったことを思い出して懐かしくなります。ムード

さてさて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。



バッド(下向き矢印)上塗り前の高杯などです。
国産漆 高杯
カエデ材のうつわなんですよ〜。横木取りです。
こうした小さなうつわを旋盤で次々つくることができて、松本は楽しそうです。



2014MG_6167.jpgさて、今日のおまけ写真は…

まっくろくろのすけのミルちゃんです。
松本の作務衣の上で寝ています…。



いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事

2014年05月26日

■イベント用の豆皿&コースターを作っています。

先日、娘が出水(泉)でつかまえた、ミドリガメの子供、亀吉ちゃん。
工房の庭のオモダカの大きな水槽に離して以来、ずーーっと見かけなくなりました。あせあせ(飛び散る汗)
どっかに行っちゃったの?と心配していたら…。
葉っぱの上で、堂々と甲羅干しをしている姿を発見exclamation でも、『フン!』という感じでさっと身を翻し、あっという間に水の中に消えてしまいました…。もうやだ〜(悲しい顔) (とりあえず元気で良かった)



さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。


バッド(下向き矢印)たくさんありますね〜。豆皿やコースターです。ムード
コースター 豆皿

いろんな材が混じっていますね。どれもミニサイズなので、とっても可愛いです。ぴかぴか(新しい)
実はこれ、景品なんですよ。今年も7月に岡山で「おいしい漆のスプーン展」を開催します。
※去年の内容はこちら
スタンプラリーイベントに参加して下さったお客様のためのお品を作っているんですね。今年も皆さんが喜んでくださるような可愛い仕上りにしたいなと思います。ムード



スイレンさて、今日のおまけ写真は…。
工房のお庭のスイレンちゃんが今年も咲いています。キスマーク
数年前に植え替えをして以来、毎年順調にお花が咲いていて、うれしいです。


いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事

2014年05月25日

■南鴻沼遺跡の日本最古の採取跡入りウルシの木を見てきました。

さて、今回の出張の時に足を伸ばして松本はさいたま市へ行っておりました。
いま話題の日本最古のウルシの掻きがらの木を見るためです。

東京都東村山市下宅部遺跡(縄文時代後期)、西吉見町条里遺跡(古墳時代)と古い時代のウルシの掻き傷のある出土品を見させていただきましたが、こんなに古いものと出会えるなんてうそのようです。※西吉見町条里遺跡のレポはこちら

バッド(下向き矢印)会場の与野文化財資料室。
南鴻沼遺跡速報展1
南鴻沼遺跡(みなみこうぬまいせき)
所在地はさいたま市中央区大戸1丁目、調査期間は平成23年11月〜平成25年3月、調査主体はさいたま市遺跡調査会の遺跡です。
JR浦和駅から北に約600mのところにあり、鴻沼川東側の台地下に広がる低湿地にあります。
古くから長い年月をかけて、長期間人が住んだ形跡のある遺跡のようで、いろんな時代の発掘物が出てくるんだそうです。

平日でしたが、熱心な考古学ファンの方がたくさんいらしてました。


さて… 今日のお目当てです。

南鴻沼のウルシの木出土品1
こ、これが4900年も前の…。(ゴクリ)ほんとうによく残ったものです。
南鴻沼のウルシの木出土品2
まだ保存加工はしていないみたいです。
今回、掻き傷が確認できたウルシの木は、残存する長さが113cm、太さ2.5cm〜3.5cm。
放射性炭素を用いた年代測定の結果、今から4903〜4707年のものとわかりました。
また、この測定結果と出土した土層などから、ウルシの木は縄文時代中期後半のものと判明したそうです。



バッド(下向き矢印)漆掻き部分のアップ。
南鴻沼のウルシの木出土品

木製のものは、大半が消失して残りにくいものなので… ほんとうに奇跡ですね。ぴかぴか(新しい)
東村山市下宅部遺跡で、縄文時代後期のウルシの木を見た時は感動しましたが… それよりさらに古いものが確認できて、ビックリです。
実際は残っていないだけで、もっともっと古くからウルシの木と人は暮らしていたのかも?と夢ふくらみます。ハートたち(複数ハート)



バッド(下向き矢印)ちなみにこちらが東村山市下宅部遺跡のウルシの木。
東村山市下宅部遺跡のウルシの木
縄文後期〜晩期のものです。しっかりと掻き傷がありますね。
当時の取材レポをさがして、西吉見町条里遺跡と並べてリンクを貼ろうと思ったんですが… え〜うそ?ない!がく〜(落胆した顔)
古すぎて、この日記には入ってないみたいです。(取材が2004年10月、この日記がスタートしたのが2006年4月…、そうかもう10年前なのか;;)
…今さらですが、また機会を見て追加しなければ〜。

南鴻沼遺跡

この南鴻沼遺跡は、低湿地で「泥炭層遺跡」と言われるものだそう。
厚く積もった植物由来の泥炭層に、縄文時代の人々の生活の痕跡がタイムカプセルのように良好な状態で保存されているんだそうです。
下宅部遺跡、西吉見町条里遺跡で出土したウルシの木は「杭」でしたが、この南鴻沼遺跡は「杭」ではなく、寝た状態での出土だったので、地層の圧力で丸い木が圧縮されて楕円になっていたんだとか。あせあせ(飛び散る汗)

ほか、漆塗りの櫛、飾り弓、木製容器の破片などが出土されています。
…きっと私たちの祖先の当時の縄文の人々が、安定した暮らしを長らく続けてこられた豊かな地だったのでしょうね。
塗りの技術もそうですが、漆の栽培、樹液の採取などといった技術の伝承は、安定した地盤の上で行われたと思われるのです… 当時は文字がありませんから口伝ですよね。
私たちの祖先、確かに存在して強く豊かにそして美意識高く生きた私たちの原点、と思うと心が熱くなります。黒ハート

学芸員さんがいらっしゃらなかったので、詳しいことが聞けなくて残念でしたが、縄文人の今の私たちと同じ仕事を見ることができて、満足でした。わーい(嬉しい顔)


バッド(下向き矢印)この速報展は終了しましたが、こんどはこちらで見る事ができます。

「さいたま市立博物館 平成26年度収蔵品展」
会場/さいたま市立博物館 1階 特別展示室
会期/平成26年6月3日(火)〜8日(日)※ウルシの木の展示期間です。



いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 13:02| Comment(2) | TrackBack(0) |   漆の出土品について

2014年05月23日

■ライオンの赤ちゃんと触れ合いました。(しろとり動物園)

最近、夜7時になっても周囲が明るいのでビックリです。
夏至がもう来月ですものね… 春が待ち遠しかった寒い日々が噓のようです。

さて、松本が東京出張の間に、私は母と娘と一緒に、香川県東かがわ市にあるしろとり動物園に行ってきました。わーい(嬉しい顔)
今日はそのことをご紹介したいなあと思います。



バッド(下向き矢印)園内のアルマジロ君です。
しろとり動物園 アルマジロ

動物園なんて、何年…いや十何年ぶり?もしかしたら10年、20年単位でご無沙汰かもしれません。たらーっ(汗)
お目当てはかねてより気になっていた、ライオンの赤ちゃん

ライオンベビー1

しろとり動物園では、3月28日にライオンベビーが3頭誕生し、5月から希望者には「抱っこ」させてもらえるという企画を行っているのです。

生まれて1ヶ月半、もうめちゃくちゃ可愛いだろうな〜、サイズは店長くらい?
むぎ
(← ただいま体重6キロ少々)

ネコと比べて抱っこの感触は? 
もう牙が生えているんだろうか? もしかして鋭いツメでひっかかれちゃう?


…と期待しまくりです。
憧れだったライオンベビー、ご紹介したいなと思います。ハートたち(複数ハート)


しろとり動物園
現在、ライオン赤ちゃん抱っこ会は毎日12時半と14時半の2回行われています。
GW中は整理券が配られ、各30組限定だったのですが、今はもうフリーになっています。
予定時間が近付くと、園内の皆さんは急にソワソワし、中央ステージにどんどん集まり出しました。


バッド(下向き矢印)じゃーーん。ライオン三兄弟の登場です。
しろとり動物園 ライオンベビー兄弟
か、カワイイexclamation×2
男の子はレオ、女の子はルイ&レディーちゃんだそうです。(どれがどの子か判別つかず;;)
ライオン赤ちゃん2 ふにゅ〜〜〜。
おお〜よしよし。ぴかぴか(新しい) みんなからナデナデされて、ライオンちゃんはご機嫌です。
とっても人なつっこい〜可愛い。二人きりになりたいなあ〜。
「抱っこ会」は三匹のうち二匹がステージに行き、順番に並んでだっこさせてもらえるというものです。
残り一匹がこの緑の人工芝の枠スペースの中で走りまくり、お客さんに愛嬌を振りまいてナデナデしてもらいます。
私も順番に並んでライオン赤ちゃんを抱っこし、枠の中の子もヨシヨシしました。わーい(嬉しい顔)


バッド(下向き矢印)気になっていた、ライオンさんのパーツ。真珠の乳歯と、肉厚でウチワのような肉球…。
2014MG_5703.jpgライオン赤ちゃんの足
歯は乳歯で、犬歯もちいさいものでした… 噛まれても痛くない!うれしい!
ベビーは子猫と同じ、かまってもらうの大好きで、テンション高く何度も突進してきて手をカミカミしてきました。(もっと噛んでほしい〜)

生後1ヶ月半のライオンは、思ったよりかは小さかったです。
店長よりも小柄のうり坊(体重5.8キロ)と同じくらいでした… が! 胴体はうり坊くらいですが、頭と手足のサイズがぜんぜん違いました。でっかいアゴと太い手足、グローブのように広がった大きな手を持っていました。なので、体重はうり坊よりあるかと思います。
お耳にもビックリで、これも肉厚でまるく大きく、しっかり毛に覆われてネコとかなり違うものでした。
そして、抱きごこちはフニュフニュexclamation×2 ふわふわです。
まだ骨格は頼りなく、ネコとおなじくらいの柔らかさでした。
毛は、一見粗いのかな?と思いましたが… これも粗いのは表面の少しの毛だけで、細かくフワフワの毛がびっしりとあり、とても気持ちよいのです。
うぎゃう〜と小さな怪獣のような?なんとも表現しがたい鳴き声で、将来の大きさを思わせました。


ライオンさんとこんにちは。娘もライオンさんにこんにちはしました。ムード

そこに…


バッド(下向き矢印)サプライズで、なんとトラの赤ちゃんも参戦しましたよ。
タイガーベビー
うわ… この子もかわいい。キレイ。ぴかぴか(新しい) 店長とぜんぜん違う。(←当たり前ですが)

このタイガーベビーは生後1ヶ月くらいだそう。(お名前はまだなし)
ライオンと違ってデリケートなので、この子はタッチはNGなんです。
でも、ライオンちゃんととっても仲良しでビックリしました。


バッド(下向き矢印)「よっ来たか!今日も遊ぼうぜっわーい(嬉しい顔)」 …という感じで、すぐに激しいプロレス開始…。
トラとライオン赤ちゃん4
トラとライオン赤ちゃん1
トラとライオン赤ちゃん2
…どうやら先に生まれたライオンちゃんの方がパワーがあるようで、トラちゃんやや苦戦。
(のちほど3兄弟に組み敷かれて、トラちゃんは青色吐息になります)

トラとライオン赤ちゃん4
トラとライオン赤ちゃん5
バッド(下向き矢印)お客さんのおねえさんにタッチされてるライオンちゃん。
トラとライオン赤ちゃん3

はあ〜〜それにしても、トラの毛皮は美しいですね…。ぴかぴか(新しい)

2014MG_5882.jpg.2013_2895-thumbnail2.jpg店長とだいぶ違うなあ〜。

ほかにもいろいろ動物がいて、たくさん写真を撮っていたんですが…。
膨大な量となりますので、今回はライオンベビー中心でご紹介しました。

ライオンベビーの瞳
2014MG_5999.jpg

ライオンベビーの瞳は、ぼうっとかすんだような遠い色をしていて不思議な感じでした。
あと1年経ったら、トラもライオンもとても近寄れないような、成獣になっちゃうんですよね。
そう思うとなんだか寂しいような気がしました。


抱っこ会は、今月いっぱいまで開催の予定だそうです。
赤ちゃんの体調によりなので、確認をしていったほうがよいかもしれません。黒ハート


いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 22:56| Comment(1) | TrackBack(0) |   展覧会鑑賞・イベント参加

2014年05月21日

■ゴブレット、冷酒杯、コップなどを挽きました。

壱木呂の会展は、昨日ぶじ終了いたしました。わーい(嬉しい顔)
多くの漆を愛するお客様にご来場いただきました… 本当にありがとうございますexclamation
また日本産漆の可能性などを再確認し、さらに未来に向かって進んでいこうというエネルギーに満ちた会期となりました。ぴかぴか(新しい)
松本もとても楽しかったようです。
そうそう、壱木呂の会では、ウルシの木のオーナー制度もあるんですよ〜。
たいへん人気のようで、こういった活動も大事だな〜と思いました。ウルシを育ててみたいけど、植える場所がないという方にもよいかなと思います。よければお問合せくださると嬉しいです。ムード


さて、出張から戻った松本が、さっそくいろいろ木地を挽いておりました…。


バッド(下向き矢印)今日挽いた木地の一部です。上からゴブレット、冷酒杯、コップ。
ゴブレット1
ゴブレット、冷酒杯はベル形でかわいらしいです。
ゴブレット2
ゴブレットがケヤキ、冷酒杯とコップがヒノキです。

実は、今回の壱木呂の会展に出品するはずだったゴブレットがありました。
それを出品準備中に、なんと娘に打ち倒されてしまい(金のものさしで一撃)会場へゴブレットを並べることができませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)
幻の?ゴブレットちゃん…。その悔しさから「工房に戻ったらすぐゴブレットを挽くexclamation×2」と心に決めていたんだそうな。



バッド(下向き矢印)ケヤキのゴブレットは、このようにグラマラスです。ハートたち(複数ハート)
ゴブレット5
ゴブレット3
優雅に持つことが出来ますよ〜。


バッド(下向き矢印)ヒノキの冷酒杯はライトの光にうっすらと透けます。ぴかぴか(新しい)
ゴブレット6

これからたくさん木地が生まれますよー。
塗りの仕事もありますし、大忙しです。がんばらなきゃ。手(グー)



むぎさて、今日のおまけ写真は…
今日も元気、食欲旺盛なむぎ君です。
この松本不在中、店長はイリュージョンを使いませんでした… ホッexclamation
そうたびたび脱走をされると困るものね〜 ホント逃げないよう神経を使いました。
これから暑くなって、網戸にしたくなった時はどうしようかと考えています。あせあせ(飛び散る汗)


いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) |   木工旋盤

2014年05月19日

■壱木呂の会展の様子です。

壱木呂の会展の会場に多くのお客様にお越しいただいております。
ありがとうございます。ムード

会場の様子の写真をお客様が撮って下さいましたので、お見せしたいなと思います。


壱木呂の会展1

壱木呂の会展2



そして、本日は松本のトークの日でした。
「いったい何話そうかな〜〜〜」とひそかに悩んでいたらしい松本。
午後2時、3時と一日二人の会員さんがお話することになっており、松本は2時の部でしたが…。
3時の方が出られなくなったそうで、松本が2回ともお話しすることになりました。あせあせ(飛び散る汗)


バッド(下向き矢印)3時の部は、綿引千絵さんとのダブルトークです。
壱木呂の会展 トーク
松本ひとりでの話は、どうしても熱くマニアックすぎる内容になってしまい…(松本の悩み)ふらふら
分かりにくいんじゃないかと思います。
そこを綿引千絵さんの柔らかいトーク、話題の誘導のおかげで、マイルドで親しみやすく楽しい空間になったようです。
熱心に聞いて下さいましたお客様、綿引さん、ほんとうにありがとうございます〜〜。

壱木呂の会展は、明日で最終日です。
夕方4時30分までの会場となりますので、ぜひいらしてくださいね。


ウルシの双葉さて、今日のおまけ写真は…
ウルシの芽が双葉ちゃんになりました。ぴかぴか(新しい)
ほかの兄弟たちも、次々と芽が出ております。

いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) |   作品展の様子

2014年05月18日

■クリの木のうつわです。

伊勢丹伊勢丹新宿店さんです。
ただいま松本が壱木呂の会展でお待ちしていますよー。
明日19日夕方頃までおります。
明日の午後からはトークもありますので、よろしければ聞いて下さいね。わーい(嬉しい顔)






さて、今日は…。
少し前に撮っていた仕事の写真がありますので、それをご紹介したいと思います。



バッド(下向き矢印)以前から準備していた材で作りました。栗の木のうつわです。ムード
2014MG_5449.jpg
このの形…! そう、これはばら寿司用の器なんですよ。ハートたち(複数ハート)
栗材の味のある木目や導管がかわいらしい雰囲気ですね。ほかの材にはちょっと見られない、独特の風合いで私は大好きです。

2014MG_5450.jpg
このようにちょっと胴張りになっているんです。
重ねると、モコモコした算盤型になって、賑やかな感じになります。



バッド(下向き矢印)栗の木の木目はみていてほんとに楽しい!!
2014MG_5455.jpg
工房で扱う材は、ケヤキやトチ、クスなどが多いんですが、このように時々クリも登場します。
このばら寿司のうつわ、出来ましたらお見せいたしますね。わーい(嬉しい顔)



ウルシの雄花さて、今日のおまけ写真は…

ついに咲きましたexclamation ウルシの雄花ちゃんです。
黄色い大きなおしべがあるので、雌花ちゃんよりしっかり主張しているように見えます。
今年もいい種がたくさんできますように…。ぴかぴか(新しい)


いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->