2015年09月25日

■和×和の飯椀・汁椀を各種アップしました。

今日は娘が38度の熱を出して、さっそく保育所を休みました。もうやだ〜(悲しい顔)
急だったけど、幸い母が預かってくれて、なんとか仕事ができましたけど…。これがお勤めの方だったらどうなんでしょうか。そうそう休めるはず… ないですよよね。たらーっ(汗) 昔、出版社に勤めていた頃を思い出すと、風邪を引くのもはばかられていたことを思い出しました。日々締め切りは確実に、しかも次々とせまってくるので、戦々恐々としながら毎日過ごしていたなあ〜〜。
小さな部署で、同僚はほぼ独身ばかりで、子持ちの方はお子さんが小学生くらいになってから、パートに入った人だけでした。正社員さんでも出産されたら、私の周りではほとんど退職していたように思います…。あれから月日が経って、現在は小さなお子さんのいるお母さんもフルタイムで働いている方が多いですが、なかなか現実的な悩みだと思います。

さて、やっと娘が寝付きましたので、今日はこれをご紹介しようと思います。
昨日、ショップ和×和に、和×和の飯椀&汁椀を追加いたしました。ムード


バッド(下向き矢印)飯椀5客、汁椀3客です。
和×和 国産漆のうつわ専門店 和×和 飯椀 汁椀 国産うるし100%
汁椀はすべてベンガラ溜、飯椀は1客、黒溜2客、ベンガラ溜2客です。
和×和のお椀を見に、作品展会場に来られる方がどきどきいらっしゃって、申し訳ないと思う事が良くあるのですが…。
和×和のお椀は、オンラインショップ限定で開発したお椀で、このお店しかありません。あせあせ(飛び散る汗)


バッド(下向き矢印)飯椀の朱溜ちゃんです。
赤いお椀 国産漆 国産の本漆
王冠朱という、非水銀系の顔料を使っていますよ。朱溜なので、ひかえめでかわいらしい赤色です。


バッド(下向き矢印)こちらは黒溜ちゃん。
W115-K-20_1237.jpg
備長炭の炭粉を顔料に使っています。炭の黒なんですね。
どことなくやわらかみのあるあたたかい黒です。

同じサイズで形も同じなんですが、色が違うとぜんぜん印象が異なるのが面白いです〜。
色で悩まれる方が多いと思いますが、いわゆる「漆らしい」雰囲気なのは、赤い色のお椀ですね。黒いお椀は、なじみやすく合わせやすいので、悩まれたら黒い方をおすすめしています。
漆は、経年によって色が明るくなってくるという特性があるのですが、その変化は赤いほうが分かりやすく、楽しめるかもしれませんね。わーい(嬉しい顔)



お刺身 晩酌 ウルシのお皿
さて、今日のおまけ写真です。
萩模様の朱溜皿をお使いのお客様が、写真を送ってくださいました。ぴかぴか(新しい)
お刺身と、ナスの味噌焼きでしょうか。楽しく使って下さって、うれしいものですね。
いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->