2015年09月30日

■オーダー品の朱溜の飯椀です。

子供の爪切りに、いつも悩んでいます…。もうやだ〜(悲しい顔)
2日もあけると伸び伸びになっている娘のツメ。しかし、爪切りを『こわい』『イヤ!』と言って、絶対に切らせてくれないので、いつも深夜にコッソリ切っています。
娘がレム睡眠に陥ったころを見計らって、闇夜にまぎれて必殺仕事人よろしく爪切りを持ち、ペンライトをくわえた怪しい人物が参上。パチンパチンと仕事をします。
しかし、相手も敏感なもので、寝入ったと見せかけてケリを入れたり姿勢を変えたりとなかなか手強いのですexclamation 起こしてしまっては元も子もないので、ほどほどで引き上げますが、この攻防はなかなかつかれますよーー。たらーっ(汗) 子育て中の皆さんは、爪切りどうされているんでしょうか…。


さて、そんな今日はこれをご紹介しようと思います。


バッド(下向き矢印)お客様のオーダー品のお椀が完成しました。
お椀 オーダー品 
朱溜のお椀です。ぴかぴか(新しい) グロスのようなつややかな仕上がりがキュートです。
径12cmくらいのお椀で、材はケヤキです。薄手ですが、しっかりとした持ち心地のお椀ですよ。
5客なのですが、かなり存在感がありますね〜。


バッド(下向き矢印)釉薬だまりのような、朱溜が楽しい♪
2015IMG_2172.jpg
少し挽き目を残しているのがツボです。ケヤキのはっきりした木目をあいまって、深みのある朱溜変わり塗りになります。


バッド(下向き矢印)手持ちはこのような感じです。
オーダーのお椀、国産うるし100% 和うるし工房あい
手がかりもよく、持ちやすいです。
このタイプの上塗りは、2005年岩手県の大森俊三さんの末辺機械精製漆なんですが、スカッと明朗な感じが好きです。水はじきもよいので、メンテナンスしやすいと思います。

今までたくさんオーダーのお椀を作ってきましたが、ほんとお椀っていろいろあるなあ〜とつくづく思う今日このごろ。
これからも、お客様の心のお椀を形にしていけたら、こんなに幸せな事はありません。わーい(嬉しい顔)


2015IMG_0918.jpg
さて、今日のおまけ写真。
台所に出没するヤモリさんのうち1匹です。この夏、ミルミルに狩られてシッポを失ってしまいました。あせあせ(飛び散る汗)
しかし、もうこんなに復活しましたよーー。
ヤモリさんの生命力には、いつも感心させられます。手(グー)
いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) |   オーダー品制作
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->