2015年03月28日

■ケヤキの荒ぐりが終わりました。

4月になるのがまちどおしい…。
いよいよ娘が保育所に毎日通います。ここ半年ほど、一時保育という単発の保育をつなぎまくり、そして実家の母にも頼り、週3日ほどの時間をつくって秋から続く繁忙期をやりすごしました。保育料はすごーくかかりましたがあせあせ(飛び散る汗)たいへん助かりました。
通常は入園式のあと、「ならし保育」という数時間の保育からゆるゆると始まるらしいですが、園に相談すると、娘はもう園に慣れているから…と、1日からバッチリ通常保育に入ってよいということでした。ヤッターーー手(グー)
いろいろやりたいことがたくさんあります。私の仕事場の片付けと資料の整理、3年ほどメモリカードにためまくったデジカメのデータの整理などなど。図書館でゆっくり本を探したいし、もう何年もしていないことがたくさんあります。
でも、一番したいのは、のんびり春のお花の写真を撮ったりスケッチしたり…ということですね。
技術の洗練もとても大事なのですが、ものづくりの仕事は、こうした心の中の風景を増やすことがすごーく重要で、そういった面ではかなり鈍感な私でも、そろそろそんな余裕がほしくなりました。
春は…やっぱり桜を近くでゆっくり見たいですね〜。そうして、子供のいない空間で、じっくりスケッチしたいです。ぴかぴか(新しい)


さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。

バッド(下向き矢印)今月、輪島から届いた荒木地です。
2015IMG_5773.jpg
届いたタイミング等、いろんな理由でお水にダイブさせていたのですが、その水に浸けていた可哀想な?荒木地ちゃんはすでに水揚げされ、そして先日、松本が慎重に「荒ぐり」をすませていました。ぴかぴか(新しい)
とりあえず床に近い位置に重ねて、安置しています。

水にしばらく浸けていたおかげで「あく」がだいぶ抜けて、削りやすくなっていましたよー。作業のしやすさがぜんぜん違います。効果てきめんでした。(浸けていたお水がすぐ真っ黒になっていましたもん;;)
「あく」ととりあえず呼んでいますが、実は正体がよく分からない物なんですよね…。たらーっ(汗) でも、あくが多い木地はいい印象がひとつもありません。すぐ刃にヤニが付いて仕事がしにくく、しかも木地も動きやすい気がします…。
さて、そうして荒ぐりが終わった木地は、湿気の高いと思われる、床に近い位置に置き、軽〜くビニールで覆っています。(ビニールで覆うのは、一気に乾燥するのをふせぐため)とりあえずこれで一安心です。

さて、ここから本題なのでした。ムード

今回、この木地の「荒ぐり」で使った木工旋盤の新しい刃物、HAP40が好調なんです。あまりにも調子良かったので、松本はサイズの大きい刃物をまた頼んでしまいました〜。


バッド(下向き矢印)これです。
2015IMG_5742.jpg
HAP40 16mmの深丸と浅丸です。また増えてしまったよーーーexclamation


バッド(下向き矢印)立ち姿?です。
2015IMG_5743.jpg
正式名称はディープガウジ16mmシャローガウジ16mmです。また柄を入れなければ〜〜。


バッド(下向き矢印)こちら、ディープガウジ16mmの先端です。
2015IMG_5762.jpg2015IMG_5746.jpg

バッド(下向き矢印)シャローガウジ16mmの先端です。
2015IMG_5747.jpg2015IMG_5748.jpg
とてもていねいに、おそらく大きな円弧の砥石で研いでいるように思いました。
刃端を見るとバリが全くないように見えますが… そしてHAP40の特性なのかなあ?? 非常に精密な刃がつきます。
しばらくして、やっぱりガマンできなかった?松本が、フライングで柄なしでちょっと木地を試しに削ってみたようですが、「なかなかムフフな感触だったーハートたち(複数ハート)」とうれしそうでした。(←そうかそうか)
また、柄を入れた姿をご紹介しますので、ごらんくださると嬉しく思います。わーい(嬉しい顔)



2015IMG_5836.jpgさて、今日のおまけ写真は…

ついに満開になりました。娘のユスラウメちゃんです。
今日の陽気で一気に桜の開花が近付いたような気がします。

いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) |   木工旋盤
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->